雑文の旅

猫爺の長編小説、短編小説、掌編小説、随筆、日記の投稿用ブログ

猫爺の才能なし俳句「児童公園」

2017-07-26 | 日記
    ◇炎天や 熱き遊具へ 蝉しぐれ

 炎天下、近所の歯科クリニックへ治療に行ってきた。歳をとると、若い頃と同じように「チョイ チョイ」と適当に磨いていたらダメである。歯の表面のエナメル質が薄くなっているのか、傷ついているのか、次々と「虫歯になりかかっている」と、削って治療される。例え何もなくしも、ピッピッピッと歯科衛生師さんに「電波治療器」の電極を数分当てられて、次に別室で医師のレーザー治療を受ける。その素早いこと、二度ばかり「じじ」と照射されて一秒程度で終わる。
 炎天下を「ヨボヨボ」と歩いて途中、児童公園内を近回りするのだが、暑さの所為で遊具際でフラつき鉄製の遊具を掴んだ。火傷をする程ではないにしろ、「アチッ」と小さく呟いてしまった。それへ指して、暑苦しい蝉しぐれが「爺、爺、爺」と、囃子立てる。おまけに高木の枝でカラスが「バーカ」
 「喧しいやい。ゴキブリホイホイを棹の先に取り付けて、くっ付けるぞ」と、手を振り上げると鳩が慰めに来てくれた。「あっ、違った」手を上げたから、餌を撒いてくれるのかと思ったらしい。「どついたろか、あっちへ行け!」
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫爺の才能なし俳句「夏の雨」 | トップ | 猫爺の才能なし俳句「暑気払い」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む