ねこのてのひら

※注意書き※
・ねこのてのひらはプニプニです。
・用法・用量を守ってお使いください。

ルイの糖尿病日記(28)

2016年10月11日 16時13分25秒 | 日記
いつものことですが、先週末の定期検診も雨男のルイのおかげで、豪雨のなかで走らされた美乃吉ですよ、ハイ

このところ低血糖やら高血糖やらで、まるで世界相場のように激しく乱高下していたルイの血糖値ですが、ここにきてようやく落ち着いてきたようです。

一時は落ちてしまった体重も、5.34kgとやや増量。

先生も「新しい薬が体になじんできたようですね」と安心した様子でした。

とは言え、まだまだ適量が定まらず、思うような数値まで血糖値を下げることが出来てはいません。

いま現在、正常値100くらいの血糖値が、はるか上の300~400のあたりをうろうろしていますが、体調が不安定になってさんざん低血糖を繰り返した直後だけに、少しずつ様子を見ながら調整中です。

ま、先週は600を軽~く超えてたんですから、これくらいで上出来だと思わなければ…。

体調を不安定にさせていた原因でもある鼻炎は、完治したのかと思うくらいにほぼ治まってきたので、今週から飲み薬はナシになりました。

ただ、朝イチで行った検診の直後、家に帰って身づくろいをしていたルイが、突如血だまりができるほどの大量出血をするという騒ぎが発生

どうやら後ろ足の爪が気になったのか、自分でかじりながら引っ張ったらしく、半分抜けかかってしまったようです。

そういえば、先々週くらいにも、前足の爪で同じことをやっちゃってたのを思い出しました。

今回はさすがに出血量がハンパなかったので、お昼の検診でさっそく見てもらい、塗り薬をいただくハメに…

本来は出たり引っ込んだりするはずの猫の爪ですが、ルイのように高齢になってくると、爪も変形したり分厚くなってくることで、引っ込まなくなってくるそうです。

そうやって引っかけやすい状態になってくると、やっぱり知らず知らずのうちに怪我をしたりもするのですよね…。

これからは、もうちょっと気を付けてあげないといけないな…。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新たな出会い…? | トップ | 伽羅の肝炎日記(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。