創造力は権力を奪う

neoclassic→blog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日の日本代表対アメリカ代表を見て…

2006-03-13 | 野球


みなさん今日WBCの2次リーグ、第1戦 日本代表対アメリカ代表を
ご覧になられたでしょうか?

残念ながら私は朝起きれず7回の表から見ました…トホホ
しかしそれでもこの試合を見ていて本当にシビれました…

一応ロッテファンだった私は去年のプレーオフを見ていて何度もシビれましたが
今日の試合も本当に素晴らしいモノでした。(*´▽`*)

素晴らしいと感じるとホントに生まれて来て良かったなぁと最近良く感じます(もう歳か…)

試合の細かい部分はココでは触れませんが(て言うか途中から見たので触れられないんです…)
今日の試合、日本代表がアメリカ代表に対してアレだけのパフォーマンスが出来たことが
私は見ていてとても興奮し素晴らしいと感じました。

とくに私はメジャーの試合とかあまり見た事がないので9回裏のあのスタンディング・オベーションの
あの拍手の意味が何に向けられているモノなのかうまく理解出来ませんでしたが…
(あれはあの状況に対しての感動を指しているのか、敵に対してのプレッシャーなのか、どういったモノなのでしょうか?)

まぁとにかく藤川はあの中で良く投げた!!と言いたいです。
どう見たってテレビに映っているあの時の君は、
「田舎(高知)から上京して来た球児君が大阪市内のビル郡を見て強い衝撃を受け身動きのとれないマリオネットのようだったよ…」
しかし君はその中でもベストパフォーマンスを僕達に見せてくれたのさ(←どんなキャラだよ!!ここら辺)

今日の試合、本気モードのアメリカ代表に対してあそこまで十分に戦えた日本代表の要因とは
どういったモノだったのでしょう?

私が思う所は…

日本代表は最後まで『野球をちゃんとやっていた』と言う事だと思います。

そして今回のような試合が出来るようならば短期戦(ペナントは分からない)ならば
野球はベースボールに対して十分に通用すると言った事が今回初めて見えたと思います。
いや『確実』に見えたと言い換えます!!

なぜ確実と付け加えたのか?

2年に1度メジャーリーガーは日本に友好的な関係(?)としてわざわざ試合をしに来てくれます。
その中で日本人選手はメジャーリーガーと試合をする事で直接的にベースボールを肌で感じる事ができ
自分がメジャーリーガーとしてやって行けるのか?などを確認するチャンスであり
われわれ外野側はベースボールと野球の違いをディベートやデータからではなく
試合を通して確認する事ができるのです。
そして最後には「やっぱベースボールは凄いなぁ」と全員が野球少年に戻るのです。

まぁ最後の部分はいいとして日米野球で日本チームはメジャーリーガーと何度も試合をして来た中で
短期決戦ならば野球はベースボールに対してある程度の勝負ができると言う事を今さらながら言わなくても
良いのでは?と思われるかもしれませんが
そこは私はきっぱり『違う』と主張します。

なぜなら今までの日米野球はMLBのチーム代表で来日しているのであって
星条旗を背負っている『アメリカ』代表で来ている分けではないのです!!

はっきり言いますが日本人の愛国心とアメリカ人のナショナリズムは桁違いです。
見ていて呆れるぐらいだと思います。しかし我々はそれでいいのです。
なぜならもともと日本人の精神には愛国心と言ったモノは備わっていないからです。
(※ちなみに世界大戦の時の愛国心は一時的な軍事教育によって作られたものです。)

つまり今回のアメリカ代表は日米野球のそれではなく、本気で日本代表に対して向かって来た
『本物』のベースボールチームなのです。

そこには今大会、アメリカ代表にはベースボールの発祥の国としての威信や
ベースボールの世界での絶対的な立場そしてシンボリックな存在 etc…
また現実的なベースボールの状況を商業的にもアメリカの国民的立場から
考えた時にもアメリカ代表が今大会の優勝なしには
今後この大会へのレゾンデートルにも関わる大問題でもあるのです。
そう言った重圧の中でもアメリカ代表は絶対に今大会は優勝をしなければならないのです。

その中で我々の「Made In Japanの野球」が『本物』に挑どみ、そして対等な勝負が出来たという事が
この試合の結果云々よりも本当の意味での収穫ではないかと私は思います。

そしてこの試合の延長線上には「ベースボール>野球」と言う
一般的コモンセンスの相関関係の中で、
多くの日本球界人(←全ての野球を考えている人達を指す)は
日本人メジャーリーガーを数多く輩出し
その中で結果を出さなければ、
この関係は変わらないと言うモノの考え方から
今日の試合でそう言った方法論だけではなく、
「オルタナティブな何かを感じた!!」
と言うような人達がいたことを私は期待したいです。(明日そのオルタナティブについて語ります。)

最後にこれからもこう言った試合を続けてくれる事によってより多くの人達にも
そのオルタナティブなモノとは何か?と言う事を気づかせるきっかけになる訳で
今後の日本球界の向上に繋がる為にも是非、日本代表には『野球』と言うモノで
最後まで頑張って貰いたいと強く願います。
それが今回、日本代表がWBCに出た本来の目的なのだから…

明日は試合がないので野球の精神、そして野球界の今後のあり方についてを
書きたいと思います。
お楽しみにね!!
(つ~かオレなんかがこんな事語っちゃっていい訳?)

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イメージして下さい | トップ | 『野球の精神』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【誤審を認めよ!】WBC日本VSアメリカ (絶対に見ないで!でも・・・ 四季折々ブログ)
ワールドベースボールクラシック(WBC)チームアメリカ、やってくれましたね。 バック・マルティネス監督。 大会前にこう語っている。 「あらためて野球が国際的となったと実感しているが、この大会で米国の強さを見せつけなければならない。選ばれた選手やスタ