ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

6月15日(木) 6月中旬の庭の花

2017年06月15日 | 庭の花
 5月末に庭の花を撮ったが、それから2週間 今の庭の花、畑の花を撮った。
 水不足でツツジなどは花数が少ない・・雨がほしい

   
 ドクダミ・十薬の花が庭の隙間を埋めている
  

  

  
 八重咲きのドクダミ
数年前、富山・立山の麓の寺の境内に咲いているのをみてびっくり!
 その後、安曇野の知人の庭にあることを知って、もらってきた。  
     
 
 十薬を抜き捨てし香につきあたる 中村汀女
* ちょっと、お節介を 
 どくだみ;十薬(じふやく・じゅうやく)という字が使われている訳はご存知ですか?
 茎や葉に強い臭気があり、日本では古くから民間薬として利用されてきた。
 葉を貼ると腫れ物の吸出しや皮膚病に、煎じて服用すれば胃腸薬や腎臓病に薬効ありといわれるなど様々な病気に効くという意味から「十薬」の名がある。
 ドクダミの名は「毒痛み」が語源だとされるがはっきりしない。(清水建美)
                              草木花・歳時記 朝日新聞社



   
 タテヤマウツボグサ
 昔のこと、お隣の植物博士・清水建美氏から〝普通のウツボグサじゃないよ。タテヤマウツボグサだよ」といただいた。
 私が山の花が好きなことを知ってポット苗にして分けてくださった
 我が家は大切にしてい増やしているが、無人となった隣家の庭では・・
 
  
 強い花どおし、ドクダミと競争して増えていく
  



  
 白花のつゆ草
  
   

     


   
ベンケイソウ

     

  

   

    

  

    

   

     

  
 夏萩
  

  
 セイヨウオトギリソウ;カタカナの名前は思い出せない・・
 名札をみつけた→ヒペリカム・ハイパール
 もう一つのオトギリソウ、未央柳はまだ蕾
 



  
 ヤマガクアジサイー①
   


  
 ヤマアジサイー② 花も草丈も小さい紫陽花
  



  
 シモツケソウは開花前
  


  
 紫陽花;アナベルも開花前
  



   
 柏葉アジサイは新入りだ、来年はたっぷりとした大きな房になるはずだ
 数年後は切り花にしたい
  


   

   

    

  
 コスモスは苗

 
   
 ヤマボウシは今は緑色から真っ白に変化
   

   

   



   

  





   
ルピナス・ノボリフジは切り戻しして次の花をつけた
   
 

   
 ササゲも水不足がたたっている

 
 ジャガイモは出来が悪いが、花を付けた

    

  

  
 ズッキーニは今年はいい出来、もう3本収穫できた

   

   


   
 この白い花はコリアンダー・・がこんなに成長した
 切り花に便利だが、香りが特有なのでボランティア先の病院には持っていけない

   

   


    
 園芸用のイチゴといってもらってきたが、すごい勢いで増えてしまって・・
 元のイチゴを侵襲している
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月15日(木)空梅雨とア... | トップ | 6月16日(金)美ケ原・Wal... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shin)
2017-06-16 15:33:49
ばーばさんのお庭、お花に野菜に楽しいですね♪いつか頂いたいちご、うちのプランターですくすく成長しています。
新しいアパートは小さな庭付きです。ばーばさんを見習って、庭に何か植えようかなあ…と考え中です。
shinさんへ (nemobaba)
2017-06-16 20:46:40
庭つきのアパートはうれしいですね。
好きなお花を植えればいいですね。
手のかからない植物でないと、枯らしてしまうとかえってそれがストレスになりますよ~
気楽にやることです。

コメントを投稿

庭の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。