ねこてん~全ての猫は天使である~

港区青山&ビックサイト近辺を中心に地域猫活動を行っているボランティア

腎臓&尿石の“にいにい”フード

2017-07-17 11:35:04 | 腎不全闘病ニイニイ

《 2017/5/14 ねこてんDiary 掲載分 》
3月23日に腎不全+尿路結石で倒れ、緊急入院し4月14日に退院したおにいちゃん。

彼は生まれも育ちも野良、推定年齢10歳。
給食ボランティアの話では7年前頃には、既にふ頭公園に居たとのこと。
黒白チーム...ロンちゃん・マリちゃん・チャリコたちのリーダー格なので、おにいちゃんと言われていました。
拙宅に来てからは「にいにい」と呼んでいます。

にいにいの予後は、あまり芳しくありません。
とにかく食べない。
入院中から先生方が困っておりました。なにしろ、強制給餌を吐き出すという強者です。

もともと少食でガツガツ食べるタイプではないのでしょう。
それにしても、気まぐれな食欲です。
昨日ペロリと食べたとか思えば、今日は手付かずだったりと波があります。



にいにいはカリカリ派、ドライフードオンリーラブ(*´˘`*)♡
現在は動物病院指定の「JPスタイル ダイエテティクス キドニーキープ」を与えています。
入院中にアレコレと試して頂き、お気に入りを見つけて貰いました!

腎臓病療法食には、尿路結石を防ぐpHコントロール効果を兼ね備えているものはないとのこと。
取り敢えず腎臓機能が悪化しないよう、負担を軽減するためのチョイスです。
おしっこチェックを怠らず、定期的に検査をし、ストラバイトが出た場合に「pHコントロール」へ切り替えるのがベター٩( 'ᴗ' )و 

どうかどうぞ食べて下さい、おにいちゃん。
どうしても食べてくれない時には、ドライフードで強制給餌をしちゃうのデス❀(◦`꒳´◦)ᵎv

【 ねこてん 公式HP 】

にほんブログ村 猫ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかえりなさい、おにいちゃん! | トップ | ドライフードを使った強制給餌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL