ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

6月27日(火) 塩の道歩き

2017年06月28日 | 街道歩き
 この日、小谷の塩の道で初めてであった蘭 
  
 「サイハイラン」采配蘭 
 花序の様子が軍陣で大将が打ち振って軍を指揮するのに用いた〝采配"に似ているという蘭

公民館が主催する「自然と歴史に親しむ講座」今年のテーマは塩の道を歩くこと。
5月~10月に4回行い、今回は第2回目、参加者は20名。
私は6月と10月の2回の救護係を仰せつかった。

8:00 岡田公民館出発~小谷(おたり)村役場着~下里瀬薬師堂~池原集落~石坂~幸田文文学碑14:00・・この日は計画の約半分で帰路に、16:30岡田



  
 新潟県堺の山、金山も見え隠れする


 

  
 古道の急な斜面に雪崩止めの柵が何か所も設けられて
 この長い山道を学童たちは学校へ通っていた・・
 
 
 渓谷に底を流れる日本海に流れ込む姫川、川床はどんどん上がっている。
  
 鉄道の大糸線、国道と県道が通る。以前より洞門が増え道はよくなった。
 下に見えるトンネルは小谷温泉への道で、雨飾山や天狗原山~金山へはこの道を行く

  

   

   



  
 所々に道祖神をみて
  


  

   
松本と糸魚川を結ぶ塩の道は姫川の両側にあるが、今回は左岸の道を歩いた。私は10年前に右岸の道を歩いていた。


 雪椿は花が終わっていた


 ヤマボウシ
 


   
  
  花筏・ハナイカダ

 
 藪茉麻・ヤブマオはカラムシとも、茎の皮で作った糸は木綿以前の繊維
 


  

   


  
 桑の実が食べごろだった
  



  
 栃の木の下では 根がついた栃の実いくつか
 


  
 山の中の畑でサルナシがブドウ棚のようにして栽培されていた。
 花は仲間のキウイフルーツに似ていて、美しい
  

  


 
   
 大きな杉の森の中の「諏訪神社」で昼食
   

   

  
 金山は雲、天狗原山が頭を出している
  

 
  
 幸田文文学碑からみる 雨飾山
  

  

  

  

   




   


   
 明治44年の稗田山の大崩落などフォッサマグナの影響の強い
 この地は幾度となく災害に見舞われている。

 今回の塩の道ガイド氏は田中省三さん、上の碑にある田中欣一氏の実弟で、オン・ジ・アースのガイド田中元二さんは欣一氏の息子さんだ。
くどいようだが、今回のガイド省三氏曰く「元二は俺の甥っ子さ・・」と。

 


   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月26日(月) 今日の常念岳... | トップ | 6月29日(木) 梅雨空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街道歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。