猫とおかちゃと月光仮面    のんびりふんわり自然農

~田舎でのんびり自給生活…のはずが
    無農薬、無化学肥料の自然農。猫の手借りたい時もある~

自家製サツマイモツル定植

2017年06月18日 | サツマイモ
冬の間、貴重な食料になってくれたサツマイモ。

去年の紅はるかは出来が良かったから、イモツル採りに挑戦。
4月9日、選ばれし2個の種芋を簡易温床に植える。
温床ったって、家の中での手抜き作業。
まず種芋をお湯で消毒し、プランターに植えてそれを発砲スチロール箱と段ボール箱とで二重に囲い、冷蔵庫の上に乗せといた。それだけ。

5月21日、冷蔵庫の上からその簡易温床下ろして覗いてみたら…。


なんか、出て来てるやん!

プランターごと取り出して水遣り、昼間は日光に当ててやること三週間。

わっさわさになってきた。

そこで6月15日、一部畑への定植に挑戦。

まず、プランターから出て来てる芽ぇの中で、できるだけ大きそうなやつを根元から切り取る。





そんで、先っぽと、真ん中と、根元、三つに切り離す。

定植に使うのはこの真ん中の部分で、ここには、葉ぁが3~4枚ついてるように切る。


この日切り取ったツルは11本。
一時間前後、お陽ぃさんに当ててちょっとしおれさせる。


そんでこれを、普通のイモツル植えと同じように、葉っぱは地上に出して畑に水平に植える。

ツル採った後のプランター。

もう一回くらい採れるかなあ。

残った先っぽはゆがいてお浸しに、根元部分は刻んでお味噌汁の具にいただきました。


さつま芋はほんと、根ぇも茎も葉ぁも食べられて、私の命綱の一つになってくれてます。
ありがとうね。










『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空梅雨の定植待ち | トップ | 今年のツタンカーメン豆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。