今日も元気で頑張るニャン

出会ったノラニャンコたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンの奮闘記

「もう十分・・・」に、ムカ

2016-11-05 19:32:11 | (故)ハナ (家・享年22才・雌避)
かつての我が家の3匹(ハナ、テツ、クモ)の晩年は、いずれも通院生活でした。
病院の待合室で雑談の相手がウチの子の歳を知ると、必ず返ってくるのが驚きの声、
「あらぁ、すごい、・・・・」
「うわぁ、長生きですねェ、・・・」
「本当ですか? 元気ですねェ、・・・」
その頃の待合室には、猫の平均年齢8歳、と書かれたポスターが貼ってありました。

これって、自分は褒められてたんですよね。
そこまでニャンコを大事に育てるなんてすばらしい、と。

わかってはいるんですが、でも何となく抵抗を感じてたんです。
相手が悪いとかそういうことじゃなくて、何かこう、もやもやしたんですね。

あるとき、それがわかったんです。
ハナが脳溢血から回復した21才、テツは激ヤセが始まった16才のとき、診察中に先生が一言、
「いやぁ、もう十分生きてますから」

・・・・・。
十分生きた?
もういつ死んでもいいってこと?
おいおい、医者がそれ言うの?
悪気がないのはわかっていても、さすがにムッとして抗議したのでした。

愛する老猫と暮らしている人ならわかりますよね。
何歳になったって十分なんてことは絶対にない。
そして、「終わり」が来ることに対してとても敏感になっているんです。

今度、老猫の保護者さんに会ったらこう言ってあげましょう。
「まだまだ、これからですよ、これから。」



      
             テツ(左)とハナ
           青春の一コマではありません
          このときテツ16才、ハナ21才

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家の子になったニャー | トップ | 親交深める ~ニャーの巻~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(故)ハナ (家・享年22才・雌避)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。