ねこのてのひら

※注意書き※
・ねこのてのひらはプニプニです。
・用法・用量を守ってお使いください。

伽羅の肝炎日記(5)

2016年10月12日 15時21分34秒 | 日記
土曜日はルイの夕方の検診時に、伽羅もついでに診てもらっちゃいました

体重は4.88kgで変動なし。

実は美乃吉、その時点でちょっと嫌な予感がしたのですよ…。

だって、この2週間ものすごく食べていたので、増えてないなんてありえないはずなんです。

少なくとも5kgは超えているだろうと思っていたのに、それがちっとも増えてないなんて…

それともう一つ、ここ最近の様子で心配なこともありました。

伽羅のお水を飲む量と、オシッコの量が、尋常じゃないくらいに増えていることです。

インスリンの効きが不安定だったルイが、高血糖で多飲多尿の症状が出ているのと同じくらいか、むしろそれ以上の量なので、前回の検診でも先生にチラッと相談してました。

けれど、その時点での血糖値は140前後で、肝臓以外の他の数値には特に異常はなかったので、「あ、糖尿病じゃなかったんだ…」「そっか、腎臓は平気なんだ…」と、逆に拍子抜けしたくらいでした。

だからもしかしたら、ステロイドを飲んでいるからお水を飲む量が増えているのかなぁ…なんて。

けれど、今回の検査ではそうじゃありませんでした。



血糖値の数値が、ルイとほとんど変わりません

先生もあまりにも短期間での急変なので、ちょっと驚いてました。

ただ、肝臓が悪いと、合併症で糖尿病を併発することは、そう珍しくはないらしいです。



とりあえずは、今の高血糖が一時的なものなのかどうかを判別するため、今週1週間はステロイドの服用をやめて、フードも糖尿病用の療法食に切り替えることになりました。

そうして血糖値を上げるあらゆる要素を排除したうえで、今週末に朝イチで、再検査をしてみることになりました。

そこでまた空腹時血糖が高いようなら、その時点で伽羅にもインスリン投与をすることになるそうです。

まぁ診断を待つまでもなく、美乃吉の中では、伽羅はすでに糖尿病確定なんですけどね

ステロイドを切って、m/dを食べはじめてからのこの数日間を見ていても、多飲多尿の症状はひどくなるばかりです。

今から3年以上も前、まだルイが糖尿病だとはわからなかった頃、お水ばかり飲んで薄いオシッコを大量にしていたルイの姿に、そっくりですから。

猫も年をとると、こうして持病の数が増えていくんですねぇ…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルイの糖尿病日記(28) | トップ | 波乱の夜明けになりそな予感…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。