空の現実

心象スケッチ

侵略戦争

2017-08-05 08:25:13 | 我が闘争
侵略じゃない戦争があるのかね。

侵略戦争じゃなく自衛戦争だとかね。

戦争に侵略も自衛もないと思うね。

侵略だろうが、自衛だろうが戦争は戦争。

定義はどうでもいいんだと思うね。

子供をいっぱいつくる、食えない、どうしよう、あ、満州国つくろう、

あ、資源が足りない、どうしよう、そうだ、東南アジアも日本にしてしまおう。

ていうのりでしょ。

日本なんて戦前の貧しいころには、みんなアヘンつくってアヘン栽培日本でやってたんだよ。

そんな国が食えなくなったら戦争しちゃうでしょ。

人口増えて増えて海外に出て行って移民とかしまくってたんだよね。

今は生活保護があるから移民していないだけで、昔みたいにそれもなかったらみんな海外に移民でも
するんでしょ。

それで貧しくなった今の日本は少子化。

少子化のおかげで戦争にもなってないんだろうな。これでベビーブーマーが普通に生殖行動に出てたらもっと
貧困化してるでしょ。

まぁ欧米諸国の植民地経営も現地人奴隷化状態で全然よろしくなかったわけやけどね。

日本がそれを武力で掃除したのは結果なのか目的か。

戦争で300万人人減らしできたのも結果なのか目的なのか。

ラブアンドピースとか嘘だからね。ラブラブラブで、人口増えすぎて戦争になるわけですよ。

ラブでピースとかありえないことぐらい常識ですから。

俺大学生のころ、そういう卒業論文書いてたんだけどね。人口とか戦争とかね。

それで少子化なんて問題じゃないって結論書いてたよ。

まぁ、普通に考えたらそうなるだろうね。




俺は第二次ベビーブーマーか。所詮は戦争のあとの反動で生まれてきただけ。
落日の世代には将棋で若くして成果出した人とかもいるし、優秀な人もでてくるでしょう。
落日は、また次の日には昇るわけですよ。

若い世代に期待しまーす。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パワーウェイク・パワースリープ | トップ | 人生が苦痛 »
最近の画像もっと見る

我が闘争」カテゴリの最新記事