お人形と同じ部屋で寝起きしている私

お人形好きでけっこう沢山持ってます。専用ブログもあります。こっちでは家族と猫2匹と他の趣味や暮らしぶりなど語ります。

テレビで見た多頭飼崩壊の凄まじさとみーこ快方に向かう

2016-11-18 15:08:55 | ペット

一昨日前のNHKのクローズアップ現代だったかでやってたけど、最初は2匹だった猫が去勢しなかったために80匹まで増えて、家中がボロボロになったお宅をやってたんですが・・・

まあ、生まれた猫を捨てないで飼うってのはいいんだけど・・・ねぇ?最初の2匹の去勢をケチったばっかりに地獄ですわ、あれじゃ・・・

でもかわいい猫もいたりして、それでもねぇ・・・近親交配でしょ?まずいよねぇ・・・結局飼い主さんはNPOに救いを求めて、総額200万円の去勢避妊手術をボランティアでやってもらったんですよ。なんだかなぁ。

あとは、ウサギの多頭飼崩壊もやってたな。ウサギは猫より増えやすいらしい。

コメンテーターに浅田美代子さんが出ていたので、ネットで検索したら、彼女もボランティアで犬5匹を引き取って飼ってるんですね。犬5匹~頭がさがります。

我が家のみーことチビは去勢避妊済みですが16歳の爺猫と4歳の若い娘じゃ、ねぇ。話にもならん。
お互い知らん顔してる。時々みーこが爺をいじめてる。これこれ、年寄りには優しくしてやらなくちゃダメでしょなんて猫には通じない。

で、風邪引きみーこですが昨日病院に連れて行ったら、目の充血が消えたそうです。つらかったんだね。早く連れていけば良かったね。ごめんね。
くしゃみもだいぶ治まりました。今回の薬を飲み終わったら終わりになりました。良かったわ~財布にも良かったわ~。
3回の通院で諭吉が2枚消えました。とほほ・・・健康は大事よ、人も猫も・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みーこの風邪

2016-11-13 22:28:43 | ペット

みーこの鼻がぴすぴす音を立ててたんですが、とうとう盛大なくしゃみを連発して鼻汁を飛ばすようになり動物病院に連れて行ったのです。

で、朝昼晩と3回の目薬点眼と朝晩の錠剤を飲ませることになりまして、初日は注射をしたりしたんですが、いきなりは快方には向かいませんね。

今日は暖かでしたが、その前は寒くて寒くて・・・

薬を飲ませるのも大変です。病院に連れて行くのも大変ですが・・・

なのに体重が増えてるんですよ、ったく!いいことなのか?病気のくせに・・・3日で150gも増えてました。

目薬はね、割と大人しく注させてくれます。気持ちがいいのかも知れないですね。

でも人間も猫も健康が第一ですってことですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はみーこを病院に連れて行った

2016-11-09 14:03:58 | ペット

先月からくしゃみを連発してたんだけど、今月に入って鼻水まで飛ばしてたのでとうとう連れて行きました。

体重は4.25kg(夏に行ったときより太ってやんのw)
体温は37.8度(平熱らしい)
注射を1本打った

ただ目が充血してるので日に3度目薬をさして(これがまたけっこう大変)
朝晩に1錠ずつ薬を飲ませる(これもまた大変)

そういえば寒くなってきたけど、くしゃみしなくなったかな。
今度は11日に連れて行かなければならない。ちなみに五千円ちょいかかりました。
ペットはお金がかかる。でも猫の癒しはプライスレス。

昨晩はおばあちゃんの布団の中に潜り込んできたらしくて、なんか嫌がられていた。
私の布団の中なら大歓迎なのに、何故か来ない。うまくいかないもんですね。

大丈夫ですよぉ。蚤とかダニはちゃんと対処してますから。昔はそんなことしてなかったけど外と家と出入りしてる飼い猫を抱いて寝てたんだもの。
それを考えれば、室内飼いの我が家の猫たちは清潔です。

猫を病院に連れて行ったら、夕方、旦那がげっそりして帰宅した。
また下血したそうだ。この夏以来のことなので気になる。間隔が短くなってきてるから・・・

以前は下血の間隔は年単位だったから・・・

昨晩は絶食して、今朝も絶食して、お弁当も持たずに出勤していったけど大丈夫かなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミ

2016-11-02 23:18:50 | ペット
ミミが死んでもう四年経つ。
今でも辛抱強い賢い猫だったなといじらしかったなと思い出す。
庭に埋めてしまったけど、本当は故郷の栃木県の渡良瀬川に散骨してやりたかったなという思いが離れない。
生き物を飼うというのは後悔の繰り返しかもしれない。
それでも、ぬくもりを求めて猫と遊んでいる私です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご近所のわんこが亡くなりました

2014-06-15 21:27:05 | ペット
一昨日なんですが、ご近所で仲良くさせていただいてるお宅で飼ってるわんこが亡くなりました。
享年17歳でした。
飼ってらっしゃったのは一人暮らしの84歳のご婦人なんです。元美容院の先生なんで、私の髪もカットしていただいてるんです。Aさんとしておきます。

とても元気な方なんですが、昨日の朝、一晩一緒だったワンコの亡骸をお庭に葬ってお花を飾ってお線香をあげてお経を唱えたそうですが、いつもお元気な方が、がっかりしてらっしゃって、大丈夫かなと気になりました。

私もわんこがおうちに来た日のことをよく覚えています。
私の反対側から、白い小さな子犬を抱えて向こうから小走りに帰宅するAさんを見て、あら、かわいい!でもあのお宅、もう2匹いるよね、わんこ・・・

なんと、犬の散歩をしていたら、海のテトラポットの上で震えてた子犬を見かけて、最初は「いや、うちはもう2匹いるし」と心を鬼にしたらしいのですが、やっぱりそのままにはしておけなくて、結局拾ってきてしまったという・・・

そんないきさつを思い出して、私が、髪を切りにお邪魔すると、いつもそぉっと寄って来て足元で身体のどこかをくっつけてきて寝てしまったりするのでした。

大人しくてかわいいわんこだったなぁ。わんこが亡くなった夜に亡骸と一緒の部屋で過ごしたAさんの夢の中にわんこが出てきたそうです。

広い草原を一匹でとぼとぼとわんこが去って行くところで、名前を呼んだら一回振り向いてまた前を向いて去っていったというのです。ちゃんとわんこはAさんに最期の挨拶を夢で見せたんだなと、感心しましたよ。

まだ一匹残っていますが、そんなもんじゃないってのは、私がミミに死なれて、でもチビが残ってるからとは思えなかったのと一緒です。2匹は別物なんですから。

わんこの冥福を祈らずにはいられません。でもAさんのおうちのわんこになれたこと、わんこは幸せだったと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加