空の現実

禍福は糾える縄の如し

落ちた原因がわかってきた。

2017-02-22 11:15:39 | 法律お勉強日誌
民法9問中3問しか取れなかった原因がわかってきた。

全然覚えてない。忘れていた。というかそもそもわかってなかったのかもしれない。


藤井予備校のインプットアウトプットは大いに意味がある。

基礎を固めないといけない。

民法2回目。とりあえず今日終わらせよう。


ぶっちゃけいうと、あと民法基礎問題1問とれてたら去年受かってた。

去年民法そこそこまじめにやってたら終わってたんだろーなー。

まったく勉強してなかったのは、条文をみればわかる。

去年つかってたケータイ行政書士のミニマム六法は、
行政法のところだけ
手垢まみれになっているが、

それ以外はまっさらである。

まったく条文すら読んでなかった。

こんなことだから落ちるんだよねw





この使ってなかった条文を使いこなして、

意識酩酊状態でも即答できるレベルにあげるのだ。


PS

winテキストに間違いを発見した。テキストを作ってる人よりも俺のほうが頭がいい。

それは事実である。

しかし、まぁ、講義を聴くと同時に条文を精読してると、

時間がかかる。案外民法10回分でも2月いっぱいまでぎりぎりかかるぽいな。

まぁ、それでもいい。それが勉強だ。じっくり条文と向き合うことだ。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この国の「国民」はどうにも... | トップ | 早熟であることはいいことか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法律お勉強日誌」カテゴリの最新記事