カリブロ!

サオ・シャブールのベースがお届けする数々の情報スペース

〈我が教団の公式HPは下のブックマークから移動できます〉

わからないんです -殺人とSEX-

2017-02-11 | サオのこと

鳥取は雪で大変です。陸の孤島になりました。

西・東・南への道も全て封鎖。隔絶されてしまいました。

本日は我が師マグナムが大宇宙酒場にて布教をする日だったのですが・・・




私は雪かきに支配されてしまい、師の御姿を拝見することができませんでした。


大変残念です・・・。





しばらくこのブログで私自身のことを書いてしまっていましたので、今日はマサ伊藤先生に習ってライナーノーツに挑戦したいと思います。













本日紹介するアルバムはもちろん







我が教団に伝わる、現在唯一の経典です。

わからないんです サオ」で検索していただければヒットします。

ORICON STYLEさんにて購入できます。





ただ、ORICON STYLEさんではアルバムタイトルが「分からないんです」漢字交じりになっています。

このことは敬虔な教団信者でなければ気付いていません。









まず、なぜタイトルに違いがあるのか?





その理由は二つの説があります。




説1:師による言語媒体を中心に置いた社会への、大いなる問題提起※注1である説


説2:ORICON側のチェックがアレになってそうなっている


です。







皆様は後者だと思われる方が多いかもしれません。










私もそう思います



真実は未確認です。それでは経典について語りをすすめたいと思います。








1:殺人とSEX


この曲は過去のライブ映像がYou tubeにてあがっていますね。教団を代表する曲の一つです。


https://www.youtube.com/watch?v=_owFDMwfHSc



アンダーグラウンドなパンク感にとどまることなく鉄錆のような退廃した空気が充満しています。

メジャー進行でありながら、人間の根源に根ざしている「殺人」と「SEX」を結びつけることにより、心地よいバッドマインドを感じさせられる曲です。


CDでは動画よりもう少しメジャー進行感があります。

私個人としては、動画バージョンに例の刹那のアレ※注2を感じるので、動画バージョンを一番好んでいます。


我が教団のキーボーディスト・満國彩注3様のお気に入りの一曲でもあります。







曲中に「キッスキッスすてキッスキッス」という部分があります。



私はずっと「キッスキッス捨てキッスキッス」だと最近まで思っていました。



でも「きっすきっす素敵っすきっす」でもあると気付いたのです。


文字中心で解釈をすれば「好きっす」ともとれます。



ただの音なようで意味を感じてしまう不思議な言葉です。



ちなみにベースを弾くときは「捨てキッス」を意識した時と「素敵っす」を意識した時では音に大きな違いが出ます。


是非弾いてみていただきたいです。















まだ一曲しか紹介しておりませんが、本日はこの辺にいたします。



なぜならお酒を飲みすぎてしんどくなってしまったからです。


それでは皆様、お休みなさい。




※注1…言葉による意思疎通がいかに重要かつ脆いものであるかを認識する必要性があることを説いた、師の教え
※注2…前回の記事「その時にしか出せない音って素晴らしい」参照
※注3…我が教団の最高顧問であり教団所属のレーベル社長。魅惑のレディ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その時にしか出せない音って... | トップ | わからないんです -依存・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サオのこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。