茶トラと黒 二代目猫チャム+メイ

我が家の主、猫のミーさん。
腎不全ぴったり1周年の日に天国へと旅立ちました!
そんなミーさんがくれた猫生活日記です。

建築家_坂 茂展とミュシャ展に行って来た!

2017年05月20日 | ちょこっと発見

夕暮れでもチャムが蒸し暑さでへそ天寝をしている本日。
(へそ天が通常営業、でもあるが…)


乃木坂にあるTOTOギャラリー間で開催されている『坂 茂_PROJECTS IN PROGRESS』に行って来ました。


坂茂さんの建築といえば、ニュージーランドの震災後に建築構造材として紙管を用いた仮設のクライストチャーチ大聖堂を記憶している方も多いのでは?

災害復興などに尽力されており、2015年のネパールの震災復興にも協力。
こちらはその復興住宅の模型。


ネパールで規格化されている木製ドアのフレーム(0.9m×2.1m)に倒壊した建物から大量に出たレンガを非構造材として組み込んだ物。
これを壁面として利用し、効率化と耐震性を実現している。


その他にも、坂さんの作品の数々の精密な建築模型を展示。


大規模建築に用いられる優美で緻密な木構造の一部のレプリカを真近で見ることができます。


現在、建設中のフランスの大型音楽施設の模型。こちらにも木構造の繭のような造形が見られます。


そして、そのすぐ近く国立新美術館で開催されている『ミュシャ展』にも行って来ました。

こちら…入場券買うのに30分、入口まで1時間弱、ミュージアムショップのレジ待ち30分
土日に行く方は覚悟してください。
ちなみに、千代田線乃木坂駅の美術館直結出入口のある改札近くでも入場券買えます。
こちらは並ばず買えました!


会場の一部エリアのみですが写真撮影が可能です。


6.1m×8.1mや4.05m×4.8mなどかなり大型の作品が四方から迫るような迫力があります。


作品が大きいため、絵の中ひとりひとりの表情までよく見ることができます。

乃木坂、六本木界隈は美術館が多くアート巡りには最適ですので興味のある方是非是非

周辺の主なアートスポットはこちらから
・森アーツセンターギャラリー
・サントリー美術館
・21_21デザインサイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みょ〜な迫力黒猫 | トップ | チャム、夏日を語る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。