猫とチョコが好き

 ちょっと気になる日々のコト☆

9月の読書

2016-10-01 01:03:23 | favorites
2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2982ページ
ナイス数:163ナイス

CREA2016年9月号 いい男がいっぱいだと幸せ。CREA2016年9月号 いい男がいっぱいだと幸せ。感想
あぁ。坂口健太郎の塩加減もいいなぁ♡「怒り」コンビもステキ。千葉くんはいつまでもカワイイな。は〜やっぱりいいオトコには癒し効果がありますねぇ。
読了日:9月1日 著者:
あこがれあこがれ感想
やっぱり創造力が世界を救うと思います。小さいながらもいろんなこと考えて自分を省みて。そんなこと自分は果たしてやっていたかしら?麦くんとヘガティー。なんて素敵なふたり!お互いを支え合うように肩を組む姿がよかった。ミス・アイスサンドイッチ、カッケー♡
読了日:9月1日 著者:川上未映子
目を温めると身体が自然によみがえる!目を温めると身体が自然によみがえる!感想
本自体はサラッと読みやすいです。体験談が少々長いような…やっぱり目の疲れや見えにくさを感じやすくなったので購入してみました。休日の午後にちょっとだけ寝るとき着けたら、なんとなく寝起きが良かった気がします。ま、実力は使い続けてみないとわからないですけどね。
読了日:9月5日 著者:森岡清史
秘密 パーフェクトプロファイル (花とゆめCOMICSスペシャル)秘密 パーフェクトプロファイル (花とゆめCOMICSスペシャル)感想
原作未読で映画をみたもんだからモヤモヤすることが多くて購入。原作はずいぶんテイストが違うわ〜。ガイド本というだけあって、事件ファイルもありキャラ紹介もありコミックス未収録作品もありでもりだくさん。これでいいか、と思って購入したけれど、逆に最初から全部読んでみたくなりました。
読了日:9月6日 著者:清水玲子
くるねこ 18くるねこ 18感想
一時預かりの雪舟&文太。ナマコ…(笑)どんな仔もくるさんの気持ちが見えるのか、優しく変わりますね。こちらも温かい気持ちをもらえます。きっとショートステイした仔たちも、木の下でまどろんでいることと思います。
読了日:9月6日 著者:くるねこ大和
秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))感想
mibonの1巻まるごと無料にて。映画のベースとなった貝沼事件も。タイムリーとはいえ、一冊無料で読ませるなんて太っ腹だなー。
読了日:9月6日 著者:清水玲子
秘密―トップ・シークレット (2)    Jets comics秘密―トップ・シークレット (2) Jets comics感想
mibonの1巻まるごと無料にて。絵がとてもキレイなだけに、その内容とのギャップで更にグロさを増しています。映画のベースとなる露口絹子も登場。天地さんのエピソードは哀しかった…
読了日:9月6日 著者:清水玲子
ダ・ヴィンチ 2016年10月号ダ・ヴィンチ 2016年10月号感想
吉田修一さん特集で購入。この人の顔、なんか強いなー(イミフ)もうすぐ「怒り」公開。よし、観にいくゾ。今月もまた図書館へのリクエスト本が埋まってしまいました。そして来月号は3月のライオン特集!また買わなくちゃっ‼︎
読了日:9月8日 著者:
ボリス絵日記ボリス絵日記感想
ヒグチユウコさんが描いたとは知らず…でもこんなの大好き〜♡で、続きは?みたいなオチがついてない落書き笑。シュールでブラックでかわいいネコたち。何度も繰り返して読むだろうな。ネコにパン屋はやらせちゃいけない!
読了日:9月10日 著者:ヒグチユウコ
六条御息所 源氏がたり 一、光の章六条御息所 源氏がたり 一、光の章感想
源氏物語そのままではなく、ちょっと膨らましてみました、って感じです。今まで読んだものはなんだか物足りなかったと思えるほど、光の君や女たちの心情が楽しめました。一途でワガママで愛しくて哀しい。早く二巻目を読みたい。
読了日:9月12日 著者:林真理子
代体代体感想
車の点検修理に代車を使うように病気や怪我の間に代体を利用できる時代。完全に未来SFの世界だけど付随する問題はリアルで緻密でこわい。登場人物がみんな魅力的。十九班の日常を描いたスピンオフを読んでみたいな。
読了日:9月14日 著者:山田宗樹
銃 (河出文庫)銃 (河出文庫)感想
たまたま見つけた死体のそばにあった銃を拾った大学生。その瞬間から彼の人生は大きく変わる。やっぱり持ってたら使いたくなるよねぇ(某国が同じことしなきゃいいがと思うけど)銃への片思いがすごくわかる気がしました。あと揺れる気持ちも。「火」は桃井かおりさん主演で映画化されたそうですが…観てみたいな。
読了日:9月19日 著者:中村文則
六条御息所 源氏がたり 二、華の章六条御息所 源氏がたり 二、華の章感想
サイテー男。妻がいながらあちこちの女に手を出し、その娘まで自分のものにしたり。自分の都合のいいように考えてチヤホヤされるのをいいことにやりたい放題。ほんとムカツク〜!って思うんだけど、女性と向き合うときは常に真剣でアフターフォローもきちんとする。最近は年も重ねた分わきまえることもおぼえたようで。時代のせいもあるだろうけど、彼のように生きられたらと思う。
読了日:9月26日 著者:林真理子
文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]感想
「コンビニ人間」を読むために購入。村田さんの「殺人出産」も変わった話でしたが、こちらもなかなか。どこにでもあるコンビニで働く古倉さんは客観的に見ると浮いた人ということになるらしい。でも本人にはそんな自覚はなくて。社会に溶け込もうとして長年働いていたのにコンビニでしか生きられなくなってしまっていたのですね。彼女みたいな人がいてもいいじゃない。ていうか実は結構いると思うなぁ。可笑しくて哀しい話でした。
読了日:9月26日 著者:
ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)感想
なかなか公開が決まらないエヴァの監督がゴジラを先に作ってしまったショック‼︎なにしてんの〜怒。観に行きました。ゴジラなんて劇場で観たことないけど面白かった。さすが庵野さんと思いました。本書でニ作品のシンクロしてる部分やそれぞれの進化部分など楽しめました。あー早くエヴァ出来上がらないかなぁ。
読了日:9月29日 著者:長山靖生

読書メーター
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の読書 | TOP | 違ってあたりまえだけど »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | favorites

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。