マンガのように暮らしたい

~出来ればマンガみたいに面白くらしたいっつー希望をこめて~

2017年5月25日深夜の夢

2017-05-26 08:01:47 | 夢の記録(夢日記)
公園か河川敷か
段差になっている屋外。

会社の同僚たちと過ごしている。

後輩の女性がカバンを開ける。

中には光沢のある赤いフタが付いた弁当箱。

「またこぼれちゃった」
と後輩はつぶやく。

フタがずれて餃子が一個
カバンの中に転がっている。

「昨日も餃子だったじゃん。
 ってゆうかここ数日」
と突っ込んだ。

餃子の他のおかずは代わっていて
今日はエビチリなのだが。

他の同僚の女性がやってきて
弁当の話のやり取りを聞き
「○○さんは毎日△△さんのお弁当の中身を
 私に報告するように」
と自分に言ってきた。

そして携帯をいじりながら彼女は背を向ける。

めずらしく背中が丸見えの白い服を着ている。

彼女と段差を降りてゆくと
営業担当の男が番組表を見ていた。

「この『君のいた場面』って映画知ってる?」
と自分たちに聞いてきた。

「たしか○○さんと客先で観たよね?」
と不安げな顔で続けた。

白い服の彼女が
「怖いん?」
と聞くと
営業担当の男は不安げな表情のまま
無言でウンウンとうなずいた。


以上です。会社?の夢。
場所はオフィスじゃなかったけど。

五時ごろ目ぇ覚めたんでメモった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月24日深夜の夢 | トップ | 2017年5月26日深夜の夢 »

コメントを投稿

夢の記録(夢日記)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。