ネオクラ式

Neo-classical style of the daily life ★

三回忌… そして再度のお誕生日ケーキ

2016-11-05 22:21:20 | 日記
仏さまの様で、我慢強い おばあさん。
嫁さんも大好きでした
今日、三回忌の塔婆供養を行いました。

若お母さんは子守りに専念、私とお袋は早起きで準備を進めました。

仏壇へのお供え

私と嫁さんからは 香りと造りに拘ったお線香を供えました

近所の方々からは “長男曾孫に会いたかったねぇ~”と 菊のお供えをいただきました


身内一同でお寺へ… ぃぃお天気です
私たち夫婦が結婚してからずっと 地域との繋ぎ役的なご指導をいただいている ご住職と奥様、その娘さんの赤ちゃん(息子と同級生)とも初対面
よろしくお願いします。


寛げる和やかな雰囲気での法要です

息子と嫁さんに お不動様の説法です。

和気藹々… でも 田舎の繋がりは 考えや勧めもあって 離れての生活をスタートした以上、まだまだしっかり腰を据えて根付かせる必要があります。
ゆくゆくの生活に影響する今、多方面に気遣いながら頑張る仕事。 踏ん張らねば

でも このご住職様と奥様・叔父叔母・会社の会長や社長など、周囲の人たちからの私たち夫婦へのお気遣い とても大きくて 感謝感謝です。
間違いなく言えるのは、女の子の何倍も難しい 男の子の子育て。
体調管理に細心の注意を払い まだ小さい内は過保護なほど大事に大切に、そして その後は 反抗期・思春期に唯一対応できる父親の存在を確固たるものとして こわい親父が必要になります。
男の子は大人になると 厳しい子育ての意味が理解出来て、親父を超える意識が生まれる。
免疫をつけるよりも 小さな男の子は 発熱やアレルギーやウィルスが脳に影響しやすいので、逆に病気はしないほうが良い。
これらの方々 誰に聞いても “男の子の子育て” 全く同じことを言われます。
私自身、先日 やっと初めて 嫁さんと息子を連れてのお出掛けが叶ったばかり… でも 最近やっとパパに向いてきた息子。
家族を人の人生スケールでご指導いただく これらの方々からも、責任のある親として 毎日毎日 夫婦家族を高めていきなさい と 叱咤激励されました。

おばあさんの三回忌で またひとつ 前向きに親の意識を深められました

息子の1歳記念に おじいちゃん・おばあちゃんからは、毎年の節目に掲げるシンボルとして 縁起掛軸(万全図)をいただきました。

と 言うか、選んだのは 私ですが

本桐箱入りの 鑑定額○○万円モノ。

ホンモノです



五鯉

六瓢

九馬

息子への想いが感じられます
ありがとうございます

夕方には 嫁さんの運転練習がてら 買い物へ


私はその後、お仏壇に不足していた灯篭を設置する準備をしました。

子育ても 故人の供養も、その時だけではなく 日々の積み重ねですね。

そして そして
ご住職の奥様から 息子の1歳祝いにと ケーキをいただきました

今の根付かせが 絶対に何年後かの夫婦家族に重要で 人格形成を含む子供にとっても必要なことですょ、と アドバイスもいただきました。

また明日も実家からの出勤
安全運転で 今日も頑張るお父さんです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子が1歳になった日 | トップ | 達成や 勉強や 不調や 心配や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む