いつもの散歩道

歩きながら新しいことを見つけては
楽しんでいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年1~6月

2017年07月17日 | 日記

それほど忙しい日々でもないのにボーっとしている間に真夏に向かって季節が進み
半年が過ぎ去ってしまったという感じの1~6月でした

1月
孫娘のM帆ちゃんの成人式


当日は、曇り空から雨になったけれど、黒字のお振袖がMほちゃんらしく可愛くとってもにあっていた
チュラも(柴犬)いつものMほちゃん?・・やっぱりMほちゃんだ~としっぽふりふり

1月の終わりころM帆ちゃんの卒業製作発表会がグランシップで行われ見に行った
M帆の作品は、白と緑が基調で少しおとなしいかなとも思ったが、その分無限の広がりを感じさせる作品のように思った
2年間よく頑張りましたね

2月
サークルのお仲間とTVで話題の「女城主・直虎」関連の地
歴史を学びながら、岩村城址・松源寺などを巡ってきました
真っ青な空と南アルプスの白い山並みで最高のお日和でした

パッチワークキルト展
先生の教室の合同作品展(クリエート)
(カメラをわすれました)
皆さんの大作やほんとに小さいパーツなど私には、気が遠くなりそうな作品が会場いっぱいでした

義兄の訃報
20年患っていた義兄が逝ってしまった
雨の中の葬儀でしたが安らかな寝顔でした
姉も義兄も本当にお疲れ様でした
や・す・ら・か・に

義母106歳
めでたく106歳の誕生日を迎えました
毎年恒例の兄弟夫婦と孫達が施設まで来てお祝いをしてくれます
『生きるって 大変だね』と言ったり
娘時代のことを言ったりして笑わしてくれています
来年をお楽しみに・・・


マーサークルの友人と
南房総へ1泊2日の旅
新幹線・フェリーを使って房総半島へ渡りました
3月末というのに真冬の気温 桜も咲いてないの
  でも その分
友とのおしゃべりが弾んで楽しい旅でした


4月
Mほちゃんが社会人デビューです
Sいゆというお花屋さんです
ホテル・企業・結婚式場等々・・何時かは自分も生けられる様にと頑張っています


姫路城の満開の桜
風もなく穏やかなお花見日和時折吹く風に桜吹雪が美しい
ゆっくりたっぷり時間を掛けて天守閣まで上ってきました
白鷺城の名のとうり桜とのコラボでより美しく気品のあるお姿でした

大阪造幣局通り抜け
大阪駅から何回か乗り換えて(駅員さんに何度も尋ねながら)
こちらの桜も最高でした 種類もたくさん どれも満開 
それと出店の数がすごい数えてはいないけど1000店は出ていたと思う
今年は満開の桜を堪能しました

お友達の好意で春野まで蕨を採りに行き袋にアッというまに2袋
子供達と知り合いに届けたりで後がチョット忙しかったり・・・
玉ねぎの収穫やジャガイモの植え付け、芽かきなどそこそこ忙しく過ごしてました

5月 庭の草とりが追いつかない
草は、元気
狭い庭なのに取っても取っても生えてくる・・・


娘・孫達とホテル○○でランチGWウイークで混んでいたけど
予約して有ったのでスムーズに席につけて久しぶりのおしゃべりでした
食後ワンコたちを連れてガーデンパークへ
のびのびと走り回って・・
GWウイーク中の一日でした

義母のところへは週2回顔を見に行ってますが
変化はなく食事は一人で食べていますが会話が少なくなってきました

豊田美術館
奈良唐招提寺の障壁画を見て来ました
東山魁夷の襖絵68点が一堂に展示されていました
山・・・観ていると私自身霧の中にいるような感じになってきました


畑で収穫したにんにくで黒にんにくを作る
炊飯器の保温状態で約2週間すると出来上がり
匂いは、ほとんどなく体の免疫力を上げるそうです
たくさん作って周りの人にあげてます
1日ひとかけでいいそうですよ


近くにいながら行けなかった

おんな城主 
直虎ドラマ館など大河ドラマの地を巡ってきました 
自然・歴史・文化 中でも天白磐座遺跡に感動 巨大な磐にびっくり
もう一度ゆっくり巡ってみたいと思いました 


義母はこの頃 食が進まない でも
アイスクリーム・チョコレートは、おいしい と口元に手を当てにこっとしてくれます
大丈夫

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。