猫に寄せて

米国カリフォルニア州/フロリダ州/ニューヨーク州と移動を続けてきた動物中心一家、E家の生活記録。

ルーたんの和名

2017-04-29 10:29:18 | NY田舎生活
朝から曇り空の続いているNY州中部。


昨晩遅くに旦那のE君が出稼ぎ先から戻ったので、今朝はゆっくりさせてもらっています。


ところで、昨秋から続けていた娯楽施設での仕事ですが、シーズン中も週末だけ働きたいと思い頑張っていました。


しかし、シーズンも間近になったころから体力の限界を感じ、三週間前に辞表を提出。


今日のナイトシフトが最後となります。


そのため、今日の日記は早めの更新。


そして今日の話題はルーたんです。



家の子たちにはそれぞれに和名がついています。

それぞれの由来について書いた日記は後日リンク予定です。


で、

Kちゃんには「木の下K子」
エイジアさんは「上腹えいじぁ」
王子は「渡寅次郎」
ドゥさんは「藪用子」


これまでルーたんの和名について触れたことはなかったのですが、ルーたんにもあります。


その名も...


さかいのりこ


漢字で「境 乗子」と書きます。



その理由は...


屋内でクールダウンするときに...


(フロリダの私のPC部屋)


なぜかいつも....



(玄関前)


タイルとカーペットの境に...


(ポーチの扉前)


乗っかって休むので....


境 乗子となずけました。



あいにくNYに引越してからは、床が木製なのでそんな姿を写真に収めることができないのですが、いつか床をリノベーションした時にはルーたんが「境 乗子」でいられるような床にしてあげたいと思っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっという間に過ぎた金曜日 | トップ | 日曜日の犬猫散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。