空の現実

心象スケッチ

サンフランシスコ講和条約で賠償金を払わずに済んだ理由はなんだ

2017-07-16 13:50:36 | 我が闘争
講和条約で、沖縄をアメリカに委任統治として差し出した。

そのおかげでアメリカはベトナム戦争も有利に戦うことができた。

それでも負けましたが・・・

日本は敗戦だったのに、沖縄を質草に差し出すことでアメリカに1円も賠償金を払っていないのだ。

だから今、日本が沖縄の辺野古の基地をつくっているのは

ある意味いまだにあのときの戦後賠償をしようとしているのかもしれない。

しかし、その日本の利害の犠牲にさらされる沖縄はなんたる身分におかれていることか。


すべてはあのとき1000万人の犠牲を払って戦争を遂行しなかったことからきている。

しかし日本相手なら、ユダヤのアインシュタイン、オッペンハイマーの核兵器により

ズダボロにされたに違いない。

いまだに核兵器を使うなら日本しかないと世界の人間は思っているだろうな。

ちょうど島国だし日本人しかいないからいくら殺してもいいとでも思っているんだろう。

所詮は有色人種とでも思っているんだろう。

沖縄は怒り続けている。

どうしたらいいのだろうか。

まぁなるようになるだろう・・・・


PS

ハーグ陸戦条約に日本は当初から加盟している。占領されていても、土地を取り上げられることはないはずなのに、

この国はどうなってるんだ。吉田茂のバカが全部悪いんだー。

第55条:占領地は敵国に属し、かつ占領地に在る公共建物、不動産、森林及び農場に付いては、その管理者及び用益権者であるに過ぎないものであると考慮し、これら財産の基本を保護し、かつ用益権者の法則によってこれを管理しなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼門の37歳か。 | トップ | 積もり積もった時間の浪費が... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む