ばあばの手習い

優雅に2人暮らしの予定が、いまだに会社にしがみつく生活。
孫たちの訪問にマゴマゴしながら、日記代わりの雑記帳。

お十夜法要

2016-10-31 | 日記

毎年お寺さんで行われていますが、今まで父ちゃん担当でしたので

今年初めてねこ婆が出席しました。

このお十夜法要の後、お寺世話役定期総会があります。

今年は、今にも倒れそうな「本堂」の建て替え案のお話があります。

いつもの定期総会は会計報告、事業報告ですので父ちゃんが顏だけ出していましたが

今回は、お話しが深刻・・・でも父ちゃんはちょっと耳が遠い

で、ねこ婆に行ってくれってことで、初体験をしてきました。

大体、この「お十夜」だって、意味が分かっていませんでした。

https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4FTJD_jaJP491JP492&q=%e3%81%8a%e5%8d%81%e5%a4%9c

詳しい説明は省略しますが

お布施を3000円持っていきます。

受付で納めると、お弁当をくださいます。

それを厨で頂きます。(お味噌汁などを、お寺さんが出して下さいます)

食後、お念仏が始まります。

しびれと睡魔と戦いながらの、罰当たりの様な状態ですが

それでも、日頃善と縁遠いねこ婆も、お十夜のお念仏は千年の善にも勝ると言われれば

それなりに頑張ってきました。

その後の「定期総会」

我が寺は「横須賀城址の菩提寺」となっておりますが、そこは田舎の小さなお寺

お寺さんの位はそこそこ高くても、檀家さんは120件ほど・・・

本堂は震度5程度の地震でも倒れそう・・・

厨だって床が抜けそうに古い・・・

諸事情は、痛いほどわかります。

そんなこんなで平成13年から、建て替え用に檀家全員で積立が始まりました。

一カ月3000円の強制積立・・・

すでに15年近くになり、1軒当たり540,000円の寄付をしております。

だが当然、本堂と厨の建て替えにはとても及ばず、まずは「本堂」のみ

来年あたりに建て替えたいとのお話でした。

が、本堂だけでも建設費用は60%ほどしか溜まっていません

で、ここからが今年の総会の本題・・・・

一軒一律に、500,000円の負担金をお願いしたいと・・・

昔からのお寺さんのあり方から言って、致し方がない事・・・も分かる

しかし、わが息子より少し年上くらいの方からの質問

「お金がないなら、溜まるまで待つか、予算内で小さなものを建てればどうか?」

「正直、今500,000万円はきつい!」

も分かる。

たまたま、私のすぐそばの方々は

「今までこのお寺さんは、こう言う大きな寄付金がなかったから仕方がない」とか

「お寺さんは檀家で養うのが、昔からの決まりだから」とか

そういった声も、聞こえてきます。

みなさん年金生活者の年齢ですので、私的には「すごいな~」と感心してましたが・・・

結構な時間の話し合いも、結論はもう決まっている雰囲気でしたので

みんな、足取り重く帰ってきました。

話し合いの内容から見れば、役員さんも熟考された上での結論もよく分かりますし・・・

昔と違って、今はに農家の方が少なくなり、サラリーマンや年金生活者が多くなってきています。

月々の決まった金額で、やりくりして生活していく中、月々3000円はまだまだ続き

更に一括での大金は、息子世代でなくても納得がいかないでしょうね。

おそらく我が家の息子たちも、同じような考え方では?

若い内から家を出ていますので、お寺さんとの付き合いを知りません。

加えてお嫁ちゃんも、新家の仏壇のないお宅で育っています。

「昔からのご先祖様を供養する」という感覚は、息子でさえ法事をやればいい事と思っています。

時代の流れですので致し方がないですけど、家を継ぐって事の意識の違いがありますね~。

今回、本当に年末ジャンボに期待したいです

「1等が当たったら、本堂をポーンと建てて寄付するのにね~」と

みんな同じことを言ってました。

本当にだれか当たってくれないかな~~~

家に帰ってこの話を聞いた父ちゃん、痛くて回らない首が更に悪化したようです。

 

 

「お十夜法要」は日曜日でしたので、土曜日に畑仕事をしておいてよかった

後では、やる元気がなくなりそうでしたから・・・・

で、「玉ねぎの苗」が入荷したとの連絡があり、金曜日の夕方頂いてきました。

 土曜日はお天気は良かったのですが、風が強く

マルチシートがパタパタと苗を叩いてしまいますので、上から土をかけて置きました。

隣の畝・・・何も出ていません

「夢咲菜」種が古かったか、全然発芽しませんでした~

今年は、ご近所さんも2回撒き直してほんの少し発芽したとのことですので

種だけの問題ではないかもしれませんが・・・・

植え付けは午前中で終わり、午後からは絵画サークルの友人と会いました。

サークル創立当初のメンバーの方が、先日がんで61歳でお亡くなりになりました。

その方とは直接面識はなかったのですが、「遺作展」を近くの喫茶店でやられるとの

ご案内をサークル宛てに頂きましたので、2人で行ってきました。

 

 ゆっくりお茶をしながら鑑賞してきました。

友人は私より一つ年上、絵画を通じてお知り合いになったのですが、

ちょっと感覚が似ていて気が合い親しくさせていただいています。

もう10年以上の付き合いですが、色々な話の中で長男が小1~2年の頃、

他のクラスでしたが担任だったようです。

息子の同級生のお母さんの話から「え~?じゃあ私が担任の学年じゃない?」

お互いに、全然分からなかったんです。

長男も次男も3クラスありましたので、担任の先生以外は全然知りませんでしたから・・・

図書館で待ち合わせして、1台で行きましたので、図書館に戻ると

前の公園のコスモス畑がもう終わりですから、ご自由にお持ち帰りくださいと・・・

たくさんの方が摘んでいましたが、私はハサミもなくほんの少し摘んできました。

 玄関に飾ってみました。

秋だな~って気がしますね

 

そうそう、でもお墓詣りに行ったらもう「千両」が赤い実をつけていました。

 じじばばには厳しい「クリスマス」「お正月」は近いぞ~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとサボリ早退してしま... | トップ | ミニ農業祭・・・♪ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出るお金 (夢見)
2016-10-31 13:07:01
これまでも貯めてきた上になおのー50万円

私も出したくない派^^;ですね~

厳しいですもんね

神社やお寺が 「つぶれる」という言い方はおかしいのかもしれませんがー増えてるとか

由緒ある神社さんがその敷地を少し売ったりとかもあるそうですし

本当に宝クジ当たってくれますように
絵の話ばかりで (masamikeitas)
2016-10-31 13:18:56
ねこママさん、こんにちわ。

>一軒一律に、500,000円の負担金をお願いしたいと・・・

これは大変ですね。
大口の檀家さんがいらっしゃれば、こんなに大金にならないと思いますが。
私は神道でお宮さんとも親しくないのでこのようなことはないです。
息子は仏教にしたいと言っていますが、檀家でないので良いとは思いますが神道よりお金はかかるということに気づいているのでしょうか?(苦笑)

>「1等が当たったら、本堂をポーンと建てて寄付するのにね~」と
みんな同じことを言ってました。
本当にだれか当たってくれないかな~~~

誰かに当ててもらいたいですね。(笑)

>もう10年以上の付き合いですが、色々な話の中で長男が小1~2年の頃、
他のクラスでしたが担任だったようです。

今頃分かったのですか!
絵の話ばかりで世間話はされなかったのかな。(苦笑)
建て替え (mcnj)
2016-10-31 18:05:04
我家の実家でも、あったようです。
本堂に金をかけないで、厨房ばかりに金をかけたと、死んだ父が文句をいっておりました。
父が死んだ後も、その後、2,3回同じ話があったようです。
別世界のお話です。(-_-;) (koutoku)
2016-10-31 20:24:40
何だか良く分かりませんが、50万とはね~!。 昭和生まれの爺さん!には、とんと!分かりません。
で!どうしてもと言われるならば、「大穴馬券」を お寺さんに授けて下さい。 全てが丸く収まります?。

で!コスモスの左の写真立ての 写真が気になる~!。
父ちゃん!との 若かりし頃の写真かな?。 
玄関に飾るとは、勇気があるな~!。^^笑!
檀家 (おばさん)
2016-10-31 20:26:42
ご寄付は強制されるものではない・・・
誰もが解っていますがなかなか
言いだせないのが事実ですね
役員を仰せつかっていると・・・・特に
今年わが家の千両も元気良いですよ
鳥に取られる前にネットを掛けようと
思っています



お寺との付き合い (neko)
2016-10-31 23:03:18
大変ですね。毎月3000円強制だなんて~自分の貯金ならともかくね~さらに50万円なんて~うちのお寺さんも本堂建替えとのことですが、あくまでも寄付。寄付者名簿が春秋に送られてきます。そこにはお寺の関係者の名前もあり寄付金も一番多い。少ないところは3000円。○月○日現在△△△△△円ですと報告とお願いの手紙がきます。我が家は亡くなった父が5000円位を寄付しただけです。年金生活の方々にはきびしい積み立てですね・・・お十夜、八王子では、昔、我が家から歩いていかれるくらいの距離のところにあったお寺で、ず~っとお祭りとしてやっていたようですが、ここ何年前にそのお寺が移転した先で「お十夜」を行っていると、ポスターを見て知りました。4~5年くらい前からかな?ポスターを目にするようになったのは・・・私は一度も行っていません。現地まで車で行かれず、臨時駐車場に車を置いて送迎バスで行くので、それが面倒。今年は23日に行われましたが勤務でした。今日で10月も終わりますね。毎日が早いです。
夢見さん (ねこママ)
2016-11-01 10:48:30
こんにちわ

お寺さんとの付き合い方、少しづつ変化したとは言え
まだまだお金がかかります。

新しく檀家さんになる方がどんどん減っているようです。
こんなことがあればなおさらですよね。

月掛だけでも、年金生活者にはきついのに一時金が50万・・・・
これだけ稼ぐのに、私は半年働かなけれなばいけません
masamikeitasさん (ねこママ)
2016-11-01 10:54:23
以前から、お寺さんはお金がかかると聞いていました。
実家も地域も、そんな暗黙のりゅかいがあり
お寺さんの生活は檀家が支える、という決まりがあったようです。
ですから、樹木の伐採やお寺の普請は檀家が総出でやったようですが
今は金銭の援助になるようです。
そんなこんなで、檀家さんは増えずに減る一方・・・
結局1軒の負担が増えます・・・


友人とは、世間話の方が多いですよ~
でも、子供の小さな頃の話まではいきませんでしたので・・・
世間は狭いです
mcnjさん (ねこママ)
2016-11-01 11:02:06
周りでもよく聞くお話ではありますね。

でも、いざ自分の身に降りかかると、う~~んです。
みなさん年寄りになり、昔と違って自分の身は自分で見なければいけなくなっています。
昔のように、家を継ぐ者はこういった付き合いや、両親、親戚付き合いを含めて土地などを相続しました。

その土地も値打ちがなくなり、負担ばかりが増えている昨今・・・
お寺さんとの関わりや関係が、少しづつ変化しなくてはいけませんね。

現実、わが地は田舎ですので何事も保守的です
koutokuさん (ねこママ)
2016-11-01 11:10:41
koutoku様が昭和生まれで、よく分からなければ
ねこ婆は戦後も10近くなって生まれたのですからもっと???です。

田舎は、こういったお寺さんとの付き合いが日常です。
月々の3000円の掛け金のほか、お施餓鬼に3000円、
お十夜に3000円、春秋のお彼岸にお布施、お盆、和尚がうにお布施・・・
年間4~5万円ほど出ています。
ねこ婆は、このために働いているようなものです。
ですから、ねこ婆はお寺さんの台所の一環を担っているんです。
しかし、一括負担金(来年1年間の内に入金で分割でも良い)とのことですが・・・・・


で、コスモスのよこの額・・・・
写真ではなく、ねこ画伯の絵ですよ~
いくら魔除けになっても、わが夫婦の写真何ぞ飾れますか

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。