猫ジ郎とミシン

洋裁教室をしながら 久留米絣や大島紬などの着物リメイクを楽しんでます。

あっちこっち・・タックブラウス

2017-08-13 | その他(ニット、化繊などいろいろ)

11日 金曜日は 祝日のため

洋裁教室はお休み。

・・さらに 来週はお盆休み!っと勝手に決め

納品は すべて再来週に先延ばししたので

ひさしぶりに 時間がたっぷり~。

 

・・っで この休みを使って

自分用の洋服を制作。

 

昨日のカーディコットンに引き続き・・

余ったハギレで ブラウス完成!

 

 

 

 

もとは・・これ。

 

 

 

あまりにもシンプルだったので

あっちこっちにタックを畳んでいたら・・

 

 

ドンドン たたみたくなり・・ラグラン切り替え部分や

 

 

 

 

後ろも・・

 

 

 

 

ギュギュっとたたんで。

 

・・っで さらに ”なにか”つけたくなり

絶対 モノいれたら落ちるっとわかる

モノの入れられないサイドのポケット・・

 

 

 

 

 

袖は 肩線から腕のでる

変形ラグラン袖

 

 

 

最近 多いこの袖の形。

 

袖ぐりとしては しっかり開いているので涼しく

袖ぐりの開く向きが違うため 腕をあげても

脇の下が見えないという利点

さらに 腕の動きが制限されないので

とっても楽です。

 

・・二の腕は 出てしまいますけどね。

 

 

 

ひさしぶりに 教室用のサンプルとしてではなく

”遊び”重視でお洋服を作りました。

本当は、こんな風に”遊び”重視で

作ることが大切なんでしょうが

ついつい・・大多数視点で物づくりをしてしまう

癖がついてしまっています。

 

「この形は・・生徒さんには受け入れられないだろうな・・。」

「この袖は・・きっと”短い”って言われるだろうな・・。」

 

そんな大多数視点で考えていると

どうしても ”遊び”がなくなり

万人受けするオーソドックスな物づくりばかりを

するようになり・・

だんだん 私自身 遊び の発想が

出来なくなってきました。

 

(この考えを)変えなきゃなぁ・・っと

わかっているものの

凝り固まった思考をほぐすのは

簡単そうで 案外 至難の技・・

 

楽なほうへ・・確実なほうへ・・無難なほうへ・・

っと 年々 思考は固まってしまうのでありました・・。

 

 

そんな私の苦悩の中

 

今日から 甥っ子たちが

甥っ子たちだけで遊びにきます。

物心ついた頃?から 我が家に来ると

男の子なのに ぬいぐるみ制作にはまっている二人。

 

人気のキャラクターの画像を検索し

「これを作る!

っと目を輝かせる甥っ子たち。

 

「えぇ~~??

 

二次元を 三次元にしようとするその発想に

内心 (ムリっしょ・・)っと たじろぐ私。

それでも 頑として譲らない二人に

根負けし 

毎回 制作を手伝うことに。

 

針に糸を通すこともできない二人ですが

職業用ミシンを手回しで動かし

・・最終的には 

なんなりと 形にしてしまう

 

最初から ”無理”と決める大人

っと

”出来る”っと夢を膨らませる子供

 

そして 最後は 夢を形にして

そのぬいぐるみを抱えて

意気揚々っと帰っていく甥っ子たち。

 

その姿に 

為せば成る・・っと思い知らされることばかりです。

 

 

 

限界を決めるのは 自分自身・・とはよく言いますが

限界点を 平均より 下の方へ 設定しすぎている私は

もう少し 上の方へ 上げてみることからはじめてみようかと

反省したお盆休みでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーディコットンで ブラウス | トップ | ハギレで ノースリーブインナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。