小さく愛しい守りたいもの ~ネコと人~

大事なねこと子供との生活 
病気と闘うネコたちの記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すごく久しぶり

2010-02-02 11:53:19 | Weblog
本当に久しぶりです。

多分私はあまりブログが得意ではないのだと思います。
自分の感じたこと 思ったことを公にするのは
まるで自分の大事な部分を暴かれているような錯覚を
感じるのです。
でも記録も残しておきたい願望もあります。

あれからみー太がなくなってその二日後にちびがなくなりました。
二人して一緒に旅立ちゃって・・・

ちびは母がみー太は私が看取りました。

1年以上たち今では少し思い出すこともできるようになりましたが、
最初の一年は苦しかったです。
とくに最後の発作で苦しませてしまったのでは・・と

新しい子を迎える気にはまだまだなれません。

でもそれでも子どもが生まれて少し元気が戻ってきました。
この子も一番目の子もあの子達が守ってくれているように
感じます。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わり

2007-09-05 23:01:37 | Weblog
今日は台風の余波ですごい雨。
実家の方は天気なのでいいのであるが。
今日は母の心臓のカテーテル検査の日で
何もなくてよかった。

ちびの調子がよくないので弟と父が家で
様子を見ている。母は今日は病院にお泊り。
普段ちびは母を親と思っているので
さびしがっていると思うと不憫な気がする。

最近ちびの調子がよくなくてずっと腎不全の事を
考えたりネットで探したり・・・
獣医さんは実際に介護するわけじゃないので
腎不全の末期の猫を助けようとする気が薄い。

獣医さん的にはもうあまりできる事がないと
いうことなのかもしれないが猫の身体の不調が
一体何から来ていてそれがどうなるのか?
そういったものを突き詰めて考えてしまうので
ぐるぐる回っている。

尿毒症というのは一体なんなんだろう。
本当にちびの足の麻痺は尿毒症なんだろうか?
Webで尿毒症で麻痺の出たネコさんは本当に
末期で数日で亡くなってしまったりしている。
ちびもそうなの?でも・・・

足の先だけ麻痺する そんな症状も尿毒症なの?
獣医さんは多分そうだという。
まだ痙攣もしてないし・・でも私は素人だし
でも飼い主が一番良くわかるだろうし。
ぐるぐる。

本当に何かできないだろうか?
食欲を戻すことができたら。。。どんなにいいだろう。

写真は2歳になったばかりのちび この夏の写真


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

2007-05-15 21:02:47 | Weblog
ものすごくお久しぶりです。
先日moomamaの十猫十色展示会に行ってきて
初めてmoomamaとお会いしました。

初めてとは思えない懐かしい空気でついつい
くつろいでしまいました。

いつも思うのですが高校卒業後地元を離れてしまった私は
就職で関東に初めて来てからはや16年・・・
親と暮らした時間よりも離れた時間が長くなりました。

学生時代と違ってこちらにすんでいると会社の関係以外に
お友達もなく・・・随分寂しい生活をしてきたものです。
それでも毎日忙しく暮らしていて仕事の人とも飲みなど
しているうちに時間は過ぎてそれぼど不満にも思ってませんでしたが、
みー太が病気になったとき本当に見も知らない沢山の人から
助けてもらい。。。励ましてもらい。。。
自分の今までの生活とは違ったものをたくさんもらいました。

今度の展示会に行ってmoomamaとお話しているうちに
自分がいろいろな人と知り合いになり助けられ、
できれば自分も人を助けることができたらと
そうゆう関係を作っていきたいと感じるように
なりました。moomamaとのお話はまるで前から
良く知っているような・・・・変なことですが
初対面ですのに・・でもそんな安心感がありました。

にゃださんやみけみさんもこられたと聞いてぜひ
お礼を言いたいなと思っています。
今度はオフ会に勇気を持って参加してみようと思いました。

皆様本当にありがとうございます。

みー太が元気に今という時間を生きていられるのは
皆さんのおかげです。あのときの手術がなかったら
こんなに普通に生活できなかったと思います。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

荷造り

2007-02-03 00:08:38 | Weblog
今週末に横浜に戻るので荷造りしている。

私は高校卒業後松山を離れたため
両親と一緒の生活は高校まで。
今思うともっとここで生活すれば
よかったなと思う。
昔は家を離れること、一人で生活することが
どうゆうことかわからないまま一人暮らしを
はじめてしまった。
その後就職も東京でしてしまったため
両親の元にもどることは無くなって
しまった。
あーでも 今は両親と夫とみー太とひろくん(子供)と
この松山で暮らせたらどんなにいいだろうと
思う。特に父親の病気には一緒にいて
いろいろ手助けしてあげられたら・・・
どんなにいいだろうと思う。
そうするためには再就職(夫と私)や家のことなど
問題が多すぎてかなわぬ夢なのかもしれないけど。

若い頃は自分の力を試したくて就職も仕事もばりばり
できる環境に身をおきたかった。
でもこうやって両親も年を取ると親孝行したいのも本音。

みー太に会えるのでもどれるのはとてもうれしい。
自分の愛したものが自分のそばにある環境。
それでも両親も自分のそばにいたなら。。。
みー太も家族も全て自分のすぐそばにあったなら。。
私ってよくばりなのかな。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出すこと・・(手術のとき)

2007-01-30 23:53:23 | Weblog
みー太の肺の摘出手術が終わって
Y先生から摘出した肺を見せて
もらった・・・
多分ほとんどの人が見たことが
ないだろう猫の肺・・・
それは長い間私の脳裏にやきついて
毎日私を苦しめた。
(今はだいぶ楽になったけど)
それは本当に小さなものだった。

全部で長さが3cm 幅は1cmほど
上肺/中肺/下肺 の三枚で構成された
一枚は小さなほたての貝柱くらいの大きさ。
でも薄い・・それが三枚つながっている。
色は赤ピンクが本当らしい。
でもみー太のは腫瘍で変色していて
黒かったり灰色だったり・・・
かすかに真ん中の中肺だけがいい色だった。

こんな小さなものでみー太は命をつないでいるんだ・・・
そしてそれが1つしか残ってないんだ。

そう思うとめまいがして苦しかった、それは今でも同じ。
それは命のはかなさと命の重さを同時に味わったような
苦しさで、目の前のことが現実なんだと思い知らされた
瞬間だった。

いまでもみー太がつりーを上るときにはどきどきする。
あの肺がいっこしかないんだから。心配で苦しくなる。

神様どうかみー太をお守りください。
そして少しでも長く楽しい猫生をおあたえください。
お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むううぅぅぅぅ 忙しい

2007-01-26 13:56:42 | Weblog
ただでさえ忙しいのに・・!!
家族のごたごたで裁判を
おこさいないとだめになりそう。
慰謝料請求っていうのはつらいですよね・・・
でもこれでなんとかもとさやになればと
思って家族みんなで頑張ります。

はやくゆっくりできる日がきてほしいです。
ちび 寝てばっかりだけど元気。
みー太も元気 神様ありがとう。

あるHPで人から猫のことばかりやりすぎるって
言われることがあるというのを読んで。。
わかるわかるって感じ。
私も両親から猫のことばかりがんばりすぎって
いわれる。。それでもやらずにはいられない
あまりに大切だから。。
でも他の人には理解できないのかもしれない。
言われるたびに辛かった・・

自分と同じ気持ち(理解を示してくれる)の人がいるのは
とても勇気づけられる。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おおみそか

2006-12-31 16:05:36 | Weblog
今年はいいこと悪いこと両方ともあった年でした。
でも猫のお友達にも助けられ無事に過ごせました。
皆様本当にありがとう
そして来年もいい年でありますように・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ものすごく嫌なこと

2006-12-19 11:34:25 | Weblog
最近家族内でいやなことがある。
下の弟のことだ・・・
どうしてこんな嫌なことになるんだろうってくらい
変なこと・・
両親も苦しんでいてただでさえ病気なのに
親不孝極まりない。
ストレスは父親の病気に一番悪いのに。
家族の中に心配事があってみんな苦しそう。

両親はちゃんとした子供に育てなかった自分達が悪いって
言っているけど、もう32歳になった大人のすることでは
ないよ。

自分自身もたまらない気持ちになる
苦しいなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すごい!

2006-12-17 01:50:29 | Weblog
夫が面白いものを教えてくれた。
もともとみー太の観察のために家にWebカメラを
つけていたのだけど
その画像を30秒ごとにとって動画にしているらしい
(今日私も初めて知った)
これをみるとみー太が動いている!!!!
とってもとってもうれしかった。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ねごと

2006-12-15 15:57:21 | Weblog
ちびは寝言大王
どこで寝ていても
「ぐにゅ~ぐにゅ~」と寝言をいう。

自分の寝言にびっくりして飛び起きることもある。
みー太も時々いうけどこれほど大きくない。

個猫差あるなぁ・・・

特に思うのは身体の柔らかさ・・
みー太は抱き上げてもべろーんてならない。
でもちびは抱き上げるとべろーんって手からすり抜ける
ようにして落ちてしまう。。骨がないみたい。
それに比べるとみー太はしっかりしてる。
ちびは妖怪骨なし猫・・・
この種類はそうなのか????
伸び方もパンパじゃない!

骨が無いみたい・・・病気のせいじゃないよね?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっても久しぶり

2006-12-14 12:26:11 | Weblog
最近はちびの病気が調子がいい。
輸液を増やしているのもあるし
食事k/dを良く食べる。
体重が初の3kg!!!

昨日の夜 お手手の風子ちゃんの記事や
のんぼうねこさんのページの
他の人のFIPの記事を呼んでいて
不安になってしまった。
発熱して食欲がなく・・・腹水がたまる
腹水ってレントゲンしないとわからないし
もしかして太ってるって喜んでるのが
腹水だったら・・・なんて想像して不安になって

たんなる腎不全とはいえないちびの腎不全・・
いろいろ心配でたまらない。
どうかどうか違いますように

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちびの先生

2006-11-05 03:01:41 | Weblog
ちびの先生は松山では名医だと思う。
こっちで過ごしていて驚くのは
やはり都会と田舎では動物医療は大きく
ちがうなってこと。
例えば大学を出たときにはほとんど同じレベル
だったものが(獣医学科すくないので)
自分で開業した瞬間からどんどん差が
ひらいていくように見える。
こっちでは大学病院も獣医学科も無い。
新しい治療法もあまり伝わらない・・
あくまでも獣医個人の努力が大事になる。
しかも飼い主もいろいろな人がいて
あんまり教育されてない・・・
例えば避妊手術の前に血液検査していれば
そこで大きな病気が見つかるのに
それもやらずにさっさと手術されたり。。。
飼い主の中には血液検査しなくていいという
人も結構いるのだそうな。

それで獣医さんも「血液検査しますか?」と聞く
人と何もしない人がいる。
横浜だとほとんど「したほうがいいですよ」だし
もうメニューに入っている場合が多い。

そんな中で確かに今の先生は結構名医だと思う。
最先端ではないし、装置も新しいようには見えないが
経験が豊富であと勉強してる気配がある。かなり勉強熱心だと思う。
多分人間の薬とかも使用しているのではないだろうか?

そんなに値段は高くなく適度な治療はおこなえる。
ちょっと怖いけど。

でも高度治療を望むものにとってはちょっとつらい。
あるレベル以上の難しい病気だと多分無理。
あとできるだけのことをしたい飼い主だとそこまで
無理かもしれない。
あと動物のメンタル部分をケアするようなのも無理。

バリエーションが選べないのは悲しいことで。
うーん 人間も動物も医療の地域格差 結構大きいね。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうのちび

2006-10-27 01:38:05 | Weblog
今日はあまり元気がなかったので
明日また輸液に連れて行くことにした。

一日中ベットや床でごろごろしていて
調子がいいと朝や夕方1階に
おりておねだりする。

昔まだ元気だったときは神棚に
ダッシュして飛び乗っていた。

輸液を毎日していたころは
たまに神棚にのることも
あった・・


もっと輸液をしてあげたい・・・
どなたか愛媛県松山市で
慢性腎不全で自宅輸液している
方はいらっしゃいませんか?

もしいらっしゃったら
どうゆう体制でやっているのか
教えてもらいたいです。
お願いします

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

うう かわいい!ちび

2006-10-25 14:25:42 | Weblog
megmegさんのまるえりでちびの写真を取りまくった。

小さいのに腎不全のちび・・
ちびはもともとだいと姉妹?で捨てられていた。
私の横浜の会社の敷地のよく猫があつまるところに
捨てられていた。生後すぐでまだへそのをも
ついていた。バスタオルの上に置かれていて
暖かい時期8月1日だったのでまだ生きていた。

その日は会社が休日(夏休み)で私は臨時出勤だった。
会社の敷地内は従業員と業者さんしか入れないので
多分社員の誰かがわざと捨てたものだと思われる・・・
休日でなければ人も多いので捨てれない。ひどい。

ものすごく拾うのをためらった。どうしよう・・・
もう猫がいるのに・・ワクチンしてないし・・
もし病気が移ったら・・育てられる???
でも拾わないと死んでしまう!!
なぜかとっさに拾っていた。

毎日会社を休んでミルクをあげて。
夫と交代で休みまくって・・(涙)
何度も病院に通ったのに生後2週間でだいが死んでしまい。。
とても悲しかった。
葬儀場にちびを布でくるんで抱き
ミルクをあげながらだいの葬儀に立ち会った。
せっかく助けた命だからちびだけは幸せに
なってほしいと思って。

その後だいの骨とちびを実家につれていった。
実家は松山・・家は一軒家だし マンションで
みー太と暮らすより楽しいだろうと思った。

実際に私の弟は大の猫好き。ものすごくかわいがっている。
いつも弟の部屋ですごし 寝るときは母のベット。
食事も腎不全用食だけどほんのすこしみんなのおすそわけ
を食事時にもらう。みゃー うれしそう

確かに腎不全なのはつらいけど・・・でも家族から愛され
なんとか病気とも付き合っている。
一日でも長く幸せに生きてほしい。
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

megmegさんありがとう

2006-10-09 02:15:18 | Weblog
かわいい丸襟が届いた!
早速試着 でもかわいい写真にならない

すぐぷいって嫌がる
明日またトライするぞー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加