福島ズボラーヌ

http://blog.goo.ne.jp/nekozora-f

大阪市福島区(並びにその周辺)をうろうろ徘徊。

ATELIER to nani IRO

2017-03-27 | 西区靱本町・京町堀・江戸堀・土佐堀
先日、書店でとても気になる雑誌を見かけ、思わず購入しました。
婦人画報』のエリア限定版、表紙には大きく『わが街「大大阪」』と書かれています。



↑2017年4月号、大阪エリア限定版の表紙。太陽の塔のうなじ。

「大大阪」(だいおおさか)というのは、大阪が隆盛を誇った時代のことでして
もうすぐ最終回を迎える再放送中の朝ドラ『ごちそうさん』の時代です。
(大正~昭和初期、戦前の頃までの時代)
特集記事は
大大阪に生きる乙女、”嬢はん”と一緒に、大阪の素敵なものを訪ね歩きましょう」と
若手女優の小芝風花さん(「あさが来た!」の千代役)が大阪の街を案内するという内容。
出版社のツイッターでは、
表現したかったのはコテコテでない、古きよき、ロマンチックな大阪」と書かれていました。
大阪が全国規模の雑誌で良いイメージで語られるなんてことは滅多に無いこと。
大大阪時代+近代建築好きである当方にとっては夢のような特集です。

「嬢はん」は「いとはん」と読み、良家の令嬢を指す言葉です。
「とうさん」とも言います。
丁寧に言いたい時は「いとさん」と呼びます。
「はん」は物柔らかい雰囲気があり、いかにも大阪っぽい響きがありますが
時と場合、相手によっては失礼にあたることもあり、使用には細心の注意が必要です。
敬称としては「さん」の方が格上で、「はん」は親しみが含まれている分、格が下がる。
プライドの高いお嬢様は「いとはん」と呼ばれた時は返事をしなかったと言います。

「いとさん・いとはん」という古い言葉で言うとわかりづらいですが、
現代でも使う言葉で例えると、「おばさん」「おばはん」の差です。
一般名詞として「おばはん」と言う分には良いのですが、
目の前にいる中高年女性に「おばはん」と呼びかけて
快く返事をしてもらえるかどうか。

特集記事では大阪各地(主に市内)のお店や特産品などを紹介しているのですが
その中のひとつが、この「ATELIER to nani IRO」でした。
個性的なデザインのテキスタイルのブランドのお店です。





場所は西区の靭公園の北、西船場公園の目の前にある壽会館という古い建物。
(昭和22年築だそうです。今年で築70年!)
一階に雑貨店「「hitofushi」が入居しています。



ビルの案内板。
活版印刷の「河童堂」、中国茶サロンの「Gingetsu」など個性的なテナントが入っています。



お店は階段を上がって2階、エレベーターはありません。
でね、階段というのが2箇所あるのですが…



この急角度。手すりが無いと厳しい。
でも、手すりが左側の壁にあって、右利きの私にはちょっとつらい。
そこで、もう一つの階段(廊下の奥にあります)から昇ることに。
こちらは階段の向きが逆なので、手すりが右手に付いてます。



上がった所から下を見るとこういう感じ。
足元のレールは荷物運搬用に使うのかな?



お店は公園に面した日当たりの良い部屋でした。
入ってすぐの壁面に雑誌で見た引き出しが置いてありました。
お店で扱っているのは主に布地で、お裁縫を全くしない(できない)私には無縁なのですが
どれもきれいで眺めているだけでうっとり。
販売しているのは布地の他に洋服類が少々、それからハンカチ。
このハンカチがすごく良いのです。

ハンカチの布地の種類は、ガーゼとリネン、それからサテン調の木綿。
私はふだんはタオルハンカチばかり使っていますが、
リネンや木綿のハンカチが大好きです。
好きなものを見かけるとちょこちょこ買ってしまう。
用途は主に小さい風呂敷(ちょっとしたものを包む)として使ったり、
自宅のかご(中にゴチャゴチャ入っている)にかけたりとか。
こちらのサテンハンカチの生地が木綿とは思えないくらい
滑らかで手触りがよく、光沢の素晴らしさにびっくりしました。
模様もかわいいものばかりで、本当に迷いました。
お気に入りを数枚購入し、
持ち帰って早速、我が家のおやつを入れている籠にかけたのですが
汚部屋の中でそこだけが別世界になりました。
こんな模様の雨傘があったらええのになぁ…。

ATELIER to nani IRO
住所:大阪市西区京町堀1-12-28 壽会館ビル2F
電話:06 6443-7216
営業:火~金 12:00〜19:30、土 11:00〜19:30
休日:月曜日・日曜日・祝日 
備考:オンラインストア naniIRO ONLINE STORE
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コリアンダイニング李朝園 福島店

2017-03-25 | 福島
先日、久しぶりにJR福島駅前のラグザ大阪に行ってまいりました。
もしかして帰阪してから初めて行ったのかも…それくらいの久々です。



ラグザ大阪が出来たのが1999年ですから、あと数年で20周年。
オープン当初から残っているお店はもう数えるほど。
上記の案内板は今年撮影したのものですが、
開業の頃から営業しているのは、「ラ・タルティーヌ」「とらの穴」くらいじゃないかな。

土曜日のランチタイムに訪問したのですが、入ってすぐの焼肉屋さんが昼営業をしていないため
食堂街の入り口なのに非常に辛気臭い雰囲気です。
昼営業しないのはお店の都合なので仕方ないのですが…

通路をぐるっと一周回り、いろいろと考えた末、韓国料理店「李朝園」に入ることとしました。
たまたまかもしれませんが、一番お客が入っていて、一番にぎわっていたのがここでした。
私は基本的に辛い物が苦手なんですが、店頭のメニューにサムギョプサルランチがあり
「これなら辛くなさそう」と判断いたしました。
若い頃(20代前半)は辛い物は苦手ではなく、タイ料理やインド料理など
アジア各国のお料理を食べ歩いていたのですが、病気をしてから苦手になりました。
世の中には辛くて美味しいものがたくさんあるので、食べれないのが非常に残念です。

韓国料理は唐辛子がたっぷり入っていて辛いというイメージがありますが、
ピビンパやサムギョプサル、プルコギ等はトッピングに気を付ければ大丈夫ですし
白ご飯を美味しく食べられるおかずが多いので私は好きです。
でも冷麺は苦手、あれはどうしても噛み切れないし、呑み込めない。



これがメイン料理のサムギョプサル。
アツアツの鉄板に豚の三枚肉といろいろな野菜が乗っています。



ご飯+スープ、キムチ各種や味噌など色々なおかずがやってきて
目の前は食器だらけになりました。
味噌は辛いのですが、豚肉につけて野菜と食べるととても美味しい。
辛いのが苦手なので、キムチは大半を残してしまいましたが
ここのキムチは旨味がしっかりしていて、食べやすいです。
おもしろかったのが、切り干し大根のキムチ。
ぼりぼりごりごりと不思議な食感で美味しかったなあ。
なお、キムチとご飯はお替りできるので、たくさん食べたい人にも良いと思う。

キムチはお店の入り口に販売コーナーがあります。
店内の張り紙によるとお持ち帰り用のお弁当もあるらしい。
お弁当は気になるので、一度頼んでみようかなと思ってます。
仕事が忙しい時にお弁当やおかずを買って帰れるならいいなぁ。

コリアンダイニング李朝園 福島店
住所:大阪市福島区福島5-6-16 ラグザスクエアB1F
電話:06-6451-7670
営業:11:30~22:30
休日:無休
備考①:李朝園
備考②:ぐるなび コリアンダイニング 李朝園 福島店 - 大阪市
備考③:食べログ コリアンダイニング 李朝園 福島店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Brasserie Ange

2017-02-26 | 福島
一昨日の2月24日、初めての『プレミアムフライデー』が実施されましたが
世間の皆さんはプレミアムな金曜の夜をお過ごしになられたのでしょうか?

人生の半分近くを一事務員として過ごしてきた当方にしてみたら
「月末の!金曜日に!早帰りとな!!」と吐き捨てたくなるような感じなのですが。
月末のしかも週末と言うたら、事務処理がたてこむ時期。
お役所はそんなん関係ないんでしょうかねぇ。
ニュースでプレミアムフライデーの話を聞いた時は
「あほちゃうか」と思っていたのですが、
地元のイオン(旧ジャスコ)でウキウキとした口調の
「ビッグフライデー♪」なる放送を聞き、
「月末の金曜が忙しくて憂鬱なのは、ごく一部の人間だけなのだろうか?」
とちょっと悲しくなりました。

記念すべき(?)第二回プレミアムフライデーは、3月31日です。
3月が決算という企業が多い中、今期の一番最後の営業日にあたります。
プレミアムなフライデーナイトを過ごそうと計画中の皆さん、
是非、期末までに提出すべきすべての書類は最悪でも水曜日までにご提出下さい。
できるなら、一週間以上余裕を持たせて下さい。
「金曜日が最終日だから、木曜のうちに出したらええやん」ではダメなのです。
ましてや、金曜日になってあわてて提出するなどもってのほか。

長年、事務員をやっておりますので、期限ギリギリに書類を出された挙句、
「あー、この書類、角印押してませんよー」とか
「この取引先、新規ですかね?コードありませんけど?」
「えっ、提出書類ちゃんと揃えてへんのに帰ったんや…」
などという事案に悩まされてきました。
こういう状態にならないためにも、早め早めの行動をお願いしたく。
3月31日はプレミアムでなくていいので、平穏に過ごさせて下さい…。

閑話休題。

ブログの更新が遅れてます。またも年末のお話です。
福島二丁目の「ブラッスリー・アンジュ(Brasserie Ange) 」に行って来ました。
なにわ筋沿い、朝日放送のお向かいのBREEZECOURTというビルの二階にあります。



ビルの表にお店の看板が出ています。
ランチタイムは少し遅めの15時まで。
ランチ難民にはありがたい時間設定のお店です。



階段を上がって、2軒目のところ。
店内は薄暗くて、カウンター席のみ。
一見さんかつ人見知りには少々厳しい環境です。
しかも私が行った日は、私以外は全員が常連さんらしいという感じで
ちょっと落ち着かなかった。

注文したのは、ランチコース1500円。



パスタランチ(1000円)と迷ったのですが、オードブル9種類というのにひかれ
コースをお願いしました。



暗くてよう分からん写真ですが、パスタ。
カルボナーラを選択。



自家製パンはお替りできるそうです。
が、寄る年波で食べる量が減っており、お替りできず。残念。



食後のデザート、飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュースから選べます。

ネットの口コミを拝見したところ、店主の方と会話を楽しみながら
お料理を食べるのがこのお店の醍醐味のようです。
私は人見知りするタチでして、お話はしなかったのですが
常連のお嬢さん方と店主の方のガールズトークが面白くて
とても楽しいランチタイムを過ごすことができました。

Brasserie Ange
住所:大阪市福島区福島2-1-41 ブリーズコート 2F
電話:06-6451-1166
営業:火~土 12:30~15:00 月~土 17:00~23:00
休日:日曜日
備考:お店のブログ「カウンターだけの隠れ家レストランAngeの毎日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珈琲と定食 MoRiSaN

2017-02-24 | 福島
もたもたしていたら、節分もバレンタインデーも過ぎて、
2月も後半になってしまいました。
今更ですが、昨年末にランチに行ったお店のお話です。

福島一丁目の喫茶店「珈琲と定食 MoRiSaN」に行って来ました。
場所は二号線沿いの小さなビルの二階。
ビルの一階には「屋台ラーメン丸徳」が入居しており、ビルの屋上に大きな看板を載せています。
(ビルに入居しているのに屋台ラーメンとはいかに…)



パッと見、ビルの入り口がどこにあるかわかりづらい。



ビルの正面から見て左側の道の方にビル上階に上がる入り口があるのです。



壁面に金属製の洒落た看板がかかっていますが、
煉瓦調の外壁タイルと色調が似ているため、残念ながら目立ちません。
電柱の白い札に「カミフク」と書かれています。
昔この辺りの地名は「上福島」でした。





ビルの入り口がこちら。
入ってすぐが階段なのですが、この階段がかなり急で幅も狭いので
足腰が悪い人・荷物が多い人にはかなりの難所です。



二階のお店の前から階段を振り返るとこんな感じ。
踏面が狭いので、降りる時は昇る時よりもさらに怖かったです。
(横向きにヨチヨチと降りました)





このお店の有り難いところは、ランチタイムが12~17時ということ。
そして17時以降も定食メニューがあるということ。
(つまり12~21時までずっと定食が頼める!)
女性が夜に一人でふらっと入れるお店というのは有り難く
とても貴重な存在です。

この日の日替わりランチの定食は「豚ロースの照り焼き風」でした。



店内のインテリアは白い塗り壁のフレンチカントリー風。
温かみのある可愛らしい雰囲気です。
狭いお店ではありますが、そんなに圧迫感を感じないのは
通りに面して大きい窓があるせいかなぁ。
ひとりで行く時は、窓際のカウンター席がおすすめです。

「珈琲と定食 MoRiSaN」
住所:大阪市福島区福島1-6-18 サンライズビル2F
電話:06-6451-5608
営業:11:30~21:00 (L.O.20:30)
休日:日曜日、他 
備考:お店のブログ「『珈琲と定食 MoRiSaN』の日記」、instagram「coffee_tesyoku_morisan
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食パン専門店 高匠(Japanese Bread TAKASHO)

2017-01-14 | 西区靱本町・京町堀・江戸堀・土佐堀
靭公園の近くにある食パン専門店「高匠」に行って来ました。
昨年10月に新しくオープンしたお店です。



場所は靭公園の最西端の出入り口からあみだ池筋を渡った所。
岡崎橋交差点(あみだ池筋と本町通の交差点)の近くです。



取り扱いは食パン一種類のみ。
ただし、サイズは1斤(400円)と2斤(800円)の二種類があります。

ほんのりと甘い味わい、しっとりとした食感のとても美味しいパンでした。
最近は口当たりがソフトな分、ちょっと物足りないような食感のパンが流行っていますが
こちらの食パンはしっかりめの生地で、もっちりした粘り気があります。
他の食パン専門店同様、自分でスライスしなければなりませんが
きめが詰まっているので、不器用な私でも比較的うまく切ることができました。
かといって、耳が固すぎるとか、口どけが悪いということはありません。
生地は卵不使用とのことですが、パンの風味に物足りなさは感じませんでした。
「え、入ってなかったの?」って驚いたくらいです。

あらためて、食パンって奥が深いなあ、と感じ入りました。

食パン専門店 高匠(Japanese Bread TAKASHO)
住所:大阪市西区靭本町3丁目2-7 横井第一ビル
電話:06-6136-3323
営業:10:00~19:00
休日: 
備考:食パン専門店 髙匠-takasho- | Facebook
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Boulangerie Louloutte

2017-01-11 | 西区靱本町・京町堀・江戸堀・土佐堀
西区江戸堀二丁目にある可愛らしいパン屋さん「ルルット」。



靭公園界隈に散歩に行くときに何度かお店の前を通ったことがあったのですが
あまりにも可愛らしい外見ゆえに、ずっとケーキ屋さんだと思っていました。
実はパン屋さんなのですが、これはちょっと男性一人だと入りづらいかも…

写真には撮ってないのですが、
ドアの取っ手がバゲットとクロワッサンの形になっていて面白いです。
(バゲットはありそうだけど、クロワッサンにはちょっとびっくり)
外観だけでなく内装も本当に素敵で、女の子の夢見るパリのパン屋さんという感じ。
中年である当方には、この素敵さ加減がちょっと気恥ずかしくもあるのですが
心の奥で冬眠中のなけなしの乙女心が目覚めるような場所でした。

とはいえ、可愛いだけでは終わらないのが大阪のパン屋さん。
もちろん、売られているパンは見た目が美しいだけでなく、とても美味しかった。
食パンも塩パンもクロワッサンも美味しかったですが
個人的に一番気に入ったのはバナナプディングです。
甘さ控えめながら、バナナとキャラメルの風味がしっかりしていて、
パンというよりほぼケーキ(見た目も完全にケーキですし)。
ぎゅうぎゅうに型に詰め込まれた感じのパン生地がむちむちしていて
癖になる食感です。
パンプディング=フレンチトーストみたいな柔らかいものというイメージがあったので
この食感は衝撃的でした。
これはお土産にしても喜ばれそう。

靭公園の周囲はパンもデザートもおいしいお店がどんどん増えていて
食いしん坊にはとても楽しい町になりました。
ただ、私が公園に行くのはウォーキングをするためなのです。
公園通いはダイエットには逆効果な気がしてきた…

「Boulangerie Louloutte(ルルット)」
住所:大阪市西区江戸堀2-3-17
電話:06-6136-7277
営業:
休日:月曜日・火曜日 
備考:ショップカード記載のお店HP(louloutte.digiweb.jp)は現在閲覧不可。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛めしや はなび 福島本店

2017-01-09 | 福島
福島五丁目にある和食店、「鯛めしや はなび」に行って来ました。
店名の通り、鯛飯が名物のお店です。



お店の場所はJR福島駅の南側、浄正橋交差点の近く。
阪神福島駅の出入り口の側にお店の看板が出ています。





古い長屋を改装した建物で大きな提灯が目印です。

もちろん、お目当ては数量限定の鯛飯のランチ。
着席早々に「はなび御膳」をオーダーしました。



ここでちょっとした失敗…
ろくにメニューを確認せずに「御膳」を注文したのですが、
プラス200円で鯛の漬けが追加できたのです。
それに気づいたのは、注文後ちょっと時間が経ってからのことでした。
(オプションについては、ちゃんとメニュー表に大きく書かれています。
オーダー前にちゃんと読まない私が悪い)
お店の人も忙しそうだしなぁ、と追加注文を言い出せなかったのですが
今思えばダメモトで頼んでみれば良かった。





盛り付けも色合いもとてもきれい。
細長いお皿の上に豆鉢が並んでるのって、かわいらしくていいですよね。
自宅では絶対にしないけど(洗い物増えるから)。
見ての通り和食がメインの定食なのですが、フライもあり、生春巻きもありで
ボリューム満点です。
しかも、鯛飯はお替り自由!
とはいえ、もうそんなに食べれる歳ではないので、お替りできませんでしたが…

何度でも食べたい素敵なランチでした。
土日はランチ営業をされていないのが非常に残念。

鯛めしや はなび 福島本店」
住所:大阪市福島区福島5-10-6
電話:06-6147-8858
営業:11:30~14:00(月~金)、17:30~23:00
休日:日曜日・祝日 
備考①:昨秋に2号店(谷町二丁目店)オープン。
備考②:鯛めしや はなび | Facebook
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッチンハウス にちにち

2016-12-17 | 西区靱本町・京町堀・江戸堀・土佐堀
土佐堀川沿いのパン屋さん、にちにちに行って来ました。



以前からずっと行って見たいと思っていたけれど、残念ながら土日祝日は営業されておらず
平日の閉店時間も早め(18時)のため、なかなか機会がありませんでした。
先日、所要のため有休を取ったので、ようやくお邪魔することができました。

お店があるのは土佐堀三丁目。
土佐堀川にかかる湊橋の南詰を東に入ったところ。
土佐堀通の一本北の道路沿いです。
すぐ近くに交通量の多い交差点があるのに、お店の前は静かでした。



倉庫や工場のような建物で、パン屋さんが入居しているようには見えません。





お店の前には赤い看板が出ています。
建物は大きいけれど、パン屋さんが営業している部分は一階の一部。
そんなに広いお店ではありません。
あとちょっと残念なのが、川沿いの建物なのにお店からは川が見えないこと。
川を見ながら買い物をしたり、パンを食べたり出来たらいいのになぁ。

午前中に何とか用事をすませ、午後一時過ぎにはお店にたどりついたのですが
その時点でほとんどのパンが売り切れでした…
お目当ては全粒粉の食パンでしたが、もちろんありません。
人気のお店とは聞いてましたが、これほどとは!
というわけでパンではなく、焼き菓子を買って帰りました。
りんごとナッツの入った美味しいケーキでしたが
やっぱりパンが食べたかったな。

次に有休を取る機会があったら、開店時間(朝8時)にお店に行けるよう頑張りたいと思います。

キッチンハウス にちにち(KITCHEN HOUSE nitiniti)
住所:大阪市西区土佐堀3-4-18
電話:06-6445-6368 
営業:8:00 ~ 18:00
休日:土・日・祝日 
備考:キッチンハウスにちにち | Facebook
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TAKAMURA WINE AND COFFEE ROASTERS

2016-12-14 | 西区靱本町・京町堀・江戸堀・土佐堀
西区江戸堀二丁目にあるワインとコーヒーのお店。



以前、大阪に住んでいた頃にたびたびお邪魔していたタカムラ。
靭公園に散歩に行った帰りなどに立ち寄り、
輸入物のお菓子や海外のビールを買ったりしていました。

そのころのお店の雰囲気は雑然としていて、商品の並べ方は「酒の楽市」みたいな感じでした。
(品揃えは楽市よりもずっと良かったけど)
おしゃれなお店ではありませんでしたが、面白いものが売っていて
好きなお店でした。
長い転勤生活を経て大阪に戻り、久しぶりにお店に行ったところ
お店の雰囲気も取り扱い品も大きく変わっていました。



ネットで調べてみたら、店名も変わったんですね。
以前の名前は「創酒タカムラ」でした。
建物は変わっていないような気がするけど
昔は外にテラス席やベランダも無かったし、
もっと商品がひしめきあってごちゃごちゃしていました。
現在は店頭はきれいに片付いていて、店内の売り場もゆったりしています。
輸入菓子などの食料品の取り扱いはかなり減り、
我が家が楽しみにしていた地ビールや海外ビールの売り場は大幅に縮小されていました。
悲しい。

リニューアルは我が家にとっては悲しい結果となりましたが、
たくさんお客さんが来ていて、とても繁盛しています。
コーヒーとワインがお好きな方は是非。

「TAKAMURA WINE AND COFFEE ROASTERS(タカムラ)」
住所:大阪市西区江戸堀2-2-18
電話:06-6443-3519
営業:11:00~19:30
休日:水曜日 
備考①:通販 【楽天市場】タカムラ コーヒー ロースターズはスペシャルティコーヒー
備考②:タカムラ コーヒーロースターズTakamura Coffee Roasters | Facebook
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄米専門店 稲妻屋

2016-12-12 | 北区大淀北・中・南・他
新梅田シティ近くにある玄米食のお店。
てっきり、住所は北区「大淀中」だと思っていたら、何と「中津五丁目」でした。
びっくり!
中津ってもっと北の方というイメージがあったのですが
新梅田シティの西側から線路沿いまでの細長いところは中津なんですって。



この看板ではお店の名前は分かりづらいですが…



茶色いタイル貼りのビルの一階にお店はありました。
お店の中は狭くて客席も多くありません。
家具は小学校の教室で使うような鉄のパイプと木を組み合わせたもの。
素朴な手作り感を感じるインテリアです。

ランチはいろいろあり、カレーの良い香りがしていましたが
せっかくだから玄米ご飯そのものを味わいたいなと思い、定食にしました。





メインは豚の角煮。
おかずはどれもおいしかったけれど、お味噌汁が特に美味しかったなぁ。
(諸事情によりちょびっとしか飲めないけど…)
もちろん玄米(発芽玄米らしい)もおいしかったです。

お店のフェイスブックを拝見しますと、
炊飯器でも発芽玄米を上手に炊ける方法についての教室を開催されているらしい。
玄米は炊くのが面倒というイメージがあり、
炊飯器の玄米モードで炊いても専門店みたいな食感にならなくて
続けられなかったのですが、炊飯器で簡単にできるんやったらええなぁ。
年内の開催は満席だそうなので、機会があったら参加したいです。
なお、店内ではお米も売っておられますので、自分で炊いてみたい方は是非。

「玄米専門店 稲妻屋」
住所:大阪市北区中津5-1-2 第1柴田ビル 1F
電話:06-6147-6623
営業:11:30~14:00 18:00~23:00
休日:不定休 
備考①:玄米専門店 稲妻家 | Facebook
備考②:instagram @inazumaya
コメント
この記事をはてなブックマークに追加