空の現実

心象スケッチ

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.43『間違いだらけの日本の治水・治山Part1』

2017-07-18 11:46:27 | 我が闘争
田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.43『間違いだらけの日本の治水・治山Part1』



コメント

日本は無駄な公共事業で日本カワウソとか太古からいた野生動物を簡単に絶滅させてしまう。

戦前は、満州国つくるとか外に出ていくことで、そういう破壊はしてなかったのだろうが、

戦後は、内にこもる破壊分子が環境を破壊することでカネを稼ぐようになった。

沖縄の辺野古の基地もおそらくそういうカネがからんでるから日本はやろうとしている。

あんな基地があろうがなかろうが、たいして変わらないのだ。

ただただ埋め立てや工事をしたらゼネコンが儲かる。それだけのためにしている。

美しいサンゴ礁の海は埋め立てられたら当然破壊されるだろう。沖縄のジュゴンも生息域を

侵される。


そしてその負担は国債であって将来的にインフレや税金などで国民負担になってくる。


ダムに関してもそうで、別に必要ない。

ダムなんてつくるよりも、田中康夫氏が言うように、山に植える木を保水力のある広葉樹に変えるとか

そういうことを本当はしなくちゃならない。カネ儲け第一主義になって山が崩れて人が流されて死ぬ。


無駄な公共事業をやめたから長野県は黒字になったのだろう。田中康夫氏だからできたことだとおもう。


日本の腐った政治、どうしたらよくなるでしょぅか。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦前の日本と戦後の日本 | トップ | 助けてください »
最近の画像もっと見る

あわせて読む