ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

4月20日(木) 桜吹雪

2017年04月20日 | 信州
 16日(火)私のかかりつけの歯科医は松本城の近くにある。
 検診ついでにお城に寄ってみたところ、平日なのに散る桜を追って賑わっていた。

   
 
   

  


   
 北側の桜越しみえる残雪の山は大滝山と鍋冠山

 20日(木)
 
 乗鞍岳
 剣ヶ峯の下、高天ヶ原尾根の南面の雪形「雪兎」が現われはじめている。

   
 ここからは見にくいが「常念坊」がはっきりしている

   
 桜も標高900mの城山やアルプス公園まで上がっていった


   

 昨日、今日は信大病院のボランティア
 構内の桜も強風で桜吹雪になって玄関ホールに舞いこんでくる。
 ボランティアは暇をみて掃き掃除。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)春の嵐の後に | トップ | 4月23日(日)伊那谷の雪形を... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (IKUKO)
2017-04-22 07:12:36
松本城ではニアミスでしたね~

光城山の桜が頂上まで開いてきました。
今日明日は混みあうでしょう~
花桃と新緑も美しくなり来週あたり登ってみようかと
思ってます。
 (マンタン)
2017-04-22 18:52:50
こんばんは。
お城と桜、白い峰と桜、とてもいい風景ですね。
桜吹雪も風情があって、これまた良しと思います。
こちら、来週には桜前線も津軽海峡を渡って来る予報です。

ところで、松本高校思誠寮寮歌はご存知ですか、高校生の頃歌っていました。
(1) 血は燃えさかる 朝ぼらけ
  女鳥羽(メトバ)の岸に たたずみて
  君よ聞かずや 雪解けを
  春は輝く アルペンの
  真白き肌に わが胸に
  いざ朗らかに 高らかに
  歌いて行かん 野に満つる
  大地の生命(イノチ) 踏みしめて

(2) 雲にうそぶく 槍穂高
  天馬の姿 勇ましく
  乗鞍白馬 皆友ぞ
  燃ゆる眸(ヒトミ)を いかにせん
  さらばいざ立て 若き子よ
  双手(モロテ)をひろげ よじ登り
  男子の力 試しみん
  信濃は嬉し 夏の国
IKUKOさん、おはよう! (nemobaba)
2017-04-23 07:20:50
桜を追いかけて忙しですね。
来週の火曜日の午前中は光城山を歩きます。お天気はまあまあのようです。
今日はこれから伊那谷の雪形を観てきます。高遠の桜は混みすぎて入れないかもしれませんが・・
マンタンさん、おはようございます (nemobaba)
2017-04-23 07:28:59
桜が津軽を渡るのですね。北海道もにぎやかになるでしょうか。
思誠寮寮歌はまさに山男のための歌のようですね。
信州大学の山岳部に入りこの歌とともに熱中すると、大学は4年では卒業できず、裏表(8年)かかると言われてました。医学部はそれで別の山岳部を作っていましたね。

コメントを投稿

信州」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。