熱帯果樹写真館ブログ

 熱帯果樹に関するトピックスをお届けします。

種なしシークヮーサーをお酒に生搾り!

2015年08月19日 | 柑橘類

 暑い夏を迎える度に大人になって良かったと感じるのは、冷えたビールや泡盛等のアルコール類を飲んで楽しめることです。
 今回は、シークヮーサー果汁を搾ってお酒をより一層美味しくする方法を紹介します。

 手に入れて欲しいのは、種なしシークヮーサー「仲本シードレス」の果実です。
 なければ、普通のシークヮーサーでも代用可能です。
 しかし、「仲本シードレス」だと種子がないので搾りやすく、種子がない分果汁がたっぷりなのでお得感があります。

 8月中旬に入手した「仲本シードレス」12果の重量を測定したところ、平均16.8g/果でした。

 次にうち3果を選び、搾汁前後で重量比較を行いました。
 結果、18gの果実からは6gの果汁が得られ、同様に17gの果実からは7g、21gの果実からは8gの果汁が得られました。
 果実を半分にし、指で果汁を搾った際の搾汁率は4割弱でした。

 それでは、私がお薦めする簡単にできるシークヮーサー果汁を用いたお酒の楽しみ方を紹介します。

1.ビール+ シークヮーサー果汁
 (1)グラスにビールを適量(写真では170ml)注ぐ。
 (2)シークヮーサー1~2果の果汁(約6~14ml)を搾る。
 (3)軽く混ぜる。



写真2.ビール+シークヮーサー果汁で爽やかさアップ!


 ビールの泡は消えてしまいますが、飲んだ瞬間のシークヮーサーの香りが清涼感を高めてくれます。
 同じように香酸系柑橘の果汁を搾るビールにメキシコのコロナビール(こちらはライム果汁を搾り、氷や塩を加えることも多いよう)があります。
 機会があれば、ビールにシークヮーサー果汁を搾ってみましょう。

2.シークヮーサーサワー
 (1)シークヮーサー4~5果の果汁(30ml程度)と泡盛40ml、氷をグラスに入れる。
 (2)(1)をかき回して、液体温度を下げる。
 (3)120ml程度の水(炭酸水)を入れて、軽く混ぜる。



写真3.泡盛+シークヮーサー果汁は鉄板の美味しさ!


 泡盛はできればアルコール度数35度以上がお薦めです。
 「夏のお酒は、これさえあれば良い」と思える程の美味しさです。

 最後に、「仲本シードレス」が手に入らない方への裏技を紹介します。
 シークヮーサー果実に爪楊枝を刺し、グリグリっと果実内部をえぐる様にします。
 あとは、果実を搾ると爪楊枝を辿ってシークヮーサー果汁だけを注ぐことができ、種子がお酒に入りません。
 ただし、搾汁率は高くありませんが。



写真4.シークヮーサー果実に爪楊枝を刺して搾ると種子が出ない。


 お酒は20歳を過ぎてから、飲み過ぎないよう嗜む程度に♪





【お知らせ】熱帯果樹に関心のある方は「Facebook」「Twitter」もご覧ください。



 リアルで面識がなくても気軽に「ともだちになる!」とリクエストしてください。
 その際、メッセージも付けて頂けるとスパムではないことが確認でき助かります。


 気に入ったら「フォロー」してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良き道具にこそ匠あれ03 - ... | トップ | グアバを取り木で殖やしました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL