瑣末、茶飯事、よしなしごと。

映画・読書・旅。それ以外にもこころ惹かれるものはいっぱい。
日々こころにひっかかったものを雑文風に綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画のこと

2014年07月22日 | 映画
さて、以前は映画のレビューをメインにしていたこのブログだが、6年の間に状況がいろいろと変わった。もちろん、今でも変わらず映画は好きだし、時間があれば積極的に鑑賞してるが、やっぱり単なる趣味じゃなくなったせいか、以前ほど無邪気に楽しめなくなったのは事実。

回数だけを見るなら、以前は月に数回は必ず映画館に足を運ぶほどだったのに、今では月に1度も行かなくなってしまった。これは翻訳の勉強開始直後から(翻訳学校に行ってました)始まった現象で、とにかく理由は「時間が取れない」、これに尽きると思う。
映画もただ見るだけなら二時間程度で済むけど、訳すとなるとすんごく時間がかかるし、同じ映像を何度も何度も繰り返し見ることになる。そうすると楽しみとして映画を見る時間を確保するのも難しく…。しかも時間が取れたとしても、ハイスペックとはいえない私の脳みそはすぐにくたびれるので、映画を見に行っても頭に入らないor寝ちゃったなどと、悲しい結果になることも多い。

そんなこんなで劇場から足が遠のいてしまっている今日この頃。やばいなー、このままでは映画ファンという看板を下ろすハメになってしまう(汗)

しかも私があまり映画館に行かなくなった時期とほぼ時を同じくして、都内のミニシアターや名画座があちこち閉館になっている。シネコンはむしろ増えてるっぽいけど、なんか複雑…。いや、シネコンきれいだしネットで座席予約もできるし便利なんだけど、なんちゅーか雰囲気に欠けるっていうか、手放しで喜べないわー。勝手な言い分だけど。

とはいえ、映画が好きなことには変わりないし、やっぱり映画は映画館で見たいので、これからもなんとか時間を捻出して出かけてくつもり。レビューも思い出したように書いていきますよっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネネム、転職する

2014年06月20日 | 日常
さて。

昨日、「明日書く」と言ったからには書きますよ。
まともな記事を書くのはなんと6年ぶり。6年と言えば小学校すら卒業してしまう年。子供の6年に比べると大人の6年はそれほどでもないけれど、それでも私の生活にもずいぶんと変化があった。
で、まずはこれを書かないといけないでしょう。何よりも変わったのが仕事。
6年前は金融派遣OLをやっていたネネムだったが、紆余曲折の末、なんと映像翻訳者になりました。映画やらドラマやらに字幕つけたり吹替用のセリフをつくるアレです。とはいえ、まだまだ駆け出しの身、名前がクレジットされたこともないし、メジャーな作品を手がけたこともほとんどなく、ケーブルテレビのドキュメンタリー番組や某国のドラマの吹替用リライトなどを中心に仕事してます。
もちろん、何の下地もない人間がいきなり翻訳者になれるほど世間は甘くないし、なんとか翻訳者のはしくれになったものの、仕事面やら金銭面やらで常に崖っぷちクリフハンガー状態ではありますが。このあたりのことはそのうち書ける範囲内で書いていくつもり。

まあとにかく、問題は山積みだけど、自分が好きな映画や文章にかかわる仕事に就けたのは素直に嬉しい。
しばらくネット上から消えてましたが、とりあえずネネムは元気です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さらに2年。

2014年06月20日 | 日常
思い出したようにちまちまと綴っていこうかと思う、などと書いていながら前回の記事からはや2年。まさにTime flies like an arrowである。 「時蠅は矢を好む」ではありません。

書きたいことはあるのだけど、一度消えてしまった習慣を取り戻すのは難しい。どうやら頭の中でつらつら考えていることを文章にしてブログに載せるという行為自体が、日々の生活からすぽんと抜けてしまってるようだ。

けれど今は、私のこれまでの人生でいちばん文章力を磨かなきゃならない時だし、今やってることを文章にしておきたいという気持ちもある。
なので、今度こそ、今度こそ! マメには無理でも、少しずつ綴っていこうかと思う。
とりあえず自分を追い込むために明記しておきます、次の投稿は明日!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年

2012年06月13日 | 日常
何てこった。

光陰矢のごとしとはよく言ったもので、ブログを放置しているうちに4年も経過してしまった。

4年というのは長い。中学高校なら卒業してしまうし、大学だって文学部なら卒業だ。そしてこの4年でネットをめぐる状況もずいぶん変わった。いまやネット発信の主流はブログやウェブサイトではなく、ツイッターやFacebookにその座を譲ってしまった感さえある。

そしてもちろん、私をとりまく環境もずいぶん変わった。さらにかつてネット上でいろいろ交流させて頂いた方々も、多くはサイトを閉じたり、活動を縮小しているみたいだ。今さらブログを書いても誰も見やしないかもしれない。

とはいえ、このままブログを放置しておくのも座りが悪いし、書きたいことがないわけでもない。思い出したようにまた、ちまちまと綴っていこうかと思う。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加