猫とおかちゃと月光仮面    のんびりふんわり自然農

~田舎でのんびり自給生活…のはずが
    無農薬、無化学肥料の自然農。猫の手借りたい時もある~

畑外の草刈り

2017年07月18日 | 田舎暮らし
梅雨前、この辺の人たちは一斉に家の周りや畑の草刈りを始める。
自分で刈られへんお年寄りは、人に頼んで刈ってもらう。
その分、賃金を支払う。
年金暮らしのお年寄りには、これが毎年悩みの種。

使ってない畑なら、いっそ草刈りせんといたら?
そうはいかんらしい。
近所の人らがうるさいんやて。

私に畑貸してくれてる婆ちゃんは、畑と地続きの空き地は私の草刈り担当やと言う。
ここは私に畑貸してくれる時、婆ちゃんがその辺歩く時の通路として残した部分。
幅4m、長さ20mくらいの空き地になってる。

どこが誰の持ち分なんて、きっと村の決まり事があるんやろ。

婆ちゃんの家周りの草刈り頼むとき、ついでに刈ってもらうか? と、婆ちゃんは言う。
当然費用の一部を私が負担することになる。
一昨年いっぺんこの方法でやってみたら、私には過分な負担分になった。

それで、仕方ない、手刈りする。
草丈が高なってるんで、私の小型草刈り機は使われへん。
手刈りしかない。



こっちからだけ刈っていくと、しまいに力抜けてくる。


それで時々向こうの方からも刈ってみたりして、
二日かけて、

やっと、こっちからと向こうからが合体。
畑の中を小さな動物たちが覗き込みにくいように、畑との境のネット足元の草は、婆ちゃんに頼んで残させてもろてる。

またすぐ伸びてくるやろな。




ジャンル:
近所に住む人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下仁田ネギ ポットン植え | トップ | トウモロコシの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。