越川芳明のカフェ・ノマド

世界と日本のボーダー文化

6月10日(土)のつぶやき

2017年06月11日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月28日(日)のつぶやき

2017年05月29日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月13日(土)のつぶやき

2017年05月14日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月11日(木)のつぶやき

2017年05月12日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月9日(火)のつぶやき

2017年05月10日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評 西村賢太『芝公園六角堂跡』  

2017年05月09日 | 書評

 

落伍者の流儀  西村賢太『芝公園六角堂跡』  

越川芳明

 

 「落伍者には、落伍者の流儀がある。結句は、行動するより他に取るべき方途はないのである」(72)

 作家が自虐のユーモアを込めて「低能の中卒」(178-79)と称する主人公は、あれこれ悩んだ末に、そう覚悟する。

 表題作「芝公園六角堂跡」から始まり、「終われなかった夜の彼方で」「深更の巡礼」「十二月に泣く」と続く連作集だ。時間的には2015年の、2月から12月までの1年間を扱い、等身大の主人公に仮託して、作家自身の内面を掘り下げる。

 テーマと文体の両面から見ていこう。

 まずは「初心にかえる」という全四作を貫くテーマから。北町貫太は、いま48歳にならんとしている。29歳のとき以来、私小説作家の藤澤清造(ともに旧字体)の「歿後弟子」を自称し、藤澤の作品を唯一の心の支えにして生きてきた。だが、最近は、そのことを忘れがちになっているようだ。

 ちなみに、芥川龍之介の『或阿呆の一生』の中に、次のような一節がある。

「彼はこの画家の中に誰も知らない彼を発見した。のみならず彼自身も知らずにいた彼の魂を発見した」と。

 「或る阿呆の一生」の主人公と画家の関係は、北町貫太と藤澤清造の関係にそっくり当てはまる。なぜなら、人生の「落伍者」であるのを自覚している北町貫太にとって、藤澤の作品こそが「救いの神」(59)であり、「泉下のその人に認めてもらう為だけに書く意慾」(54)を持ってきたからだ。誰も知らない藤澤の素晴らしさを「発見」して以来、所詮、「死者への虚しいーーあくまでも虚しい押しかけ師事に他ならない」(180)と知りつつ、能登の菩提寺で師匠の月命日の供養を欠かさず続けてきた。

 そんな「落伍者」が、あろうことか、数年前に、最高に栄えある文学賞を受賞。それにより一気に「虚名」があがり、テレビ出演のアルバイトも舞い込むようになる。少年時代にひたすら憧れていた有名歌手とも、親しい付き合いをしてもらえるようになる。

 だが、北町貫太は、何かがおかしいぞ、と自覚する。「自身の出発点たる思いの意識がいつか薄いものになってゆき、頭の片隅ではその不手際を認識しつつも、立ち止まって、つくづく省みるまでには至っていなかったのだ」(79)

 要するに、「何んの為に書いているかと云う、肝心の根本的な部分を見失っていた」(70)と気づき、「野暮な初一念に戻」る(179)決心をくだすのである。

 法哲学者の土屋恵一郎によれば、「初心忘れるべからず」という名言を日本人で最初に吐いたのは、能役者の世阿弥だという(『世阿弥の言葉』)。その意味は、現代とは少し違っていて、世阿弥は私たちが生涯において三度、「初心にかえる」必要性と向き合わねばならないと説いた。私たちは青年期、中年期、老年期にそれぞれに異なる身体的、精神的な課題を突きつけられるからだ。

 土屋は青年期の「初心」について、『風姿花伝』の言葉を引く。

「ただ、人ごとに、この時分の花に迷いて、やがて花の失するをも知らず。初心と申すはこのころの事なり」(新人であることの珍しさによる人気など、すぐに消えてしまうのに、それも知らないで、いい気になっていることほど、愚かなことはない)(『世阿弥の言葉』112)

 「新しさはいつでも次の新しさに取って代わられる。新しさゆえに注目を集める時は、「初心」の時である」(113)。土屋はそう解説し、続いて中年期、老年期の「初心」について述べるのだが、ここでは割愛する。

 北町貫太は、芝公園のホテルの一角で開かれた人気歌手のライブに「ご招待」される。世間的に見れば、作家先生として順風満帆である。だが、会場に着いて、なぜか彼は近くの公園の方には背を向けている。そこは、かつて敬愛する作家が野垂れ死にした場所であり、見て見ぬふりをしているのだ。

 年齢的には中年期に達しているが、作家としてはまだ「新人」の部類にすぎない。いっときだけの珍しさで花を咲かせても仕方がない。北町貫太はそのことに気づくのだ。

「やはり無意味な交遊、華やかな思いなぞは遠慮なく壊してでも、彼は野暮な初一念に戻りたいのである」(179)。

 西村賢太の文体についても触れておきたい。確かに、偽悪的で自虐的な語り口が目立つ。「彼は所詮、わけの分からぬ五流のゴキブリ作家なのだ。/何しろ性犯罪者の倅(ルビ:せがれ)である。おまけに人並みの努力は何一つできなかった、学歴社会の真の落伍者である上、正規の職歴も持たぬ怠惰な無用の長物である」(70)。

 だが、この調子で突き進むと思いきや、たくさんの異名を有するポルトガルの詩人フェルナンド・ペソアばりの「多重人格」ぶりを発揮するのである。

 例えば、作家は愚者であり賢者でもあるような両義的なキャラクターとして北町貫太を創造する。性格が病的に誇り高い一方、根の稟性(ひんせい)がかなり下劣であるとか、傲然と行動するくせに根が気弱な後悔体質でできていているとか、陰気な一方、根が目に余る調子こきにもできているとか・・・。そのように、たった一人の北町貫太の中にたくさんの周縁に追いやられた「他者」の声をそそぎ込み、それを文体に反映させる。「私小説」でありながら、ラディカルで斬新な印象を受けるのは、そのせいだ。

 言い換えれば、それは「演技者」としての自覚とも結びつく。北町貫太は、複数の人間を演じる謎の存在なのだ。「五十年前の田舎者」のような、みすぼらしい「ユニフォーム」を身にまとっているが、ただの汚い身なりの浮浪者ではない。田中英光、藤澤清造、川崎長太郎らの、私叔する「私小説書き」たちの心意気に倣いつつ、作品に登場する主人公のダサいイメージを壊さないように、わざと「ダメ人間」を演じているのだ。

 かくして、作家は次なる「初心」のときが来るまで、「私小説」という形式をこの作家でしかできない仕方で鍛え直す。まるでかつてのヒット曲を、声の出し方を工夫して歌い続ける有名歌手のように。それが「落伍者の流儀」なのだ。(了)

 (『新潮』2017年6月号、pp.248-249)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月8日(月)のつぶやき

2017年05月09日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月6日(土)のつぶやき

2017年05月07日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月3日(水)のつぶやき

2017年05月04日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)のつぶやき

2017年04月30日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学式祝辞

2017年04月18日 | ババラウォ日記

 

二〇一七年度明治大学付属中野中学校・高等学校入学式 

祝辞

明治大学学長の土屋恵一郎に代わりまして、祝辞を述べさせていただきます。

新入生の皆さん、ご入学おめでとう。

本校は明治大学の付属校であり、「質実剛毅」「協同自治」を校訓とする学び舎です。学園の合言葉として掲げられている教育方針は、「みんなで、仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力しよう」という標語です。

この「みんなで、仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力しよう」という標語は、平易な表現でありながら、実は深い意味が宿っている気がします。「みんなで 仲良く」という一語をとってみても、イギリスのEUからの離脱、ヨーロッパにおける極右政党の台頭、米国では「アメリカファースト」を掲げるトランプ大統領の登場など、世界は自国優先主義、自民族優先主義に走ろうとしています。そういう意味で、「他者」を思いやる心を大事にする、この「みんなで 仲良く」というのは、いまこそ、とても価値ある言葉だと思います。

さて、私は十年ほど前に、アメリカとメキシコの国境地帯を放浪しておりました。一九九四年に北米のカナダ、米国、メキシコの三カ国で結ばれた「北米自由貿易協定(NAFTA)」が、国家や企業ではなく、当地の貧困地区やスラムに暮らす低所得者の家族や難民たちに何をもたらしたのかをこの目で見たかったからです。マフィアの暗躍、ドラッグトラフィキングという麻薬の輸送、貧しい家庭の女性への暴力や大量殺人事件、政治家や企業人や警察の腐敗、多国籍企業による労働搾取など、この世界の吹き溜まりのような場所でした。しかし、これは日本とは縁のない、遠い世界の出来事のようでありながら、実はグローバル経済の仕組み中で、日本にも直接的に関係している世界なのです。そこに工場を持つ日本のメーカーのみならず、私たち、日本に暮らす消費者もそうした工場で作られた安い製品や商品を買うという行為によって、知らないうちに世界経済システムの「強者」になっている可能性があるのです。まるで野生のジャングルのように、強い者が容赦なく弱い者を食い殺すような、そんな野蛮な世界だからこそ、本校の教育方針である「みんなで、仲良く」は意味を持ってくると思います。

皆さんは、将来、日本社会のリーダーとして活躍される人材です。実際にリーダーになられた暁には、本校の精神的なモットーである「みんなで、仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力しよう」を思い出していただき、世界の中で「弱者」の立場に立って物事を考えてくれる人になってほしいと思います。

 このような素晴らしい校訓を掲げた学び舎が、皆さんの将来の「母校」となるわけです。いま私は「母校」という言葉を使いましたが、なぜ「出身校」を表す学び舎が「母」であって、「父」でないのでしょうか? 

西洋でも、「母校」という言い方はあります。英語圏では「アルマ・メイタ―alma mater」といいます。その語源は、ラテン語の「アルマ・マーター」だそうです、アルマというのは「栄養を与える/養う」という意味で、マーターは、「母」という意味です。親しみをこめて言えば、マーターとは、「おふくろ」であり「おっかさん」です。

 ですから、「アルマ・マーター」を私なりに日本語に意訳してみると、「青少年時代の私たちを育てる母(おふくろ、おっかさん)」です。いま、会場には皆さんをこれまで育ててくださった本物の「お母さん」が大勢いらっしゃっていますが、これからは、明大中野中学校と高校がみなさんのもう一人の「母(おふくろ、おっかさん)」になります。

「アルマ・マーター」とは、人間の精神形成に大きな影響を及ぼす出身校のことです。あるいは、建学の精神を歌詞に落とし込んだ「校歌」も意味するようです。ですから、皆さん、校歌を覚え、大きな声で歌いましょう。いまはわかりませんが、将来、皆さんが大人になったときに、明大中野が「母校」でよかったと、皆さんの精神的な土台を築いてくれたこのもう一つの「母(おふくろ、おっかさん)」に感謝することになるでしょう。

ですが、言うまでもなく「母校」とは、卒業して初めて使えることばです。卒業するまでは、きょうから一日一日を大切にして過ごしてください。私はあるとき、都内の真言宗豊山派のある寺院を訪れたのですが、その正面の壁にこういう箴言(格言)が掲げられていました。「一日を粗末に過ごす。毎日毎日を粗末に過ごす。一生を粗末に過ごすことに通じる」。そう書いてあったのです。

中学生の皆さんはご存知ないかもしれませんが、「カルぺ・ディエム」というラテン語の箴言があります。紀元前一世紀ごろ、古代ローマの詩人ホラティウスの言葉です。「カルぺ・ディエム」とは、平たく言えば、「いまを生きろ」です。

テレビでおなじみの、予備校講師の林修(はやし・おさむ)さんが以前、「いつやるの?いまでしょ」という言葉を流行らせましたね。「いつやるの? いまでしょ」という流行語は、彼のオリジナルではありません。その語の由来は、古代ローマのホラティウスの「カルぺ・ディエム」です。頭のいい林さんは、それを現代ふうの日本語にうまく言い換えたのです。

「一日を粗末に過ごすな」といい、「カルペ・ディエム」といい、「いまでしょ」といい、これらは皆、同じことを言っています。スポーツでも勉強でも大きな目標を立てて、その目標の日から逆算して、じゃあ、今日何をやらなきゃいけないかを自分で考え、実行することにしましょう。そうすれば、「一日を充実して過ごすことができます」。そういう趣旨の標語です。

私たちの生命は有限です。いつか死にます。魂は永遠かもしれませんが、肉体の死の訪れは、確実にやってきます。六十年後か八十年後かもしれませんが、ひょっとしたら明日かもしれません。自分自身の「死」を自覚したとき、「カルぺ・ディエム」という言葉は意味を持ってきます。皆さんも私も墓場に行くまでは、「いまを生きる」を実行することにいたしましょう。

と同時に、ときには墓場に眠る死者たちにも思いを寄せることをお勧めます。皆さんは突然変異でこの世に生まれたのではなく、お父さんお母さんの、さらにお父さんお母さん、さらに、辿れないかもしれませんが、ご先祖のDNA(遺伝子)のリレーでこの世に生きているわけで、そういう意味では、死者は私たちの中に生きている、私たちは死者と共に生きていると言えます。死者に思いを寄せることで、自分の生の意味を再確認することができます。

私の友人で作家の高橋源一郎がすこし前に新聞で、こう言っていました。「健全な社会とは、過去を忘れず、弱者や死者の息吹を感じながら、慎(つつ)ましく、未来へ進んでゆくものではないのはないのか」と。私は高橋さんの「弱者や死者の息吹を感じながら」という点に、深く共感を覚えます。本校の標語で、皆さんが「みんな 仲良く」と述べるときに、「弱者」や「死者」を含めてくださるとうれしく思います。

結びにあたりまして、明治大学付属中野中学校・高等学校の益々のご発展と、中学校二百四十九名、高等学校四百十三名の新入生の皆さんが、この明治大学付属中野中学校・高等学校の生徒としての誇りを胸に、大いに活躍されることを祈念いたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

本日は、新入生の皆さん、本当におめでとうございます。

 平成二十九年四月五日 明治大学副学長 越川芳明

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評 四方田犬彦『署名はカリガリーー大正時代の映画と前衛主義』  

2017年04月11日 | 書評

 

ハイブリッドな工夫を凝らした啓蒙書 

四方田犬彦『署名はカリガリーー大正時代の映画と前衛主義』

越川芳明

大正期(1910年代ー20年代)に日本に現れた、映画と演劇をシンクロさせて上演する独特なスペクタル形式を「連鎖劇」と呼ぶが、本書は、複数のテクストを機能的にハイブリッドした一種の「連鎖劇」だ。  

例によって「四方田節」としか名付けようのない、個人的な視座に立った饒舌で軽快な語りに導かれてページを括っているうちに、私たちはジェットコースータに乗ったかのように、めくるめく別世界へと旅している。  

そうした語りの方法を、著者自身は「迂回のエクリチュール」と告白している。何のことはない、本書自体がポストモダンの「メタフィクション(入れ子細工)」の実践の書だと思えばよい。  

とはいえ、難解な研究書ではない。大正期の日本に異常発生した前衛芸術(映画と文学)を題材にしていて、作家周辺のゴシップネタを挟むなど、一流の芸人顔負けのサーヴィス精神が旺盛だ。  

例えば、一風変わった芸術家肌の女子大生に導かれて、谷崎潤一郎の『痴人の愛』のモデルと思しき老女と会うくだりはワクワクする。「和嶋せい」という名の、この女性は谷崎の妻千代の実妹であり、一時は愛人として作家と同棲もしていただけでなく、日本映画草創期の「女優」(葉山三千子)でもあったという。これだけでも、読者が思わず身を乗り出す「物語」でないだろうか。 

全編は三部からなり、奇しくも十九世紀末生まれの、四人の小説家や映画監督(谷崎潤一郎、大泉黒石、溝口健二、衣笠貞之助)が俎上にあげられている。文章の端々に偶像破壊の意図が見え隠れする。従来の固定的な作家/監督像を打ち壊し、もう一つの作家/監督像を提示しようとする強い意思に貫かれているのだ。  

例えば、王朝文学の旗手の谷崎は、ドイツ表現主義の映画に魅せられた野心的な映画人として、あるいは、ぐうたらな浮浪者を主人公にした初期チャップリンの反市民的な映画に魅せられた映画人として、読者の前に立ち現れてくる。身分違いの恋の破滅や女性を社会主義的なリアリズムで描くことに定評がある溝口健二は、実験精神に満ちた映画人として浮かびあがる。  

いうまでもなく、ドイツ表現主義の傑作『カリガリ博士』は、夢遊病者を扱い、人間の「不安」や「恐怖」や「悪夢」の表象ーーデフォルメされて歪んだ舞台装置、黒白の衣装や化粧ーーが散りばめられている。この作品に代表されるアヴァンギャルドな作品を生み出した美学運動は、文学、音楽、絵画のみならず、様々な分野にも及んだが、著者によれば、新しいモノ好きの大正モダニスト映画人もいち早くそれに呼応したという。  

本書の白眉は、四人の作家や監督の残した前衛的な作品についての丹念な分析にある。それぞれ、「『人面疽』を読む」、「『血と霊』を読む」、「『狂った一頁』を観る」と題されているセクションがそれだ。内外の先行研究はもちろん、当時の映画評の類の小さな文献まで渉猟して、比較検討しながら結論を導き出す。ここは映画研究者の見本である。  

『人面疽』は谷崎の幻の映画の原作。怪奇小説の様相を帯びた、「ホフマンやポーに耽溺する悪魔主義的な心身小説家」の前衛作品だ。人面疽というのは、聞き慣れない言葉だが、「人間の腹部や膝に人間の顔に酷似した不気味な腫瘍が生じ、モノを言ったり、寄生主に向かって要求をするという病気」だそうだ。もちろん、これは架空の病気だが、そうした病気に取り憑かれた初期の谷崎のゴシックな想像力は、ただの倒錯的なフェティシズムではなく、秩序転覆の「政治性」も帯びていたに違いない。  

大泉黒石は、ロシア人の父と日本人の母との間に生まれた混血作家。孤児としての流謫の生を送った。著者は、長崎の「支那人」居留地を舞台にした犯罪小説『血と霊』を取りあげ、作家の異邦人としての周縁性に焦点を当て、「のがれがたき宿命への洞察とそれを語ろうとする黒石の情熱は・・・ホフマンには、とうてい及びもつかないものであった」と、高く評価する。

とりわけ秀逸なのは、衣笠貞之助による実験映画『狂った一頁』の分析だ。この作品は、精神病院を舞台にしたものだが、「監禁と隠蔽を旨とする近代社会への異議申し立て」であり、すぐれた「近代批判の芸術テクスト」として絶賛される。  

著者は、一瞬のきらめきを放つ前衛芸術の宿命を重々承知している。だが、それでも「挫折を余儀なくされた、前衛芸術の試みが万が一成功していたら・・・」といったSF的な想像へと読者を誘う。有り得たかもしれない作家の生(仮想世界)に思いを馳せながら、不朽の名作ではなく、一瞬のきらめきを放った作品に焦点を当てて、蕾から花を咲かせるのだ。本書の最大の功績は、僕のような一般読者に、谷崎の『人面疽』や、溝口/大泉の『血と霊』や、衣笠の『狂った一頁』といった、「小さな巨人」たちの魅力を知らしめたことだろう。そういう意味で、すぐれた啓蒙の書と言わなければならない。

(『図書新聞』2017年4月15日号、1面)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月10日(月)のつぶやき

2017年04月11日 | ババラウォ日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評 柴崎友香『かわうそ堀怪談見習い』

2017年04月09日 | 書評

「死者の世界」を覗き込む  柴崎友香『かわうそ堀怪談見習い』

越川芳明  

エドガー・アラン・ポーの「黒猫」や「告げ口心臓」などがいい例だが、怪奇小説やゴシック小説の中には、霊感の強い、「信頼できない語り手」が登場するものがある。真実なのか、それともただの語り手の妄想なのかはっきり判別できない物語を提示することによって、作者は語り手の不安や恐怖を読者にも共通体験させようとするのだ。  

だが、「怪談(見習い)」を冠した本作の場合、語り手の「わたし」(谷崎友希=小説家)は、信頼できそうな語り手だ。「感情が乱高下するようなことは、日常生活でも、小説の書き方でも得意ではない」とか、恋愛も怪談も向いていない、と告白する。  

そういうわけで、語り手(=作者)は入れ子構造(伝聞形式)の語りを採用することになる。賢明にも、自分より霊感の強い人たちの言葉を「引用」するのだ。  

とはいえ、「わたし」自身も、通常「超常現象」と言われる事象に対して鋭い感性がないわけではない。中二の時に、友達と一緒に侵入した謎のマンションで目に見えない存在に気づいてから、「それまで暮らしていた世界と、別の世界との隙間みたいなところに」生きるようになったからだ。   

「隙間みたいなところ」とは、わたしたち生者が死者と出会うトポスに他ならない。「わたし」は現世を死者の視線で見ることができるので、「超常現象」に対しても、不安や恐怖を感じることなく、平静でいられるのだ。  

かくして、「隙間みたいなところ」ばかりが出てくるが、それは幽霊屋敷のようなおどろおどろしい場所ではなく、街の古本屋だったり公園だったり、漁村の古い家だったり都会の真ん中の奥まった路地だったり、ワケあり物件のアパートだったりビジネスホテルだったり、大阪環状線の電車の中だったり・・・。要するに、わたしたちにとって、身近な生活空間の中の「ちょっと違った世界」なのだ。  

それぞれが短い、数多くの物語の中で、「桜と宴」と題された作品は秀逸。「わたし」は、友人のたまみに誘われて商店街の桜見に出かけていく。そこで、ある会社員の若い女性に紹介され、彼女の「幽霊話」を聞く。彼女は中二の頃にいじめに遭い、安らぐ場所がないまま、環状線の電車に乗って過ごす。すると、自分と同じように電車から降りない人たちの存在に気づく。あるとき目をつけた上品な婦人を家まで追いかけ、そこで彼女は自分自身に死者の姿を見抜く能力があることを発見する。  

注目すべきは、その話を聞きながら、「わたし」が彼女の眼球にある「穴」を見つけることだ。その「穴」こそ、「どこか遠いところへつながっている暗闇」に通じる入口であり、「死者の世界」の換喩に他ならない。ポーとは違った語り口で、わたしたちのすぐ身近にある「死者の世界」を描いた洗練された「ゴシック小説」だ。

(初出『文學界』2017年5月号)  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書評 ポール・オースター『冬の日誌』

2017年04月06日 | 書評

 

「肉体」たちの記憶を語る   ポール・オースター『冬の日誌』

 越川芳明    

 著者は冒頭で本書を要約する、こんな言葉を発している。

「この肉体の中で生きるのがどんな感じだったか、吟味してみるのも悪くないんじゃないか。五感から得たデータのカタログ」と。  

 そう、「カタログ」と称するからには、退屈であろうとなかろうと、何から何まで一応網羅しなければならない。例えば、三歳半のとき、デパートで遊んでいて、左頰に長い釘が突き刺さって顔半分が引き裂かれたエピソードから始まり、初老の男の肉体が記憶しているこれまでの怪我や傷の数々。  

 「君」という二人称で、読者に語りかける記述方法に特徴がある。なぜ自分自身の過去について語るのに「私」でなく、「君」を主語にするのか。  

 もちろん、それは自分自身の過去の出来事を突き放して見つめるための創作上の工夫に違いない。だが本書のテーマ(身体の記憶カタログ)とも密接に関わっているはずだ。  

 著者が引き合いに出すイギリス作家ジェイムズ・ジョイスの逸話にヒントがあるかもしれない。ジョイスはパーティの席上で、ある貴婦人から、あの傑作の『ユリシーズ』を書いた手と握手させてくださいと言われ、「マダム、忘れてはいけません。この手は他にもたくさんのことをやってきたのです」と、答えたという。  

 私たちがこのエピソードから類推できるのは、本書の「君」が、たんに著者の過去の分身というより、むしろ、現在の著者とは別の生き物としての「肉体」たち、過去の様々な瞬間にいろんな反応を見せた「肉体」たちではないだろうか。  

 たんに執筆に取り組むだけでなく、自我意識に目覚めた三、四歳の頃から、性の虜になる思春期を経て、母の心臓発作による死や、著者の判断ミスによる交通事故で妻や娘を殺しかけた五〇代、そして老いを意識しだした六〇代まで、実に数々な事件や出来事に遭遇した無数の「肉体」たちの物語。

 それを掌編小説みたいに巧みに語ったものが本書である。 (「デーリー東北」2017年3月26日朝刊ほか)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加