井の中の猫

ソマリの子猫 日々の生活

いつまでも・・・

2017-01-03 | にゃんずワールド
新年の挨拶から始まるものだと思いながら、、ちょっとそんな気になれない年明けです。
年末・年始に相次いで我が家の繁殖のソマリが虹の橋を渡ったと悲しいお知らせをいただきました。
1件はまだまだ若い、今後の活躍を楽しみにしていた子。オーナーさんが本当に手を尽くして、今できる事を全てしていただいたけれど、病魔に勝てず暮れに旅立ちました。
もう1件は14歳?毎年、近況を伝える年賀状をいただいていた甘えん坊の男の子。
3月に亡くなったと、賀状でお知らせくださいました。
この子は何年か前から糖尿病で、インシュリンを毎日オーナーさんが自宅で注射しながら健康管理をずっとしていただいていた子。
それぞれ、病気を治そう、管理しようと獣医さんと相談しながら最善と思う方法を選択してくれたはず。
それでも、亡くなった後に残るのは果たしてこの選択で良かったのかの自問自答。
自分も何回、経験しても同じ。
この子はどうして欲しかったのだろう、私だったらどうしただろう、この選択で本当に良かったのだろうか。
選ばなかった結果はわからない。
でも、それがこの子にとって最善と考えてオーナーが選んだことは絶対なんだと思う。
だって、我が子だもの。
悲しい想いは無くならないけど、愛して可愛がっていただいたことに本当に感謝。
人は二度死ぬ。一回目は肉体の死、そして、もう一回は誰からも忘れ去られた時。
愛猫も同じ。忘れない限り、この子達は私達の心の中で生き続ける。
また、会う日まで。ゆっくり休んで、そして、帰っておいで。
待ってるよ。

12月生まれの男の子達。
お母さんにベッタリ。

お譲り予定はありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久し振りに子猫が生まれました。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご存知でしょうか・・・? (レオの母)
2017-01-29 22:40:42
一昨日、私も愛猫
ソマリ「レオ」享年12歳を亡くしました。
almavivaで譲っていただいた子なのですが
ブリーダーさんに連絡取れず・・・
実は12年前、井の中の猫のホームページで
お問い合わせをしたところ
主様にalmavivaさんを紹介していただいて
出会ったレッドの子でした。
不躾で突然なお願いで大変
申し訳ないのですがalmavivaさんの
連絡先をご存知ないでしょうか?
連絡取れました (Unknown)
2017-01-31 17:48:08
先日は慌てすぎて
こちらのコメントに記入してしまい
大変申し訳ございません。
almavivaのブリーダーさんと
連絡つけることができました!
お騒がせして大変申し訳ございません^^;

こちらの主様が紹介して下さった
ご縁で我が家の猫に出会えました。
感謝しております(*ˊ˘ˋ*)♪
ありがとうございました✨

コメント削除して下さいませ💧
コアラの息子あらしのママです (RIKA KAWAKAMI)
2017-02-20 15:08:31
あらし君は2013年こちらの記事にもありますコアラの子供。17年前に横浜の方のブリーダーK様のお宅に行き譲って頂いてから、うちの可愛い可愛い息子。
ウチは子供がいないのであらしが一人息子。
親兄弟のようにショーには出せないけど一生可愛がると約束して譲って頂きました。
今でも、かけがえのない大切な存在です。
腎臓は毎日一粒だけ薬を飲んます。
先天性網膜萎縮という、何年もかけて少しずつ視野が狭くなる病気で数年前から目は見えていませんが御飯やトイレも普通にできるし先生がおっしゃったように部屋の中での暮らしにはビックリするほど影響がありません。
あと1年前位からは耳もかなり遠くなりましたが
見てる方には言わないと誰もわからない位元気に過ごしています。

来月4月4日で18歳を迎えます。
それを伝えたくてブリーダーのK様にご報告をしたいのですが、以前の連絡先にかけても
誰も出ないので心配しています。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら
mackiescafe@gmail.comまで
ご連絡頂けると嬉しいです。
Unknown (廉雅)
2017-09-03 10:39:00
大変ご無沙汰しております。
コアラちゃんと一緒に生まれた廉雅…を頂いた妹の方です。
アドレスが見当たらなかったのでコメントにて失礼いたします。

姉とは特に会話していないのでどのように伝わっているか不明ではありますが、廉雅は2013年10月10日に永眠しました。
とても素敵な子に出会えたことを感謝しております。
訃報をどう伝えていいのか、もしかしたら姉から話が回っていったのかなど考え、つい放置してしまい、10数年以上なにも連絡してこなかったことも負目に感じて勝手にもやもやしておりました。
本当に申し訳ございません。

成長した廉雅は、あたしの結婚とともに実家を出ました。
実家に遊びに行くときには廉雅も連れていくという感じで、母は久しぶりに子ども?もしかしたら孫?が遊びにきたように喜び、もちろん結婚するまで一緒に暮らしていた2匹の実家猫も離れて暮らしていることすら感じられないくらいの仲良しぶりです。
2009年の里帰り出産にも連れて行き1ヶ月ほど過ごしましたが、実家猫が立て続けに亡くなったことによって母がロス気味になっていたこと、またそういった話をちらほらしていたので、廉雅を託すことにしました。
2013年8月に体調に変化が見られたため病院につれていったと聞かされ、闘病中は何度か病院に付き添えるよう帰る日を増やしました。
廉雅と最後に会ったのはなくなる前日。訃報の電話が鳴り、会社には親戚が亡くなったと言い何日か休暇をもらい見送りました。

最近、縁あってアビシニアンのルディを迎え入れることになりました。
成長する姿を見ているとつい廉雅を思い出して懐かしくなり、もしまたソマリとも迎え入れる事が出来たなら廉雅と血縁のある子、近い存在の子がいいなと思い検索していたらヒットした次第です。
ひっそりと読者していきます。
今更ではありますが、よろしくお願いします。

コメントを投稿

にゃんずワールド」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。