空の現実

禍福は糾える縄の如し

金持ちでも病気で死ぬんだね。

2017-04-25 20:34:11 | ニヒリズム
小林麻央は癒しである。

病気になる前は癒しではなかった。

キャスターをしてるときも、勝ち組だった。

恋のから騒ぎのときも、勝ち組だった。

姉はぶりっこ。妹はぶりっこじゃないけど、負けん気が強そうだった。


海老蔵と結婚。海老蔵に口説かれて落ちたようだ。ここでふっておけば

死なずに済んだのかもしれない。

しかし、海老蔵のチンポをしゃぶり、海老蔵におっぱいをしゃぶられて、

海老蔵の口内細菌が麻央の乳首から入ってお乳ががん細胞で腐り始めた。

海老蔵がしゃぶりたおしたオッパイは、ガーン。本当は、海老蔵なんて嫌い

だったのかもしれない。ストレスを感じてたからガンになったのである。
つまりは海老蔵との結婚生活もしんどかった。

未婚の姉のほうがピンピンしてる。

まぁ、どうでもいいが、とにかく麻央は道を間違えたのだ。

海老蔵を選んでしまったのが運のつきだった。

海老蔵におっぱいを吸われ続けてストレスからガンになったのだ。

海老蔵はいままでも、外でガキをつくったり女たらしであった。

そんなクソ野郎と毎日顔を合わせてうんざりすることもあったんじゃねーの。

ま、丸坊主でちょっと男前だけの野郎だけどな。

個人的には嫌い。とにかく、海老蔵が女たらしだとしても、金と顔つきだけみて

麻央は結婚を決めたわけよ。

それが運のつき。

梨園の世界なんてのは、人間の住む世界ちゃうからな。

いろいろやることもあるんちゃうけ。

なんでこんなことしなあかんねんという連続やで。

キャスターやってるときのほうが充実しとったわーていう後悔もあったやろ。

梨園の世界なんてのは、

みんな短命で死んでいくのや。

それで大変な世界につき合わされて麻央はストレス感じて死んでいくわけよ。

いくら金があっても、もうあかんわ。結婚が間違いやったんやで。

俺にはわかる。結果が短命でジエンドよ。

男の子を産まなあかんわけよ。それで一が女の子だったから、もう

男の子をつくるためにもう海老蔵がギンギンにしてるわけや。

男の子というプレッシャーとストレスや。それで男の子ができて、

やっともう解放されると気を抜いて、癌になるー。ていう感じ。




未婚の滝川クリステルは元気してるよ。

麻央は海老蔵と結婚して不幸な死を迎えるのよ。

小林麻央はな、くそ真面目で耐えるタイプなのよ。

意地はってな、弱みを見せん。頑張るタイプなんや。

しっかし、それが病気になる原因になったわけよ。

本来自分が本当はやりたいことじゃなかったのよ。

梨園の妻っていうもんがすべて。

海老蔵なんてほんとは嫌いだったのかも。

ありえるでしょ。

ま、本当にやりたいことやってたり、ストレスレベル低かったらガンになるわけないやろ。

姉のように。結婚できない姉でも生きてるのにな。

人間はな、幸福に生きるより幸福だと人に思わせるために四苦八苦してるもんなのよ。

海老蔵との結婚もそれにのったわけよ。

見栄のためよ。芸能界での地位のためよ。

それが運の尽きだったわけよw

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イボが治らない | トップ | 口は禍のもと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニヒリズム」カテゴリの最新記事