ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

7月6日(木) 雨竜沼湿原~南暑寒別岳

2017年07月13日 | 山歩き
 田中陽希が日本200名山で歩いていたこの湿原と暑寒別岳、私も歩いてみたいと思っていた。
 今回、その希望がかなった。

 前日、千歳空港に迎えに来てくれた息子たちと岩見沢経由、滝川市へ。
 宿は滝川市内のホテルにとった。

 6日、4時に雨竜の登山口に向けて出発。
 5時45分、南暑寒別・雨竜沼湿原駐車場に集合。
 この日のメンバーは
 私たち家族3人と士別市に住む友人yoshikoさん、現地ガイドのAizawa氏(大雪山倶楽部所属)



7:30 出発登山口の標高は543m 
 
湿原入口が(847m)前方に見える丸山と同じ高さというので、そこまで約300mの登り
  
花の説明を聞きながらゆっくり登って行った

  

 
ガイド氏「これは何でしょう?」 私たち???
 答え「カタクリの種です」と。カタクリはいつも見ているがこんな種を着けるとは・・
 

 
 ここのウツギ・空木は淡いピンク

 もう一つのウツギは黄色の「ウコンウツギ」


  

  
 次に歩いた大雪山と富良野岳でもこの花に癒された
 この花を知ったのは10年前、雨の利尻岳だった・・








 
 エゾノレイジンソウ・蝦夷の麗人草・・
 麗人とはなんといい名前を付けてもらったことでしょう・・
 


  
 マタタビは猫の好きな花、花もキウイフルーツの花に似て美しい
  

 
ヤマブキショウマやスミレたち
    
 
  

   


 
ここのカニコウモリは「〇〇ミミコウモリ」ガイド氏から教えてもらった正しい名前を忘れてしまった
 葉と茎の付け根に耳のような小さな複葉がある・・判るような写真になってないかな・・
 

 


 
 湿原の入り口まで登ると南暑寒別岳~暑寒別岳が見えてきた

 
私はいつもの癖が出て、右の暑寒別岳の雪形が気になってしまった・・


 バイケイソウ、満開の花はそれは々美しいんだ
 昨年、八ケ岳の白駒の池で確かめた



セリの仲間、ボウフウやシシウドなどレースフラワー
  



 
ブルーのフウロソウはエゾフウロかな




 
湿原を眺望できるテラスで

 
湿原を東西に貫流しているペンケペタン川


 
 高低差がある隣どうしの池塘が面白い












 浮かんでいるのはウリュウコウホネ・雨竜河骨 スイレン科




残雪の山や雲を映して
    

  

  

 
ワタスゲはこれからかな・・





  
エゾカンゾウとシモツケソウ
   






濃い赤紫のハクサンチドリ







湿原の花・イワイチョウやミツガシワ









 モウセンゴケ!みっつけ! 毛氈苔の花は白い小さな花、それらしい蕾もあった












近くにはツルコケモモ


カラマツソウ




コバイケイソウ





 この花は初見の花だった

 クロバナハンショウズル;黒花半鐘蔓・キンポウゲ科

普通のというか私の知っているハンショウズルに比べて、とっても野性的な感じ
 











途中の湿原展望台から


 11:00南暑寒別岳1296mで

 向こうに海岸線がみえるかな?
 霞がないときは利尻島もこの方角に見えるんだよ・・と






暑寒別岳はこちらより200mも高い、あそこにはもう1時間、往復で2時間余り歩かなければならない。
今回はここから引き返そう

復路も湿原に映る残雪の山や花を眺め、おしゃべりしながらゆっくり下った。
7時間のコースタイムを10時間近くかけて・・ 16:00下山口へ

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月12日(水) 北海道の山旅... | トップ | 7月8日(土) 大雪山・赤岳... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
nemobabaさま (hiro)
2017-07-14 06:56:05
お帰りなさい!
北海道は昨日猛暑日だった地域があったようですね。
北海道のどの山に登るのかな…?と勝手に想像していました。
花々もきれいですね。楽しませていただきました。
Hiroさん、おはよう! (nemobaba)
2017-07-14 08:33:33
 日本中暑いですね~
今日は雪の山を歩いたことを書き始めましたから、少し涼しさをhiroさんにも分けてあげられるかも・・
今日の山もお花がたくさんです。おたのしみに~

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。