ねこのてのひら

※注意書き※
・ねこのてのひらはプニプニです。
・用法・用量を守ってお使いください。

病はつづくよどこまでも…(。-`ω-)。。。

2016年12月20日 15時13分30秒 | 日記
昨日の夕方、定時で仕事を終えて帰り支度をしていると、そのタイミングを待っていたかのように、母ちゃまからの着信がありました。

過去の経験上、こういう時は何か悪いことが起こった時の知らせであることが多いので、ちょっと身構えました。

電話に出ると、「あんたねぇ、今日は買い物しなくていいから、早く帰ってきた方がいいよ?」と母ちゃま。

「何で?」と聞くと、「なんかねぇ…。伽羅がおかしいのよ」という、予感的中な答えが返ってきました。

「死んじゃったの?」

「死んではいないけど…。なんか悶えてるっていうか…。ばったんばったん転げまわってるんだけど…。なんか動けないみたいでよくわかんない」

「・・・・・・?」

バタバタ転げまわってるのに動けないって、どういうこと…?

母ちゃまの説明ではサッパリよくわからないので、ひとまず超特急で家に帰ることにしました。
(もちろん、安全運転で)



家に着き、玄関で待ち構えていた母ちゃまと話をしていると、2階から伽羅の「にゃ~~~」という大きな声が聞こえてきました。

母ちゃまが言うには、2階に上がったきり下りてこれないそうなので見に行くと、体を不自然な体勢にひねった状態の伽羅が、首だけ持ち上げて「にゃ~にゃ~」鳴いていました。

どうやら首から下が動かないらしいということは、ひと目でわかりました。

のんびり様子見してていい状態ではないことは明らかなので、すぐさま病院へ連れて行きました。

先生が全身をくまなく触って観察すると、動かないのはどうやら両方の前足で、特に右足のほうがより強く症状が出ているとの事でした。

とりあえず血液検査で、全身の状態をざっと観察してみることになりました。



肝機能の数値はいつもどおり高いままですが、それ以外にも飛びぬけて高い数値の項目がひとつありました。

「CPK」という、筋肉の外傷や中枢神経に損傷を受けた時に、より数値が高くなる項目です。
(正常値100~300程度が、伽羅は2500を超えてます)

交通事故に遭ったりすると、この数値の上昇が顕著にみられるそうです。

先生から「どこか高い場所から落ちたりしましたか?」と聞かれましたが、家で母ちゃまと話した時には、そんな話はちっとも出ませんでした。

念のためレントゲンも撮ってみましたが、全身どこにも骨折などの形跡は見られません。

そうなると考えられるのは…。

『脳疾患』の可能性、、、とのこと。

実は、美乃吉も病院に連れて行く前に母ちゃまと、「もしかして脳梗塞だったりして…」なんて話はしてたんですよね…(。-`ω-)。。。

とりあえず3日間、集中的にステロイド等も使いながら点滴をすることになりました。

そしてその結果、症状に改善が見られるかどうかで、今後の治療方針を考えていくそうです。



というわけで、ルイの形見となった在庫オムツが予想外に再登板です。

麻痺の症状が出ているのが後ろ足だけなら、まだハイハイして移動もできるんでしょうが、伽羅の場合は両前足なので、自力ではもうまったく起き上がれない状態です。

かろうじて動く後ろ足で、コロンコロンと左右に寝返りをうつ程度のことしかできません。

ご飯もお水も付きっきりでないと摂れないので、しばらくは24時間介護になりそうです。

まぁ介護なんて言いながらも、実際には人間の赤ちゃんを育てているような気分になってしまうのは、サイズ的な理由からでしょうか。

病状の深刻さに悲壮感を感じるよりも、むしろ「かわいい、かわいい」と愛しく感じてしまいます。

とは言え、意識はしっかりとある状態なので、何かあれば鳴いて要求はするんですが、なんせ猫と人間、言葉が通じないのでなかなか分かってあげられないのがもどかしいです。

母ちゃまは「これじゃホントに『老々介護』だわ」と言ってましたが、これからの長い道のり、より快適に過ごせるよう頑張ってあげなくては。。。






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一難去ってまた一難… | トップ | 伽羅の肝炎&脳卒中日記(12) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。