たまごがあればなんでもできる

小学生ふたりっ子と夫と自由奔放なわたしの日記です⋆.*⃝̥◌ॱ꒰*ॢ˘̴͈́꒵˘̴͈̀*ॢ꒱ॱ◌̥*⃝̣ ⋆

豚の丸焼き…

2017-06-27 22:43:36 | 日記
今日、学校から帰った次女が



『あのねママ、今日ね、昼休みに豚の丸焼きが出来たんだよ』



と言った。



どうやら鉄棒に両手足を絡み付け
ぶら下がることを豚の丸焼きというらしい。




思い起こせば自分の子供の頃も
鉄棒に両手足を絡み付けぶら下がる様を豚の丸焼きと呼んでいた。



『あのねママ、おサルさんは前から出来ててね、豚の丸焼きはずっと出来なくてね、今日、足をこうやってあげたら友達に”豚の丸焼きになってるよ”って言われたんだ』


と嬉しそうに言った。



そして、家の近くの公園で
豚の丸焼きをやるからわたしに見て欲しいと言った。



あまりに張り切ってそう言うので
長女と一緒に豚の丸焼きを見に行くことにした。



次女はまず鉄棒にぶら下さがった。


わたしが『豚の丸焼きだね』

と言うとこれはおサルさんだと言う。



そして見せてくれたのがこちら。

次女は、本物の豚の丸焼きになったように
誇らしげに鉄棒にぶら下がっている。



どうしてだろう
次女が”豚の丸焼き”と言うとこんなに笑えてくるのは。



そもそも豚の丸焼きという料理は存在するのだろうか
何故、こどもは鉄棒に両手足を絡み付ける”ワザ”をやろうとするのか

そしてそれを豚の丸焼きと呼ぶのか🐷



次女は今日だけで何回”豚の丸焼き”と口にしただろうか



おサルさんしか出来なかった自分が
豚の丸焼きをいつの間にか出来ていたことが余程嬉しかったのだろうか



こういう部分は長女とは全く違う性質だと思う。






一緒に”次女の豚の丸焼き”を見に来た長女は、すぐ横でブランコを一生懸命こいでいた。




次女の豚の丸焼きを見て特に
羨ましいとも、凄いともコメントせず
ただ一生懸命ブランコをこいでいた。



豚の丸焼きを終えた次女はとても満足したようで
長女のブランコについても特に
やりたいとか、凄いとかコメントはせず
ただニコニコとその周りを走り回っていた。



それぞれの個性があり
とても面白いなと思った母でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの父の日

2017-06-18 22:36:53 | 日記
6/18(日)

父の日の今日、子供たちはパパへささやかなプレゼントを渡した。



夫は喜んでいた。



そして午後から子供たちと両親の家に行き、父の日を一緒に過ごした。


両親は、手作りのお寿司を用意してくれた。


父が作ったらしい。

シャリが柔らかく、風味も良く、とても美味しかった。


子供たちも喜んでたくさん食べていた。


そして祖父母の家で育てていたイチゴが収穫の時期を迎えたので、早速長女が摘み

”パパに食べてもらう”

と言った。


せっかくなので
自作のパンケーキの上にイチゴをトッピングすることになり
完成したのがこちら


パンケーキ五段重ね!!




子供たちが寝た後に帰宅した夫にパンケーキをプレゼントした。


夫は美味しい美味しい、と言って食べていた。



それぞれの父の日。
それぞれに楽しい思い出になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とある日の朝の光景

2017-06-18 11:09:42 | 日記
次女は割と朝から元気だ。



自力で起きてきて

『おはよう』

と言って、すぐに朝食を食べたりする。


まだ眠たいときは二度寝したり
それでも起きたときの意識はハッキリしている。




問題は長女だ。



まず、機嫌よく起きてきたことはほぼない。



泣きながら起きるか、目が開かないまま歩いてリビングまでくる。



『おはよう』

と挨拶しても


『…はよう…』
せいぜいこんな具合だ。



稀に機嫌良く起きてくる日があるとすればそれは自身の誕生日のときか、遠足の日の朝ぐらいだ。


それ以外は泣いて起きる。
これは思い起こせば赤ちゃんの頃からそうなので今更驚きも、呆れもしないが
中学生くらいになっても泣きながら起きてきたらちょっとマズイんじゃないかと心配している。


普段から長女はパパにべったりで
朝起きてまず、泣きながら若しくはグズりながら夫の元に行く。


そしてひとしきりパパに甘えてから
徐々に意識がハッキリして来るのだ。


それがある日、起きてきた長女がパパを拒否したことがあった。


夫は非常にショックを受けていた。


起きてきてすぐパパに直行していたのに
この日は何故かわたしのところに来たのだ。


何故なのか、そんなことを朝からグズっている長女に聞いても無意味なのでそのときは特に触れなかったが、夫は暫く呆然としていた。



そして夜。
夫から『いまから帰る』といつものように連絡があり

最初に

長女の様子を尋ねる文面があった。


夫は一日中心配していたらしい。
何故いつも自分のところに寄ってくる長女が拒否したのか、ショックのあまり仕事も手につかなかったに違いない。


わたしも一応は気になっていたので長女にその理由を尋ねると

なんてことはない、ただその時の”気分”だったようで

いまはもうパパ平気だよ

と言っていた。


夫にもそのようなことを返事したら
安心したようだった。



あの日以来、長女がパパを拒否することは無いが、少しずつ”パパ離れ”しているような雰囲気を感じてはいる。


それも成長の一つだろうとわたしは思っているのだが
夫はそれを認めたくない様子だ。


このまま家族が誰も自分のところに寄ってこなくなるのでは
という不安を常に抱えて生活しているのだ。




因みに次女は夫寄りでもなく
ある程度の距離を置いて接している。



だから、次女が離れていったとしても
長女のときほどのショックはないのではないかと予想している。



それもこれも、成長の過程なので
親としては受け入れるしかない。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長女のお料理

2017-06-08 19:33:06 | グルメ
小学三年生になった長女が最近

”お料理作ってみたいなぁ”

と言うようになった。



ほう、これも成長のひとつか。
と思い、まずは簡単なチャーハンから作ってみることにした。



卵を溶いたものをフライパンへ



ご飯を炒めて



炒めた卵を投入。醤油を入れて味付けします。





お椀に入れて、形作ります








長女の作ったチャーハンの完成です(*゚▽゚*)


火の取り扱いはまだまだ怖いので
わたしが付いているけれど

こうして少しずつ作れるものを増やしていき、自信に繋がればと思っている。



そして
ただでさえ楽をさせてもらっている母は

長女のお料理を既にあてにし始めているのであった。





因みに次女は、長女がチャーハンを作ったために




目玉焼きを作ってみた。


なかなかの負けず嫌いである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加