雑文の旅

猫爺の長編小説、短編小説、掌編小説、随筆、日記の投稿用ブログ

猫爺の才能なし俳句「梅雨の晴れ間」

2017-06-28 | 日記
   ◇放課後の 梅雨の晴れ間や 忘れ傘◇

 先週のプレバトのテーマは、「学校の傘立てにさされた雨傘の写真を見て一句」だつた。猫爺も勉強のために一句。
 午前中から午後にかけて降り続いた雨があがり、児童が帰るころには薄陽がさした。そして校内が静まり返るころに傘立てを見ると、数本の笠が忘れられていた。そんな想像をした一句がこれ。情景がつまらないのが才能なしの所以。

   ◇蝶々が 来ることもなく カボチャ花◇

 料理に使ったカボチャの種を、悪戯で蒔いてみた。太い茎が伸び、大きな葉の間から、黄色い花がたくさん咲いている。注意深く眺めていると、雄花ばかりなのに気付いた。たった一つだに雌花がないのだ。これは、日照時間が短い所為なのか、それとも食用に改良されたものは、雌花を付けなくなっているのか。私はただ首を傾げるだけである。

   ◇深緑に 騒ぐカラスの 七つの子◇

 カラスの鳴き声は、日本の場合は文字で書くと「カアカア」であるが、「グワア、グワア」と濁声あり、優し気に「カーカー」と二声めを二音ほどあげる鳴き声ありと、実に個性的である。そのなかにあって、子供のカラスが親を呼んでいると思われるその幼気な声は、実に不安そうに聞こえる。一か所で散々鳴き散らした後で、親に導かれてであろう一斉に遠ざかっていく。小さな台風一過である。もちろん、七つの子は想像である。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫爺の才能なし俳句「梅雨」 | トップ | 猫爺の才能なし俳句「梅雨明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事