流行語で書く年賀状

同級生宛に流行語を取り入れた年賀状を作成しています。振り返ってみたときその年がどんな年であったか分かるようにとの思いで。

2回目の爆弾暴風により落ちた屋根の修理

2016年12月07日 | 日々の生活の中

2016年12月7日(水)

昨日の6日

4日前の12日と同じように

爆弾暴風に襲われました

小屋に掛けている屋根が飛ばされるかと思い

前回は仕事の途中に時間をもらって

ロープを掛けたりして何とかしのいだのですが

今回は時間をもらうわけにはいかず

仕事しながら心配していたのですが

帰宅してみると

小屋に掛かる本来上の印の所にあるべき屋根

落ちていました

前回をしのぐ暴風だったようです

今週末に補強する予定だったのですが

まさかこんなに早く暴風が来るとは

予想だにしてませんでした

再びロープで固定して一晩明けた

本日7日

4:30に一旦目覚めましたが

身体が重いのと寒いのとで

再び寝むりについたようです

起きたのは5:30

6時に弁当に朝飯

そして7:40出勤

会社へ行くと

「どうでした?」

「屋根が落ちていました」

「じゃ、帰って直していいよ」

ちょうど息子も休みだったので

お言葉に甘えて帰宅してきました

(笑)

良い会社だなぁ~(笑)

帰ってみると

息子が居ない

(^_^;)

10Cm程北側にずれて落ち込んでます

本来であれば

スーパーハウスの釣り手の向こう側に

あるべき所なのですが

手前側に来ています

西風に煽られて

戻ったときに手前に落ちて戻れなくなったようです

独りで持ち上げて

動かせるか?

せかっく頂戴した有給

無駄にはしたくないので

屋根に登って力を入れて引っ張ってみたら

戻りました

屋根の方でロープで固定し

下の方は

タワーに抱かせました

終わった所に息子が帰宅

(^_^;)

おいおい

まずはこれで一安堵です

持ち上げてもビクともしませんが

自然の力は計り知れませんので油断は禁物

納得する所までは

出来たかな?

安心して仕事へ行けます


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢庵漬け その2 | トップ | 同級会で消えた2000円 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL