ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

2017年3月 ブータン山歩き その9

2017年04月05日 | 海外山歩き
 3月25日(土)

  
 朝6時、パロ・ゾンのライトアップが消え、朝もやのPARO

    
 8時、登山の仕度をしてホテルを出発

 最後の山歩きは、3000m近い岩山に建てられているタクツアン僧院への登山
 この僧院はPAROで最大の見どころになっている。
 
 ”ブータン人の信仰の最も熱烈な対象となるのが、ブータンに仏教を広めたという祖師パドマサンババ(グル・リンポチェ)だ。8世紀に彼が飛虎の背に乗って舞い降りたという伝承から、パロ谷北部にあるこの断崖絶壁を「タク(虎)+ツアン(隠家)」と呼ぶ・・・チベット世界全体から巡礼者が訪れるようになった”

  
 駐車場から眺めあげる僧院

     
  馬に乗って登る観光客・・小さい馬が何か可愛そう
  


マニ車を回しながら

   
 右手に雪山が見えているが雪の白さから3000~4000mの山かナ

 10時、中間のレストハウス(標高2800m)でお茶の接待を受ける
 (ここで下山時、遅い昼食も撮ることに)
   

   
   
 そこから見える僧院
    

   

   
 苔のサルオガセが揺れている針葉樹林、その奥に展望台

   

   

   
このあたりに珍しい花が・・ランの仲間だろうか?
    

 
 
   
   展望台から僧院を見る
   

   

 

  
 すごい数のタルチョ(チベット)ここでは「ルンタ」
   

   
経文旗・ルンタ(直訳では風の馬という)
   
 
    

     

 僧院に入る前、大きな滝の下を通る
   




 僧院に入る時は、これまでもそうであったがカメラも荷物は持たず、脱帽し、靴を脱いで静に入らなければならない。
 中には高僧がおられ、キプチュ氏は正しい作法で礼拝した。
 私たちも出来るだけ真似たが、ぎこちない所作だったろう。

したがって、一番お見せしたい写真は残っていない・・

  
 旅が始まる前にもらったカタ(白い布)をこの寺に納めることにし、私はここに結びつけた。昨年、ネパールでもらったカタは家の仏壇にかけている。


  
 ガイドのキプチュ氏とアシスタント氏はひと仕事を終えて“ほっと”かな?

 
 中腹に咲いていた馬酔木・アセビ
  



 下山口近く、沢に沿ってサクラソウがあり、しばらく撮影タイム

    

     

     

    

       

       

    


 ホテルに戻ると「民族舞踊のショー」が待っていた。
 
 その様子は最終回で・・









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月 ブータン山歩き... | トップ | 2017年3月 ブータン山歩き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。