創造力は権力を奪う

neoclassic→blog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あの~三言目いいですか?

2006-06-26 | ためしに

昨日テレビでやってたんですけど、オーストラリアVSクロアチア戦で
珍事件があったみたいですね。
イエローカードが一人の選手に3枚出たみたいです。
もうカードの出しすぎでファ~ってしちゃったのかな?(そんな日もあるよね☆)
と言うことで


本日のお題


いや~正に外国人のリアクションと言う感じの写真ですねっ!


それでは…










「しんぱ~ん、4番が(頭)ぶったぁ!!」


それではまた明日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの~二言目いいですか?

2006-06-25 | ためしに

いや~今日のアルゼンチンvsメキシコ戦、痺れました。
決勝ゴールを決めたロドリゲスのボレー
あれは完全にマンガの世界…いやマンガでもあそこまでやらないか(≧∇≦)

つ~事で


本日のお題

(若干きのう同様に写真のセレクト勝ちと言う観は否めないが…)


それでは…








「(監督)もう走れません!ココめっちゃ痛なってきたし…。」




とても淡白なblogですが、続ける事に意義を感じつつ→また明日。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの~一言いいですか?

2006-06-25 | ためしに

ワールドカップも今日からいよいよ決勝トーナメントに突入。
日本代表は一次リーグで敗退したものの有力チームが全て決勝リーグに駒を進め、
ますます目が離せない試合が目白し、そこで決勝トーナメントとは全く関係ないですが、
このblogの更新をサボっていますので、今日から一週間、ワールドカップの写真に一言付けてblogをご覧になられている方にニヒルな笑いをご提供致します。
(「ひとりごっつ」のパクリじゃん)




本日のお題

この写真自体が可笑しいじゃん。とか思わないで下さい!!
(セレクトした私の勝ちです!!)

それでは…











ジ「あっTOSHI (元X JAPAN) じゃん!!」








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです!

2006-05-05 | ためしに
1ヶ月ぶりのblog、しかし一ヶ月も放置していたにも関わらずたまに見に来てくれた方
ホントに有難う御座います。そしてスミマセンでした…m(_ _)m
そんでもって今回は一ヶ月ぶりと言う事で

「スペシャル行きます!!」



まずは前書き
久しぶりと言う事で中途半端に日記なんか書いたって面白くもなんともないので
何か面白い企画モノをやろと自分にいらんプレッシャーをかけ、無い頭を働かせました…



一ヶ月ぶりのblogだからなぁ…



「一ヶ月ぶり…」



「一ヶ月ぶりの…」



「あっ…!」

そう言えばあれも一ヶ月だな!
しかもこんな壮大でかつスリリングな企画は見た事ないし。
これしかないかな!?

それでは発表致します。


本日のテーマは



「2006年5月4日付けのオリックス・バッファローズ



清原の打率VSチョコバットの打率


どうです!このスペクタクルなテーマ

テーマを見ただけでも私はロマンを感じずにはいられません。

しかしなぜ清原なのか?

深い理由は特になく
打数がそんなに多くなく,有名な選手だからです。

それではまず今日までの清原の打数、安打、打率を見てみましょう。


Yahoo japan sportsより

いや~番長。良い顔してます!!
今回のこの企画に参加できた事が嬉しかったのでしょうか?
大変ご満悦な顔をしていますねぇ~

しかしビックリしたのは番長の打率が3割近い、ハイ・アベレージだったとは…
こんなに今シーズン打ってたっけ?

こんなに高いと今回の企画大丈夫なのか?と
チョコバットの打率が未知数なだけに一抹の不安は残りますが
検証に入る前にここで簡単にルールの説明を致します。

まぁテーマ通り清原の打率とチョコバットの打率とを比較するのですが
チョコバットの打率はどうやって求めるかと言う事になりますね

そもそもチョコバットとは?知らない方の為に一応説明しておきます。

チョコバットは三立製菓株式会社.から昭和39年12月に3本10円で細長いチョコレートスナック菓子
として発売され、野球を絡めたネーミングから野球少年を中心に爆発的に商品がヒットした。
その3年後には1本10円にはなったものの当たりくじが採用され、人気は持続。
そして昭和50年9月には10円の値上げを余儀なくされるが、1本20円で当たりくじ付きと言うスタイルは
25年たった今もそのままである。



当たりくじとは?

チョコバットには「ホームラン」「ヒット」「アウト」と3種類のくじが付いていて
「ホームラン」なら1枚、「ヒット」の場合は4枚で買ったお店にもって行くと
チョコバット一本と交換してくれると言うシステムである。
「アウト」はその単語からしてハズレという事である。

そこで今回の企画のチョコバットの打率の求め方は
当たりくじの「ヒット」、「ホームラン」を安打とカウントし
清原の48打席の打率とチョコバットの48本の打率を勝負すると言うのが
この企画の趣旨である。



まぁそんな感じで、私は早速チョコバット48本を買いに行って来る事にした。




じゃじゃ~ん
これがチョコバット48本分の量である!!









一応並べても見た。

どうです。凄いでしょ?

ちなみにこの48本のチョコバットは
お店のレジのおばちゃんに
「いっきにこんなにチョコレート食べちゃダメよ」と
ナイス、アドバイスを頂いた、ありがたいチョコバットでもある。

それでは、前置きはこの辺にしておいて

本日のテーマの

プレーボール!!

さーそれでは注目の第一打席は


ドキドキ…



「カキーン!!」


結果は…





アウト!!



ガクッ↓とは来たものの
まぁいきなり安打はないよなとチョコバットをほおばりながら
注目の2打席目

「カキーン」


今度の結果は…



アウツ!!


そしてそのあともことごとくアウトは続く…

そして半分の24打席が終了!!



※結果を紙に貼り付けてみました。

結果は…

何と!!




アウト



アウト



アウト



アウート



何と全部アウト…

正直もう少し結果が出るもんだと思っていたので、かなりのショック…
そしてこのままでは完全にこの企画自体、失敗である。

しかしまだまだ半分、これからこれからと
チョコバットをほおばりながら次々と剥いて行く…

しかし結果は期待に反して




サーッ(アウト)



やいのび太!(アウト)




兄貴ー!!(アウト)


と遂に最後の1枚まで

オールアウト
となってしまいました。

ちょっと、ちょっとチョコバット厳し過ぎるぞ…(;´д` )




そして最後の貴重な一本…

頼む!もう清原との対決なんてどうでもいいから
一本、ヒットを見せてくれ…














果たして結果は…





アウート!!



「マジでー」とまっちゃん


チョコバットってこんなに当たりが少ないもんだったとは…
それともただ単に運がないだけか?

まぁそれはそれとして書く必要性があるか分からない結果発表ですが

清原の成績
48打席14安打、
打率は.292

に対し
我らがチョコバットの成績は48打席(48本)0安打


打率.000

ホントにどうしようない結果となってしまいました…
しかし今回の企画で分かった事は
チョコバットの当たりはなかなか出ないYOって事。


それではまた。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イメージして下さい

2006-03-12 | ためしに


みなさん今日はちょっと面白いお話をしたいと思います。

その前に今回のblogはイメージの世界のお話なので

もしあなた以外の方が近くにいましたら

その方にblogを読んで貰ってイメージに専念して下さい。

もしあなたしかいない場合は「続きをよむ」まで読んで

イメージをして下さい。


-----------------------------------------------------------------

まず目を閉じてあなた自身が暗闇の中にいるとイメージして下さい。

そうしたらば白い真ん丸い球体を思い浮かべてください。

浮かべましたか?

ちなみにその白い球体はあなたから見て何処にあるでしょか?

真正面でしょうか?

それとも右上でしょうか?

まぁそうしましたら、その白い球体を自分の頭の真上に持って来るように
イメージして下さい。

持ってこられたでしょうか?

はいそこでストップ!!

続きをよむ→

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

業界初の試み!副音声付きblog 『挫折』(副音声・野球解説付き)

2006-03-09 | ためしに

『挫折』

事業や計画などが途中でだめになること。
「事業が―する」「―感」

        三省堂 大辞林 第二版 より

今回blogを書くにあたって
「業界初の試み!副音声付きblog」タイトルから何だ?と
興味を持ってもらった方スミマセン…

ここのgoo blog上では私がやろうとした試みがイメージ通り出来ないと判断をしましたので
興味がある方はこちらのHPをご覧下さいませ。m(_ _)m 申し訳ございませんでした↓

業界初の試み!副音声付きblog 挫折(副音声・野球解説付き)

また『挫折』しちゃった…

本日のblog↓


みなさんは挫折と言うモノを味わった事がお有りでしょうか?

私は多分あれがそう言ったモノだろうと言う経験を一度だけした事があります。

それは小学校一年生の時に起きました。

私は絵を描くことに、もの凄く自信のある子でした。

幼稚園のとき絵を描く時間になるともう大変!!人だかりが出来るぐらいでした(←うそぱっち)

まぁそれぐらい絵を描くことが上手な子だったと思って下さい。

そして小学校に入学し、はじめての図工の時間です。

その時間は先生の似顔絵を描くと言うテーマでした。

それを聞いた瞬間、私は「やった!」と小さくガッツポーズ!

そして先生の似顔絵を一生懸命描き授業が終了。

若干、先生の首を細く描いてしまったもののあとは我ながらホレボレする絵でした。

まわりの子達の絵を見渡しても、「こりゃぶっちギリだな」と小さくガッツポーズ!(本日2回目)

会心の作品を先生のトコロに持って行くのを惜しいと思いつつもそこはかわいい一年生、先生の言う事は絶対です。

先生にその絵を渡すと「おっうまいねぇ~」「君は天才か!」

「さてはダヴィンチの生まれ変わりだな」とまでは言われませんでしたが

「なかなか良く描けているねぇ」と褒められ私はそこでも小さくガッツポーズ!(本日3回目)

そして日にちが替わり次の日→

私が登校して教室に入ると昨日、描いたみんなの絵が後ろの壁一面に張ってあるではないですか!

まずは自分の絵を探し出し、「あ~またまた良い絵を描いちゃったなぁ」と満足し、

みんなの絵と見比べても「みんなヘタっぴだなあ~」とまたまた優越感。。。

「それにしても何だあのヘタクソな絵は?」とごっつあんの絵にクエスチョンマークを付けつつ

作品全部を見渡すと…

ある一枚の絵に目が止まりました。

「な、なんだあの絵は!?大人の人が書いた絵っ!?」

あまりの衝撃にまともな判断が出来ませんでした!!

そしてその隣の絵にもお同じ衝撃を受けてしました。

あまりにも上手な絵が2枚もあったのです…

私も含めみんなの絵はオブジェクトを真正面から描いた2Dの絵に対して

この2枚の絵はそれぞれ違った角度ではありましたが3Dの影付きの絵を描いていました。

正直その絵を見た瞬間、幼いながらも

私はきっとこの先、絵を描き続けてもこの2人(マッケとたくみ)には一生絵勝てないのだろうなぁと

愕然としたモノでは有りましたが、そう言った絶望感と言った気持ちが生まれてきた事を覚えています…

その日から私は絵を描かない少年になってしまいました…

と言うよりも描けないと言った方が的確な言葉です…(←思いっきりウソ)

自分の絶対的なモノを失った喪失感から気持ちがすさみ

全ての事が嫌になり遮断、閉鎖的になりとても内向てきifかjでoi1ee33wj5foi//fdwed…(←大嘘ですYO!!)

しかし運命とは面白いものでマッケとは仲が良かったのでその3年後の小学4年生のときに
 
私とマッケで『こじこマッケ』と言う明らかに不二子不二雄を意識したペンネームで漫画を描い始めました。

しかし半年後には解散。

理由はいたって簡単、タッチが違い過ぎるため共同作品を作る事が困難だったと言う事と

一過性的なノリでスタートしたと言う2点からです。(当時はファミコンに大忙しでした)

まぁ実際の所、私が少年ジャンプをバイブルとしていた時に彼はもっと劇画チックな大人の漫画を愛読し

また女の子の絵が上手でした。(私の女の子の絵は全員ブルマの目でした(笑)

当時彼は私にかなり合わせてくれていたんでしょうね…

ゴメンねマッケ(愛)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加