ばあばの手習い

優雅に2人暮らしの予定が、いまだに会社にしがみつく生活。
孫たちの訪問にマゴマゴしながら、日記代わりの雑記帳。

村の鎮守の神社のお祭り日~♪

2016-10-11 | 日記

ドンドンヒャララピーヒャララ~~

と、10/8・9は村祭りでした。

 

お祝いか、花火も届いて賑やかに~~

でも、お天気がはっきりしない。

7日は「前夜祭」で、青年衆や子供たちは公会堂から夜練りを繰り出して

村中を練っていました。

8日は朝8時から神社での準備、そして11時から神主さんが見えて式があり

12時から出囃子と言われる太鼓と笛で、神社から練りが繰り出します。

この8日、朝から雲行きが怪しくて幟もあげられない。

どうやら、雨が落ちずに式が終わり石段下で出囃子のスタンバイです。

 

花屋台ですので、雨に濡れては大変・・・

すぐにビニールを被せれるように、これもスタンバイされています。

しかし、小さな村ですのでお隣の村と合同でも子供・青年衆が少ない

付き添いの父兄が引かなければ、練り」が動かないくらいです。

我が家の子供たちが小さな頃は、まだ小中学生が20~30人くらい居ました。

それも、男の子が多くて太鼓は男の子だけでしたが、充分手が足りました。

いまでは、女の子も太鼓をたたき参加しても、まだ人が足りません。

町場の、祭り好きな子供たちに助っ人参加してもらっても、総勢15~20人位・・・

練に乗って小太鼓を叩くのも、小学生にはかなり体力が居るので交代要員がほしい・・

青年衆にも子供衆にも、協力出来ない我が家は、爺婆ひっそりしてました。

で、家の中から参加して良しです。

 

 

パラパラと小雨が落ちたり、大変です。

我が家の祭り提灯も、雨のため今年は家の中から通りに向かって灯しました。

     

 

  

8日は朝から大雨でしたが、午後からは快復して夜までしっかり引いていました。

昔からのしきたりに従って、青年衆から子供衆へと引き継がれていますが

子供の減少や、子供たちの考え方も変化してきていて、どうしても参加したくない子も・・

いつまで続けていけるのか・・・

それでも、ずっと守り続けていきたいという人たちに支えられて、頑張っています。

 

 

で、ねこ婆はお天気も悪いし、お祭りってことで「おでん」と「甘酒」「お赤飯」で

たいした食事の準備もしないで、のんびりとした休日を過ごしました。

お孫ちゃんへ送る編み物・・・お姉ちゃんのベストを完成させ

先日2つ作ったスツールはご近所さんへあげたので、残りの生地でさらに1つ作り

絵画教室の先生からの「宿題」をちょこっとやり、家から1歩も出ないで暮らしました

 お姉ちゃんは、もう着てくれるか分からないけど・・・

 

 

何年も前の作品の手直しは、あんまりおもしろくないんですが、それでも少しは良くなる?

余り家に引きこもっていましたので、翌月曜日(本来勤務日ですが、臨時休業でお休み)

足が退化しないように、ウォーキングに「法多山」まで行ってきました。

と言っても、駐車場から長い参道を歩いただけですが・・・・

でもね、そうなんですあの長~い石段があるんです

何回か休みながら登りました。

 で本堂にお参りして

 

 少し下って

 

 ほんの少しの紅葉を見て

 

法多山の厄除け団子1皿を、父ちゃんと半分っこで食べてかえってきました。

お土産団子を、ブロ友さんにもと思ったのですが、何しろ賞味期限が本日限り・・・

是非いらして召し上がってくださいね。

そんなこんなの、ゆったりとした3連休を過ごすことができました。

 

 

 

相変わらず、お兄ちゃんたちに可愛がられているチビちゃんです

 

 風邪ひいてしまったようですが、

早く治して元気にな~~れ!!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風前の静けさ? | トップ | 好天に誘われて・・・♪ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
村祭り (mcnj)
2016-10-11 13:48:09
こんにちは。
いまだに、鎮守の森に、氏神様がいらっしゃるのですね。
ここの団地いは、森も神社もありません。
山をくずした団地ですので、したのほうには、四方に、神社があります。
適当に、好きなところに、お参りしております。

お孫さん、可愛いですね。
夜練りって綺麗ですね。 (masamikeitas)
2016-10-11 15:11:36
ねこママさん、こんにちわ。

夜の照明が点くと、夜練りって綺麗ですね。
子供達が少なくなると、祭りの存続も難しいですね。

>そんなこんなの、ゆったりとした3連休を過ごすことができました。

ゆったりとした3連休を取れて良かったですね。
もう少し天気が良かったらなお良かったのに。

>相変わらず、お兄ちゃんたちに可愛がられているチビちゃんです

かわいいですね。
早く風邪が治るといいですね。

綺麗~~~^-^♪ (夢見)
2016-10-11 15:44:54
今年はお祭り 行かずじまいでした

夜に浮かぶ花屋台 とても美しいです

石段の曲がり具合も並ぶ赤い鳥居もいい感じ

作品
流れる水の雰囲気すてきです
彼岸花でしょうか?見間違いならごめんなさい
赤がとても雰囲気良いです
空と山との流れも美しいし


室内のお孫さん二人くつろいで漂う雰囲気というか 眺めてるだけで心がほっこりします
秋祭り (おばさん)
2016-10-11 19:45:59
青年や子供の数が減っても
継承しているって素晴らしいし
続けて行って欲しいわね
2日間続けてのお祭りは大変でしたね

法多山の石段を登りましたか
健脚の証拠・・・パチパチ
お団子一風変わっていると思います
先日二男夫婦が行って来たとかで
お土産にもらいました

お兄ちゃん
妹を可愛がってくれ はた目にも
嬉しくってほのぼの感が伝わります


変わった 練 ですね~!。 (koutoku)
2016-10-11 20:40:40
どこの地も同じですね~!。 年々!祭りも縮小されています。
じゃが、太鼓や笛の音が聞こえると、ウキウキして見たくなるもんですね。
で!練 が変わった 綺麗な練ですから、続けたいですね~!。

お茶畑を行く 練 の写真、絵になりますね~!。 
ネコままさん!、今度この構図を油絵にして下さいよ!。

で! 姫孫ちゃん!、 
お兄ちゃん達に、遊び回されてるから、元気な子になるじゃろ~な~!。(*^_^*)
お祭りでしたか~ (neko)
2016-10-11 22:46:08
昼休みにblogを拝見しましたが、コメントを書きかけたところで用事ができてしまい断念。コメントが今になりました。お祭りだったのですね。近ければ、お祭りワンコのHopeとLifeを行かせるのにねぇ・・・通勤途中の五日市辺りでも、お祭りには紙のお花をつけた傘の様なものをかざりますね。八王子の我が家の辺りはそういうのはありません。檜原村の村祭りも、神輿の担ぎてをよそから頼んだりしています。檜原村のあちこちの祭りは式三番とか獅子舞とか、重要無形文化財とかになっていたりして、子供も少ないし、若い人は町に出てしまうし、これからどうなるのでしょう・・・毎日、天気がはっきりしませんね。急に寒くなり、あわてて月下美人を室内にしまいました。明後日の休みに、と思いましたが、そんなに後回しにしたら、寒さでダメになりそうでしたから。今、テレビのニュースで明日はさらに冷え込むというので、今からいくつかの鉢植えも室内に取り込みます。お互いに体調には気を付けましょう。法多山のお団子、食べたいですね。階段をたくさん上らないと食べられないのでしたっけ?
mcnjさん (ねこママ)
2016-10-12 09:44:45
はい、こちらの村の一番奥の小高い山に、小さなお宮様があります。
無人の、本当に小さなお宮ですが、茅葺き屋根を保存しています。

色々修理しなくてはいけないところも出てきて、積立金を集金したいとの話がありました。
当たり前のように出す昔からの家と、新しく入ってこられた方々の間には温度差もあり、そういったことを含めて継承していく難しさがあります。

我が家は、私たちで終わりですので、お付き合いはさせていただきますが、申し訳ないですが積極的な協力は出来ません。
masamikeitasさん (ねこママ)
2016-10-12 09:51:51
田舎の練りですので、日中は引き手も少なく寂しいです。
しかし、夜は周りの暗さがかえって練りを引き立ててくれ
ちょっと幻想的できれいです。

それに若い女の子たちも、夜になると引きに出てきますので
余計に華やかになります。
これから、本当に存続が大変になると思います。

お孫ちゃんたち、朝晩の気温の差で全員風邪をひいているようです。
本当に、早く治ってくれると嬉しいにですが・・・・
夢見さん (ねこママ)
2016-10-12 09:59:09
夢見さんの所も、お祭りでしたか?

田舎のお祭りは、周りが真っ暗な分練りが引き立ちます。
小雨が邪魔をしましたが、それでも大降りにならず
無事に終わることができて、良かったです。

作品・・・ありがとうございます。
はい「彼岸花」ですよ~
暗い作品が多い中で、珍しく明るい作品です。
あの赤色は「カドニウムレッド」と言います。
本当に気持ちのいい赤色で、1度使って彼岸花を描きたかったものですから・・・
おばさん様 (ねこママ)
2016-10-12 10:11:24
村のお祭りも、本当に若い方や子供たちが減り存続が大変です。
2人の息子が、共にこの地を離れている我が家は
ちょっと肩身が狭いですが・・・・

法多山、我が家からですとエコパに行くより近いですので、歩くにはいいんですよ~
只あの階段が・・・・
参道が長く、これからの季節はいいところです。
「法多の厄除け団子」は、私たちが小さなころから有名でした。
小学1年の時、父兄同伴でバスで遠足にきましたが、
そのころは小さな団子屋さんが並んでいました。
今は、「団子組合」になり、工場で作って1ッ所で販売しています。
余り甘くなく、小さくて食べやすいですよね。
みなさん、たくさんおみやげで買われています。

koutokuさん (ねこママ)
2016-10-12 10:41:09
ふつうお祭りの屋台は4輪で、優雅に練り歩くのですが
こちらは2輪で、手木と言われる前の持ち手の所に大勢の人が入り
そこを上下したり、左右に振ったりして練り歩きます。
日中は子供たちが綱を引きますので、静かに引きますが
夜は青年衆が、大騒ぎで練り歩きます。
手木が上に上がると、大の大人も吊り上がるほどです。

屋台も、花で飾られたきれいな屋台ですが、今年は雨がぱらつき
ビニールを被せてでしたので、ちょっと残念でした。
あのまわりの赤い花は、青年衆が一カ月も前から四つ公会堂に集まり
紙を染め、長い竹ひごを作り、毎年作り代えています。
そして子供たちは、その時期太鼓の練習が始まります。
それも青年衆が指導してくれます。
お祭りが終ると、「襷ぬぐい」と言って慰労会が翌日片付け後にあるのですが
子供たちにもちゃんと席を設けて、「カレーライス」で慰労をしてくれます。
我が家の息子達も、小学4年生になると太鼓の練習や襷ぬぐいに出られて、ちょっと大人の仲間入りをした気分になったようです。
こんな風習も、いつまで存続できるのでしょうかね~

末孫姫は、みんなに可愛がられて幸せ者です。
4人も・・と、案じましたが「案じるより産むがやすし」です
nekoさん (ねこママ)
2016-10-12 10:58:10
はい、村祭りでした。
nekoさんのご実家の方の「見付天神の裸祭り」は9月の始めでしたよね。
そちらは由緒のあるお祭りですが、わが地の村祭りは本当に小さなお祭りです。
でも、昔から続いていますので、結構しきたりがあります。
お宮で式をやり、練りをお祓いしていただき、出発のお囃子があり、最終日は千秋楽の舞いとお囃子があります。

そういったしきたり、これから継承されて行くのが大変です。
どうなるのでしょうね~

「法多の団子」話のタネに食べてみてください。
ブロ友さんに送ろうと思ったのですが、賞味期限が1日ということで断念しました。

お団子の販売所は、拝観後の下りにありますが
途中階段を上らずに行けますよ。
機会があったら、行ってみてください。
サメ村でも、秋祭りが今週。 (くちかずこ)
2016-10-14 20:59:12
サメ氏は役員なので、前日準備から後日までお付き合い。
本当はこちらも地区の運動会で役員なのですが、こちらは勘弁して貰いました。
そちらのお祭り、素敵ですね。
こちらも、限界に近いです。
子供会もとっくの昔に解散しています。
子供も減りましたら、それよりも、役員が回ってくるんだったら、入らない、と。
くちこさん (ねこママ)
2016-10-15 19:47:09
今日は、秋晴れの気持ちの良いお天気でしたね。

サメ村のお祭り、くちこ家地区の運動家、盛会でしたでしょうか?
お疲れ様でした

とは言っても、村祭りはこれからが本番?でしょうから
サメ氏も、まだまだ気が抜けないですね。

役員さん、この頃は本当に引き受けてくださる方が少ないですよね。
地右方では、昔からの名残で青年衆の年長が幹事
中老会の年長が理事・・・と決まっています。

そんな中では、青年の年長さんは仕事との両立がこの時期大変で、ちょっとした鬱状態になったかたもいました。
若い方の中には、これが嫌で参加しないという方も出てきています。

時代が変わってますので、祭りのやり方も変わり時に来ているのかも?

練り、田舎の特権で辺りが暗い分夜練りはきれいですよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。