たまごがあればなんでもできる

小学生ふたりっ子と夫と自由奔放なわたしの日記です⋆.*⃝̥◌ॱ꒰*ॢ˘̴͈́꒵˘̴͈̀*ॢ꒱ॱ◌̥*⃝̣ ⋆

次女の七五三撮影会

2017-04-02 20:03:19 | 日記
今日は、前々から予定していた次女の七五三の記念撮影だった。




次女の記念撮影だが、きょうだいも一緒に撮影出来、衣装も二着まで着られるため
和装とドレスを👗それぞれ選んだ。



衣装とヘアスタイルを選び終えると着替えにはいる長女と次女。



まずは次女ひとりでの撮影から。
緊張の面持ちでカシャ、カシャ、と撮影される次女。



カメラマンはアシスタントと二人掛かりでなんとか和ませようとあれやこれや手を尽くすも、ぎこちないままの次女。



それはそれで、良かった。
ぎこちない表情が、その時の次女の成長として記念になるのだ。



そして、同じく和装に着替えた長女と撮影する番になり
スタジオで準備をするのだが
様子がおかしい。



長女の表情が曇ったままなのだ。



どうしたかと尋ねると
”撮影が嫌だ”
という。


なにかが嫌で、写真撮影を拒否しだしたのだ。



それでももう、衣装を着てしまっているのだから、やっぱり撮影やめました
なんてことになったら
ただ着物を着て脱いだだけ、というなんとも無意味なことになる。



長女は、頑なに嫌がっていたわけではないので、なんとかいま着ている着物で
姉妹での撮影だけはしよう、ということになり
ぎこちない次女と、渋々顔の長女での撮影が始まった。



カメラマンと
アシスタントは二人に増えていた。


3人掛かりで撮影に臨む。





15分後。


素敵な着物を着て、精一杯の表情でなんとか撮影を終えた。



トボトボと、慣れない下駄をカランコロンしながら次はドレスに着替えるべく
フィッティングルームに戻るとき長女は
”もう、次は撮りたくない”
とか細い声でそう伝えてきた。



これ以上、無理強いすることもあるまい
と思ったので残りの撮影は次女のみで行うことにした。



それとは対照的に次女は、徐々に慣れてきた。
自分で選んだドレスに着替えると
順調に撮影を終えていった。



一つは鮮やかなイエロー
もう一つはエメラルドグリーン

その姿はさながらジョンベネちゃんである。




初めの頃のぎこちない表情はもうどこかへいっていた。






最後に写真選びを終え、スタジオの入っているショッピングモール内のお店を見て回っていたら、電池で動く犬が売っていたのを見付けた。



案の定、次女はそれが欲しいと言う。



修了式の日、担任の先生から

”四月一日になったら、二年生になりましたって言っていいですよ〜”

と言われたと、嬉しそうに話していた次女。


二年生になるのを心待ちにしていた次女は
まだ”電池で動く犬”が欲しいと言っている。



そんな次女は三日後、本当に二年生になるのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長女と次女の担任。 | トップ | サーティワンアイス(*´ω`*) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モデルさんみたい! (ばあば)
2017-04-03 12:09:27
最初見た時あまりにおきれいなのでお子様モデルさんかと思いました!お着物もヘアーデザインも本当にステキですね!もしかしたら本物のモデルさんよりキマッテいますね!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。