空の現実

心象スケッチ

「翁長雄志」訪米 何様だコイツ!アメリカは甘やかす必要はない!【勝谷誠彦】

2017-06-18 21:54:46 | 我が闘争
「翁長雄志」訪米 何様だコイツ!アメリカは甘やかす必要はない!【勝谷誠彦】



コメント

何様だコイツ?

勝谷。お前こそが何様なんだ。

沖縄は、琉球民族なんだぞ。
琉球民族は、民族自決権として追及していかなくてはならないこともあるのだ。
それは、大和民族には到底わからない。

これが同じ民族なら
勝谷のいうこともあてはまるかもしれない。しかし、沖縄の置かれている
立場は、武田邦彦にしても勝谷にしても絶対に理解できない。

沖縄の基地負担を永続化して中国の盾として利用しようという発想は、

大和民族が琉球民族をいいように利用しようという態度でしかない。

そういう本土の態度に対して、沖縄は本能的に脅威を抱いてる。
そして、もはや本土の政治家のいうことなど信頼していない。


兵庫県知事選挙に出るような人間で政治のコメンテーターなど何年もしている

人間でも沖縄問題の本質が何もわかってない。

ただのお勉強できたおっさんでしかない。

予言しとく。勝谷は落選するー。沖縄をバカにしてコケにしてそれでも
当選するとしたら、兵庫県民はアホだってこと。

沖縄人は日本人と同じだとか、

ただの日本人だとか、そういう目線でみていいとか、

本質がわかってない人間の妄想にすぎない。

DNAも遺伝学で違いがはっきりしてる。さらに言語も、はっきりと、違いがある。

さらに歴史も日本になってからの期間が200年もたってない。

これだけ違いがあるならそれを認めて、一方的に負担を押し付けるようなことは

慎重になるのが政治というのもであり、常識的判断だ。

しかし、この国は、昭和天皇の戦略なのかまったく政治的権限が本来ないはずの

立憲君主でしかない昭和天皇の密約で沖縄に基地負担がされ続けるという

とんでもないことを平気で続けている。

今、問題になっている安倍友忖度政治と同じで、

昭和天皇の意向を忖度して、いまだに、自民党が、沖縄に基地は全部集約させて負担
させていこうという方針を崩さない。

別に領土問題は尖閣だけではない。

竹島もそうである。竹島などはすでに盗られているのだ。

ならば、沖縄にくる中国というよりは、韓国や北朝鮮のほうが危ないかもしれない。

それならば、別に沖縄に基地を置く理由なんてないだろう。

沖縄以外に他にもっていこうとしたら、全部反対する。


勝谷は、基地負担は名誉なことだとか言っている。

彼が知事になったら、兵庫県内のどこかに沖縄の米軍基地を全部移転しもらおう

じゃないか。名誉なことなんだろう?そうなったときに、住民の反対運動が起こって

結局ただの迷惑施設になっているという現実に気づくことになるのだ。

そして沖縄はこんなことに長年あの狭い島で耐えてきたのかと初めて気づくことになる。

勝谷は現実感覚も想像力も思いやりも何もない。
あるのは、灘高出身というゆがんだ優越感とプライドだけである。

そしてそれがあるために、人に嫌われる、鼻につく、疎まれる。人気が出ない。

兵庫県知事選挙で勝谷が通ったら、俺は逆立ちしてウンコ出しますよ。














ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍は何がしたいのか。 | トップ | 佐藤優「沖縄の未来。米基地... »
最近の画像もっと見る

我が闘争」カテゴリの最新記事