つれづれ さくら日和

充電しながら、のんびり更新しています。
いつも覗きに来てくださって、ありがとうございます。

「篤姫」第二回「桜島の誓い」

2008-01-13 22:13:42 | TV・ ドラマ・映画・音楽

「お由羅騒動勃発」と言うような話だったように思いますが、今回のサブタイトルは「桜島の誓い」。
於一が、藩で起きた悪事の全てを背負って自害した調所の仮の墓を桜島が見える場所に作るのですが、その時於一が心の中で感じ、誓ったこと、と言うことなんでしょうね。

自分に与えられた役割、そして覚悟、天命。
誰かの罪を被り一生を終えることなど、天が望むわけがない。
同じ藩の者同士が対立し、争うことなども。

そういう憤りが、若い於一のこれからの何か原動力に繋がっていくんですね。
   私の心は私のもの。
     誰にも縛られない!
  ということのようですが・・・。


謹慎処分を解かれた於一の父・島津忠剛。
こんなことになるとは思いもせず、自分らの行動を謝罪しに来る西郷吉之助。
父が許しても、自分が許さんと、於一の兄・忠敬が吉之助に木刀で向かっていきますが、力の差は歴然。

吉之助が何太刀か受ける間に、はい、庇おうとした於一と吉之助の物語チックな顔合わせがあります。

於一の兄にしても、肝付尚五郎にしても、ヘタレ~なイメージがありますね。
すっかり於一の掌で転がされてる尚五郎。
強くなりたい!と言う一心で(於一に馬鹿にされたくないと言うのが本音?)、吉之助らが剣術をしている場所へ出向き、稽古を付けて欲しいと申し出ます。

そこで出会った大久保正助(後の利通)らの話を聞いていると、どうも調所の評判が宜しくない。
抜け荷のこととか、贋金作りの噂までされているからさあ大変。
それ以来、尚五郎は、調所とはあまり近寄らない方がいいのでは、と思うのですが、そんな時に、調所から於一に「うちに遊びにおいで」とラブレターが。

於一に頼まれたって死んでも行くものか!と言った割りに、結局一緒に行ってる尚五郎。

急に江戸に行くことになり、長くなりそうなのでその前に於一に会いたかったのだと調所。
前回は密輸入のお菓子、今回は最後の一枚と言う贋金を於一に渡します。

なんかもうこの辺で、既に調所は覚悟をしていたみたいですね。
役割を超えて、共に生きていく手立てはないのか?
と言う於一の言葉への答えは、「ない」、と言うのが悲しかったです。

主役特権と言ってしまえばそれまでですが、調所は於一の中に、唯の少女ではない何かを感じていたから、こんな風に接していたのでしょうね。
亡くなる間際にまで思い出してるもんね。
はあ・・、やっぱり主役特権ですか。

前回何の証拠も見つからないと、上手く根回ししていたはずの、琉球での抜け荷と贋金作りまで、今回はしっかりと発覚してしまってました。
おまけに斉彬の幼い子供たちが立て続けに亡くなって行くと言うミステリー。
斉興の側室・お由羅の呪詛調伏のせいだと言う噂でしたが、その証拠の呪いの人形が出てきます。

調所は薩摩藩邸にて服毒。
斉興は、藩の膨大な借金を無くし財政を立て直すなど、調所の有能さを買っていたようでしたね。
彼の死を悲しんでいました。
その横で、「これで綺麗さっぱり~、まあ怖い~」と言ってのけるお由羅、恐るべしです。

薩摩で苦しい生活を強いられていた藩士や農民たちは、調所の死で、沸き返るのではと思われましたが、斉彬が藩主となることを望み、調所の一派を襲った者たちが書いた斉興の隠居を願う文書を、よりによって斉興に見つかり、それによって切腹を言い渡されてしまいます。

心労の耐えない島津忠剛。
体調も思わしくないようです。



紀行でヘタレキャラの肝付尚五郎のその後、「小松帯刀」の紹介がされていました。
石像・・まだ新しそうでしたが、なんだか顔立ちがこのドラマの瑛太さんに似ているように見えて、面白かったです。





「お由羅騒動」(Wikipedia)より




ご参考にどうぞ・・・

   「篤姫」公式HP


ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 混ぜるな危険!でなくても | トップ | まあ色々とありまして。 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (ぱるぷんて海の家)
2008-01-13 22:33:55
女性が主役になると、その周辺の男はみんなへタレになるようですね。コレも主役を目立たせるための宿命かと諦めてます。
でも調所はイイ悪役でよかったです。
ということで今年もよろしくお願いします。
こんばんは♪ (ミチ)
2008-01-13 22:36:15
そうなの、あの小松帯刀の銅像がなぜか瑛太そっくりに見えました!
あの時代の人にしては小顔っぽかったですよね?(笑)
戦などのロケは必要ないでしょうから、今回のロケは桜島ばかりになるのかな~と思ってあのシーンを見ていました。
贋金を埋めた場所に自分のかんざしを挿して・・・・誰かに取られそう~~(汗)
悲しかったですね (なおみ)
2008-01-13 22:46:27
さくらこさん、こんばんは。
>役割を超えて、共に生きていく手立てはないのか?
と言う於一の言葉への答えは、「ない」、と言うのが悲しかったです。
そして重かったですね・・・去年の大河とは違う重さで正直戸惑っています。段々乗れるようになるのかな・・・う~~ん(><)
お由良 (ぐり)
2008-01-13 22:49:38
やっぱり凄い悪女のイメージですね
以前お由良騒動のドラマをテレビで見ましたが
やっぱり悪女でした

自分の息子を藩主にするためにかなりあくどい事をやったようですね
あの時は調所もその一味でしたが
お由良は本当に呪詛したのかも
なりあきらが死んで自分の息子が実権を握るのですから
それに控え於一の両親はけなげですね
尚五郎確かにちょっと於一に引っ張られているかもですね~成長を楽しみに
こんばんは~☆ (kiriy)
2008-01-13 23:10:55
やっぱり、さくらこさんも尚五郎のその後をリサーチしたのですね。私もですよ。だって気になってしまいますよね。あのへたれさんが将来家老になると言われても、どんな人になったのだろうと気になってしまいました。
なかなかですよね。この先の展開が楽しみですになってきましたよ。
こんばんは (スペードのA)
2008-01-13 23:39:12
さくらこさん、こんばんは。
於一周辺の男たちより、下級武士の方が骨がありそうですね。調所は良い人になってましたが、お由羅は悪女でやるようです。
こんばんはです (ikasama4)
2008-01-13 23:55:53
藩のために生き
藩のために死ぬ

それが己の天命と考えている調所広郷

これからの国のための政治を行うのか
目の前の民を救うための政治を行うのか


どちらか一方しか選ぶ事が出来なかったのか
それを考えると

調所の生き様には切なくなります。

もしかしたら
調所一人で考えるのではなく
皆で色々と考えれば、「役割を超えた手立て」というのが
あったのではないかと思ったりもするんですがね。

とりあえず、もうしばらくは薩摩の暗い時代が続いてきます。

於一が斉彬に出会うと物語は面白くなってくると
思うんですが、それまではもう少し我慢が必要ですかね(笑)
お知らせ (皆様へ・さくらこ)
2008-01-15 00:58:21
お返事遅れてすみません。
後ほど必ず書きますので、お待ちくださいね~。
そうですね。 (ヤス)
2008-01-15 07:49:07
『私の心は私のもの。誰にも縛られない!』のセリフは力がはいってましたね。

それにしてもお由羅…本当の悪女ですね。
こちらこそよろしく~♪ (ぱるさんへ・さくらこ)
2008-01-15 09:24:35
女性が主役だと、周りの男性が引き立て約になっちゃうんですねー。
於一の兄はともかく、尚五郎なんて歴史上結構活躍した人っぽい紹介もされていたので、ずっとあんな調子ではないとは思いますが・・。

「イイ悪役」ってのがまた新しい響きがあって良いですね!
お由羅が一緒だと、斉興さえイイ悪役のように見えてきます。

似てましたよね (ミチさんへ・さくらこ)
2008-01-15 17:29:08
こんにちは!
お返事遅れてすみません。
小松帯刀の像の顔だち、瑛太に似てましたよね。
現代風な感じがしました。
あの石像自身、全然風化してなくてピカピカしている感じだったので、多少実物より現代風にアレンジされているような感じもします。

ずっとヘタレのままではなさそうですね。
彼の変化が楽しみです。

大きな合戦のシーンはないでしょうね。
撮影に膨大な費用は掛からなさそう。
その分女たちの衣装代に掛かるかな?

贋金を埋めた墓。
安易な作り方からも、於一の幼さ感じますねー。
こんばんは~! (なおみさんへ・さくらこ)
2008-01-15 18:14:54
なおみさん、ちょっと重い感じですねー。
大丈夫かな?

私は昨年同様、なんかどっぷり浸かる感じでもなく割りと淡々と観ているので、あんまり深く考えてないと言うか・・。
文を書くのに手間取るので、もうちょっとその辺何とかならないかなーってのが、例年の悩みですが・・。

もっと他にいい解決法があったんじゃないか。
言うは簡単だけど、実際はない。
誰かが罪を全て被らなければならない、と言う図式は、現代でもたくさんありますよねー。
肝心な部分は、うやむやに片付けられてしまっていて。
調所くらいのポジションにいる人って、何かと大変なんだろうな。

結局、彼は藩のために敬われるようなことをしたのか、憎まれるようなことをしたのか。
立場によって見方が全然違うみたいなので、難しいですね。

ドラマにしやすい (ぐりさんへ・さくらこ)
2008-01-15 18:20:50
こんばんは~!
お由羅騒動、怖いですね。
呪いの人形の効果だけであんなに立て続けに斉彬の子がなくなると言うのも、いかにもフィクションっぽくて・・やっぱり仮説のように毒でも盛られてたんでしょうか。

それにしても斉彬って、子沢山なんですね。
涼風さんが、なかなかいい味出してましたよね。
次回からは、ぐりさんのお好きな女優さんも登場のようですね。

於一と尚五郎の関係は、見ていて面白いですね。
主役よりむしろ尚五郎の成長していく姿を見るのが楽しみな私です。


こんばんは~! (kiriyさんへ・さくらこ)
2008-01-15 18:28:56
そうなんです。
私於一と一緒で、色んなことを知りたがってますので、ドラマを見ついでに、調べたくなりました。

斉彬さんが前回、肝付さんに男の子用のお守りを渡していたので、てっきり待望の嫡男かと思っていたら、三番目の男の子!?
島津家には女の子用のお守りだったけど、別に上に二人も男の子がいるんなら、肝付さんちも女の子用でも構わなかったんじゃないの?
と、一週間経ってから斉彬の行動に
ツッコミを入れたくなりました。

尚五郎の成長していく様が楽しみですね。
竜馬の出番はまだまだ先なんでしょうか。
HPでは写真がまだ掲載されていませんよね。
こんばんは~! (スペードのAさんへ・さくらこ)
2008-01-15 18:32:41
まさか歴史に名高いあの下級武士たちを、ヘタレに書くわけには行きませんものね~。

主役の於一の元気のよさを際立たせる為、それから下級武士たちの骨太な所も際立たせる為に、尚五郎があんな描かれ方になってるんでしょうか。

ただ、まっすぐな人、と言う良い評価はあるようですね。

調所は、いい人に書かれたり、悪く書かれたりするんですね。
お由羅をいい人に書くのは、流石に無理があるでしょうね。
こんばんは! (ikasama4さんへ・さくらこ)
2008-01-15 19:50:40
何故調所はこのような大きな問題を一人で抱えなければならなかったんでしょうね。
それだけ手腕が買われてたと言うことなんでしょうか。

本当はこの件に関して、もう少し時間を掛けてみたかったかな~、と言う気がしています。
於一じゃないけど、疑問が残っています。

ikasama4さんの記事を読んで、あまりこの件に関しては描けない理由もあったのかな、と言うことも何となく分かりました。
地元民でないと分からない、複雑な問題もあるんですね。

軽いようで、軽くないドラマのようですね。
こんばんは~! (ヤスさんへ・さくらこ)
2008-01-15 20:28:37
その於一の力の入った台詞が、「桜島の誓い」だったってことなんでしょうね。

心に誓うのはいいんですが、やはり尚五郎が言うように、於一の発言は色々見張ってないといけないような、危なっかしい所もありますよね。

お由羅と於一が対面する場面もあるのかな。
あったら面白いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
篤姫~第2回・役割! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
篤姫ですが、冒頭で調所広郷(平幹二朗)の財政建て直しについて解説されます。調所は巨額の負債を抱える薩摩藩財政をあらゆる手段を使って建て直すわけですが、その中に250年分割返済まであります。これは事実上の踏み倒しで、幕藩体制継続していたら未だに完済してい...
篤姫(1月13日) (今日感)
いや~楽しいテイストですね。
篤姫2「まあこわい~」に萌えーーっ!! (ぱるぷんて海の家)
先週は60分間ぼーっと観ていたので分からなかったけど、今回その気になって観ていたら今年の大河ツッコミ処満載じゃないっすか! 姫様が家老の家まで文句云いに云ったり 家老が子供の姫に抜け荷や偽金作りの話しをしたり と、あんみつ姫もビックリのテイストになって...
大河ドラマ 「篤姫」 桜島の誓い (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いよいよ本格的なストーリーが始まります。 調所の薩摩藩財政改革は着々と進んでいるようですが・・・。
大河ドラマ「篤姫」#2 (ミチの雑記帳)
「桜島の誓い」 朝ドラ大河、気楽に見ております。 でも、感想がなぜか書きにくい! これまでの大河感想みたいにあらすじを追ってもイマイチですし、どーしましょうかねぇ? 初回でなにやら怪しげなコトに手を染めていた家老・調所さま。密貿易どころか贋金まで作って...
篤姫・第2話 (ブルー・カフェ)
NHK大河ドラマ[篤姫] 完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK)東京ニュース通信社このアイテムの詳細を見る 篤姫第2話です。幕末に対して「うっつすい知識」しかないと申し上げてから一週間が経ちます。同じように「ワタシも薄いんです」(髪の毛のことじゃないですよね?)...
篤姫「桜島の誓い」 (森の中の一本の木)
―篤姫の江戸までの道のりは、まだまだ遠いナァ― などと感じてしまった、「桜島の誓い」。     だけれど政治的状況を丁寧に描いて、篤姫誕生の背景が良く掴めそうです。 250年かかると言われた、藩の借金を善悪顧みず返し、最後は自らの命を投げ打って、...
篤姫 第2話 「桜島の誓い」 (渡る世間は愚痴ばかり)
斉彬の助力により、抜け荷に贋金作りと 薩摩藩の不正の証拠を握った老中・堀田
★お湯割り飲みながら「篤姫2」 (・*:・ふわゆら生活・:*・)
昨日は青冥(ちんみん)で新年会でした北京ダックおいしかったぁ~~♪今日もおうちでビールで焼きそばを頂きながら大河ドラマ「篤姫」を観ました~ウィスキーのお湯割を飲みながらのブログです大河ドラマ「篤姫」子供が次々と呪い殺されてるらしい恐すぎぃ。。何が原因で...
大河ドラマ「篤姫」第2話。 (Creme Tangerine)
大河ドラマ「篤姫」、第2話も見ました。1年間感想を書くかどうか 迷っていたのですが、やっぱり…
篤姫 #02 桜島の誓い (ビヨビヨ素材日記)
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)早速にお由羅騒動が書かれておりました。 続き今回は於一(おか...
篤姫~桜島の誓い (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第2話~桜島の誓い尚五郎の心をもてあそぶ小悪魔な於一(笑)・・・その於一のために剣術の腕を磨こうと、自ら身分の違う地侍たちの輪に入ってボコにされる尚五郎、健気でかわいいえ~、於一がどんなに小悪魔なのかというと、先週調所さまのとこ...
【篤姫レビュー】桜島の誓い (必然的なヒストリー)
さて、第二回。とりあえず、今回の「樅の木は残った」は面白かったです。平幹二朗さんは凄かった。コレに尽きる回だったと。「これも天命であると」「雪か・・、寒いはずじゃな」とか調所のセリフには一つ一つ重みが感じられます。でも、死ぬ間際に篤姫を回想するところは...
「篤姫」第2回 (日々“是”精進!)
第二回「桜島の誓い」於一の父の忠剛はひたすらに謹慎し、家政の改革に励むことで藩からの処分を何とか免れる。家老の調所による藩財政の再建は着実に進み、借金も完済した。だが一方で、藩士や農民たちの生活は困窮を極め、吉之助や正助ら若い藩士たちの間では、調所を重...
大河ドラマ「篤姫」第2話「桜島の誓い」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
昨日はお出かけだったので、感想が遅くなりました(><)なのでこちら、いつもより簡易感想ってことで(^^;)今日も私は仕事なので時間もないのでコメントも控えますね。今回早速大きく動きがありましたね。前半は西郷さんに、後半は調所さんに持ってかれた回でした。...
明治維新の礎・調所広郷!! (函館 Glass Life)
於一の父、忠剛は何とか藩からの処分を免れました{/hamster_2/} 当時は貧困の恨みが、藩主・島津斉興や側室・お由羅 とりわけ調所広郷には風当たりが相当強かったでしょうね。 呪詛により島津斉彬の子供が四人も亡くなるとは、偶然を 通り越しています。 おそらく毒殺され...
「篤姫」2話 (ice-coffee)
今回は 島津家 家老・調所役の 平幹二朗さんの回でした~~^^さすがと思ったとことが老中首座阿部正弘@草刈正雄に 密貿易・贋金の事を問い詰められていた 調所@平幹二朗 この場面 ピーンと張り詰めた空気 平幹二朗さんは やっぱりうまいな~間が凄かった~な...
「篤姫」第二話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
藩士や領民の反感も招き憎しみを背負いながらも 藩の財政を建て直した功労者の生き様。 第二話『桜島の誓い』
篤姫 #2 桜島の誓い (たっくんママのひとりごと)
第2回目にして、ますます尻に敷かれる(違うw)尚五郎くんが見れます。 於一にいいところ見せようと、西郷に剣術指南を頼むなど、中々涙ぐましい努力をします(´∀`*)。 しかし、大久保利通役が原田泰造ってそれどーーーなの?なんか、イメージがっっ そして、後の西郷ど...
『篤姫』第2回「桜島の誓い」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第2回。。2008年大河ドラマ『篤姫』 第2回 「桜島の誓い」 原作 … 宮尾登美子脚本 … 田淵久美子篤姫(天璋院/於一) … 宮崎あおい ※正しくは山へんに「立」「可」肝付尚五郎(小松帯刀) … 瑛太西郷吉之助(西郷隆盛) … 小澤征悦大久保正....
篤姫#2 (MEICHIKUえんため・ぶろぐ)
今回は18:00からのBS-hiで見ました。同じ番組が異なるチャンネルで時間がずれて放送されているというのはありがたい所ですね。(WOWOWをはじめ、他局の裏番組に応じて、今後も視聴時間を選んでいくことになるが、基本はBS-hiのつもりです。) まだ始まったばかりというこ...
おいどんもおはんも禁じられた遊びをしているのでごわす・・・。(宮崎あおい) (キッドのブログinココログ)
・・・結局、去年の後半はずーっと大河ドラマをレビューし続けたのだが・・・できれば
篤姫 第2話 (一期一会の彩りを求めて・・・)
前回、自粛謹慎をした父・島津忠剛の甲斐もあって…今泉島津家は窮地を脱したとのことですが、やはり於一が調所の所へ行ったからでしょうかね???