眠りisビタミン2

柳井市の快眠請負人こうたろうです。
当ブログでは眠りのお話や趣味のことなど綴って参ります。

カビ

2017年04月20日 | 寝具
ネットで同業者さんのHPを見たりします。
その中で共感できる記事がありました。

「フローリングの上に敷く寝具」

最近の傾向かこだわりか
住宅ではフローリングの寝室が多いです。
進学先のアパートもフローリングがほとんど。
いや、フローリングでないといや という学生さんばかり。
うちの子供達も皆 そうでした。

日本の畳の優れた吸湿発水性にもっと着目すべきと思うのです。
もっとも万年床なら畳でも要注意ですが。

フローリングの床にベッドを置くのならまだしも、
直接ふとんを敷く人も多いです。

実はこの直接ふとんを敷くことがカビの発生の最たる原因。
フローリングの上に3日敷きっぱなしにしておくと
間違いなくカビが生えてきます。

フローリングの場合
日々ふとんの上げ下げが必須なのです。

新生活を送られている学生さん。
日々の学生生活が珍しいことばかりで
寝具のことなんて、つい忘れてしまいますよね。
それも「干す」なんてめんどくさいし・・・。

特に要注意の敷ふとんがポリエステル100%のそれ。
吸湿性も発汗性もなく
底付き感があり、汗を吸わないので蒸れて気持ち悪い寝心地。
お値段以上の○トリさんが大きく宣伝していたのもこれに該当します。

対策としては
①スノコを敷く
②除湿マットを敷く
③こまめに布団を上げる

①②は限界があります。
ズッと敷きっぱなしではいずれカビが生えてきます。
やはりこまめに上げ下げすることですね。

カビが生えたふとんに寝ていると
呼吸するたびにカビを吸込んでしまい、
病気になってしまいますね。

注意  注意  です。


フローリングの上に直接敷ふとんを敷いて
万年床で寝ている方
イエローカード!!!

梅雨時期になると

即 レッドカードになります。


快眠請負人にお任せ下さい。




では又・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乾燥機 | トップ | ウド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。