NPO法人 湘南鎌倉猫ほっとさぽーと 活動ブログ

鎌倉・逗子・葉山で飼主のいない猫の不妊去勢手術をサポートしています。

猫を飼いたいと思ったら、まず保護猫を検討してください。

2016年09月18日 | 日記
私たちが里親さんを募集する猫は、野良猫が産んだ子猫がほとんどです。

野良が野良を産んで不幸な猫が増えていくという連鎖を断って、ペットとして適正に飼育して下さる方に猫を託したいとの思いから、譲渡する際は里親さんに以下の3つの約束をしていただいています。

1.不妊・去勢手術の実施
2.完全室内飼い
3.終生飼育


この他に実施した医療費・諸経費のご負担をお願いしています(例:初期検診1,500円、ノミダニ駆除1,000円、内部寄生虫駆除1,000円、ワクチン3種5,000円、ウィルス検査5,000円、不妊・去勢手術10,000円、諸経費2,000円です。2016年9月現在)。



不妊・去勢手術は週齢によって、譲渡前に実施してお渡ししている場合と譲渡後に里親さんに実施して頂く場合とがあります。

里親さんがご高齢の場合でも飼育の継続を確約できるご親族の方がおられる場合は譲渡可能です。未成年の方は親御さんへの譲渡になります。

適正飼育できる環境があることが前提で、賃貸住宅でもペット可の住宅であれば譲渡可能ですが、仕事による転居が多い場合等、個別に事情を伺ってアドバイスを差し上げたり、場合によっては譲渡をお断りするケースもあります。



お試し飼いは、特に子猫の場合は他の里親候補さんへの譲渡の機会を奪ってしまったり制限してしまったりすることなどから、実施しておりません。事前に十分にご家族全員で話し合って決めて頂きたいと思います。



里親希望の方は完全室内飼いについては理解されている方がほとんどになってきましたが、一方で猫が脱走してしまったという相談は毎年寄せられます。猫を脱走させないように管理するのは適正飼育の基本です。猫の視力は0.1~0.2程度(近眼)と言われており、外に出ると交通事故に遭うことも多くたいへん危険です。マンションや団地では転落してしまったというケースもあります。油断せず必ず確実な脱走防止措置をお願いします。

言葉にすると長くなりますが、家族の一員として迎えて頂き、責任をもって終生飼育して下さる方ということです。検討する際は、まず保護猫を考えてみてください!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傷病猫を見つけたら、保健所... | トップ | 鎌倉市・逗子市・葉山町の猫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事