福島ズボラーヌ

http://blog.goo.ne.jp/nekozora-f

大阪市福島区(並びにその周辺)をうろうろ徘徊。

のだふじ巡り(2017年)

2017-04-21 | ■お祭り・イベント等
今年も藤の花の季節がやってきました。

『のだふじの会』ホームページによると、
4月20日くらいから開花が始まり、ピークは26日頃との予想が発表されています。
ここ数日で、各地の藤棚では少しずつ紫色の花が見られるようにはなってきました。

天気予報によりますと、今週末はお出かけ日和らしい。
藤の花の満開にはちょっと早いかもしれませんが、
お散歩がてら各地の藤棚を見物に行こうと思っています。

例年、開花が一番早いのは、海老江三丁目の「海西ひばり保育園分園」、
一番遅いのが鷺洲二丁目の「浦江聖天了徳院」(聖天さん)だと聞いたことがありますが
今年はどうなのかな?

のだふじと紹介されていても、品種が違うのか、環境の差なのか、花の形状はさまざま。
またたくさん花の付く年と全然咲かない年もあります。
地図を片手に出かけても、「あれ?」という藤棚もあり…
お出かけ前に開花情報をチェックした方がいいかもしれません。

野田藤は福島区の花ではありますが、「野田」と名前が付く通り
見所は旧 野田村(区の西部)がメインです。
海老江とか鷺洲にも良いスポットはあるのですが、短時間で効率よく回るなら
野田・玉川エリアを中心に計画を立てた方が良いかもしれません。

独断と偏見に基づく、おすすめスポット・鑑賞ポイントは下記の通り。

◆玉川「玉川春日神社
 「のだふじ」と言えばここ。
 イベント期間中は案内の人がいるので、見所や開花状況などを聞くことができる。
 小さな祠+藤棚の写真を撮ることが出来るので、人気の撮影スポット。

◆玉川「ユニライフ福島
 マンション内の公園にある藤棚。最近は立派な花を咲かせている。
 春日神社から下福島公園に向かう途中に立ち寄ることができる。

◆玉川「ひばり保育園
 まるでキツネのしっぽのような豊かな花房が多く咲くことで有名。
 花の立派さでは、一、二を争うと思う。
 
◆福島「下福島公園
 藤棚の数が増殖中。公園の入り口付近、銀杏の大木に絡まる藤が個人的におすすめ。

◆野田「野田コミュニティセンター
 毎年、大きくて立派な花を咲かせている。
 駅から少し離れているのが難点だけれども、有数の見所のひとつ。

◆野田「大阪シティ信金ロード(野田緑道公園)
 安治川沿いの公園にある比較的新しい藤棚。
 長尺タイプや八重咲のものなど、複数の品種の藤を鑑賞できる。
 
◆海老江「阪神野田駅前広場
 駅前なので分かりやすい。近年、多くの花を付けるようになった。
 スタンダードな藤の他にピンク色の藤も植えられている。

◆大開「大開公園
 開花時期は少し遅めだったように思う。花房がかなり長い。

◆鷺洲「浦江聖天了徳院」(聖天さん)
 昨年はあまり状態が良くなく残念だった。花房がすごく長い。
 狛犬+藤棚の写真が撮れる。

◆鷺洲「鷺洲上公園
 昨年は本当に素晴らしかった!
 駅からも商店街からも離れていてちょっと不便ですが、おすすめです。

マップに掲載されている以外にも、個人宅の庭や鉢植えにも素晴らしいものがたくさんあります。
例えば、ここ↓


↑福島七丁目のとある建物の屋上の藤。すごく立派!

今年も紫外線に気を付けつつ、素敵な藤に出会えるのを楽しみにしています。


【過去記事のまとめ】
福島ズボラーヌ:福島区の花「のだふじ」

【各団体リンク】
大阪市福島区:のだふじコーナー (福島区役所)
 ・2017のだふじ巡り 福島区見所マップ(PDF)
のだふじの会 – 大阪市福島区「野田藤(のだふじ)」発祥の地
 ・のだふじ開花情報
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ATELIER to nani IRO | トップ | ふじめぐり(2017年)「玉川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。