空の現実

心象スケッチ

翁長知事は国家賠償請求上の責任を負うのか。

2017-06-19 15:53:28 | 我が闘争
これについては面白そうなのでじっくり考えていこうとおもう。


1.そもそも違法性があるか?
2.首長が、責任を負うとしても、政治責任にとどまるべき責任なのか、
  法的に責任を負うべき責任であるのか?

政治家が責任を負うという場合には、政治責任にとどまる場合が多い。
個人的な責任を追及される場合は稀だ。

政治家が個人的な責任を追及された事例などは過去にあるのだろうか。

僕は知らない。

ひどいことを仮に政治家がしたとしても国家賠償請求をされたという場合が
あったというのを聞いたことがない。

それは、政治家というものが、民意の反映を仕事とする以上、

その責任は、政治責任であって、民事的な責任と解釈されるべきではないからだ。

もし、その政治家が政治責任のみを負うとすれば、

翁長知事が民事的な損害賠償請求をされるということなどありえない。

民意の反映を知事がしている以上、その責任は、政治責任にとどまるべきものだと
考えられるからだ。
もし、民意に反して違法だとすれば、
国民主権の原理からして違法だとすれば、違法ということになるだろうが、

憲法前文にあるとおり、国民主権原理にかなっている場合であれば、

むしろ国のほうが違法であって、沖縄県のほうが違法ではないとさえ考えられる。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白いなー | トップ | 安倍内閣を粉砕せよ トラト... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む