ねこのてのひら

※注意書き※
・ねこのてのひらはプニプニです。
・用法・用量を守ってお使いください。

伽羅の肝炎&糖尿病日記(6)

2016年10月17日 17時21分21秒 | 日記
昨日は伽羅にとって、糖尿病の合併症が間違いないかどうかが判明する、運命の日でした。

前夜からの巧妙(?)な作戦により、採血までの絶食問題も何とかクリアし、気づけばあっという間に病院前へ到着~

前カゴに伽羅(約5kg)、後ろカゴにルイ(約6kg)を乗せ、もうスリル満点の過積載サイクリングですY…



ま、そんな話はさておき、伽羅の血糖値をいざ測定

もちろん、結果は予想通りの展開です。

隣室から、結果が出たことを知らせる測定器の「ピピッ!」という電子音が聞こえたと思ったら、先生が診察室の扉を細~く開けた隙間から顔だけ出して、こう言いました。

「302(←血糖値)でした。間違いなく糖尿病ですから、インスリン打ちますね」


はいはい、わかってましたよ。トホホのホ…



こうして伽羅も、ルイと仲良く糖尿病ライフのはじまりですY

使う薬剤は同じですが、これからは注射器の消費量が2倍になります。

美乃吉が残業の時などは、母ちゃまが代わりに打つことになるので、いつも出勤前に夜の分まで美乃吉がインスリンの量をはかって注射器をセットしておくんですが、必要な薬の量はそれぞれ違います。

万が一逆に打ってしまった場合、最悪低血糖で死なせてしまうこともあります。

なのでこれからは、今まで以上に気をつけないといけません。

とりあえずは、取り違えたりしないよう、袋にしつこいくらいに名前を書いて、厳重保管です。

ただでさえ大雑把でいい加減な母ちゃまは、手元だけならまだしも、年のせいで目まであやしいので、絶対に間違えてもらっちゃ困るんですよ…。

てか、まじ大丈夫かなぁ…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波乱の夜明けになりそな予感…... | トップ | ルイの糖尿病日記(29) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。