空の現実

心象スケッチ

イボの核

2017-04-04 23:45:39 | 健康
黒かった核を焼いて、木酢液でふやかし続けて3日ぐらいしたところ

なんか木酢液で黒ずんだ皮がめくれてくる感覚があったので、風呂上りにつまようじで皮膚をこじあけて

とりました。すると穴から汁がでてきました。たっぷりとHPVウイルスが入ってるだろうなと思いながら
まだいるはずとにらみました。
そしてせんねん灸でまた焼きました。

これが最後とおもって5回以上やきました。なぜかあまり痛くなかったです。おそらくイボに

食われている皮膚が減ってきたために痛みがなくなってきたのでしょう。

焼いた後、紫雲膏ぬって絆創膏はって終わり。さてこれで後は皮膚が再生してく中で

ウイルスが出てこなかったら今度こそ右親指のイボくんとはさようならです。

もう再発しないでね。ま、何度再発してもまた焼いて殺すだけだからいいけど。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺が受かろうが落ちようが | トップ | 夢日記 »
最近の画像もっと見る

健康」カテゴリの最新記事