今日も元気で頑張るニャン

出会ったノラニャンコたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンの奮闘記

シャッポ、虐待にあう

2016-10-30 23:39:15 | シャッポ (店・H27春生推定・雄・行方不明)
シャッポはまた、店に溶け込みつつありました。

      
         移動式の寝床にも'表札'がついて・・

      
    相変わらずのデブ食い(デブ猫的な食べ方、の意味です)
               ※奥はニャー


キュッ、キュッ、とかん高い壊れたラッパのような鳴き声のシャッポ。
再び看板猫として復帰しつつあったのですが・・・。


それは昨日の夕方のことでした。
店の奥にある事務所にいると、ワオーン、ワオーンという犬の鳴き声のような音が響いているのに気づきました。何かと思って外に出ると、店頭の方角からその声は聞こえます。さらによく聞くと、ワオーンの間に小さくキュッ、キュッと鳴くシャッポの声が。

近寄ってみると、店の前で若い男二人がシャッポを押さえつけていました。仰向けにして、ヒモのようなもので足を巻いて、両手をつかんで、何かでぽんぽん叩きながら男たちは笑っていたのです。
私に思い切り怒鳴られて彼等は止めました。何事もなかったように去っていく途中で、「野良猫に何しようと勝手じゃねえか」と捨て台詞を吐いて。 冗談じゃない、しっかり首輪つけてるじゃないか。
一方シャッポは、放された瞬間どこかに消えていました。


罪もなく弱いものを理由もなくいじめる。
屈折して歪んだ性根を持った寂しい人間が、世の中にはいるんだな。
店がSCの端にあって中央ほどの喧騒がないので、そういった人種が本性を出すのかもしれません。

本来なら猫が人間につかまるはずもないけど、人を信じた猫がバカだったのでしょうか。


シャッポは夕食を食べに来ませんでした。
しかし、SCの出口付近でウロウロしている彼を発見。
      
          

店に近寄れない様子だったので抱き上げて連れ戻そうとしたとき、
「シャーッ・・」と、
牙を剥いて拒絶されました。



追伸:
今日は元気に食べにきました。
直ぐに消えたけど。

頑張れシャッポ、いい人だって沢山いるんだぞ。

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~チビ~ 自力で帰還した2度... | トップ | ノラと野生の狭間で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。